補講208教室

特別授業:「しよう」と「しやう」について

 「〜しよう」は「し+よう(意思・推量)」です。
 早くしよう(意思)、そろそろ終了しよう(推量)、などがさうです。
 どうしよう、どうしようとも、などもこれでいいのですが、しようがない、となるとこれは「し様がない」の意味ですから「様」の字音により「しやうがない」としなければなりません。
 「ショーガナイ」も元々し様がないの意味ですから「しやうがない」または小字で「しゃうがない」と書きます。

 デザインやスペックを意味する名詞「仕様」はもちろん「しやう」です。

 ややこしいので表にしておきませう。

(意思・推量) (し様)
〜しよう
〜しようがしまいが

  
しやうがある(方法がある)(発音シヨー)
しやうがない、しやうもない(発音シヨー)
しやうがない、しゃうがない(発音ショー
しやうもない、しゃうもない(発音ショー
どうしようと
どうしようが
どうしようとも
どうしようもかうしようもない
(考へる余地はない)
 
どうしようもない
(考へる余地はない)
どうしやうもない※2(<どうもしやうがない)
(何も方法がない)
せうことなく※1  

 ※1 「仕方なく」の意味の「せうことなく」は「しよう+こと」ではなく「せむ(ん)こと」から直接できた語。
 ※2 「し様」の意識の場合。

 ちなみに、左欄の「しよう」(発音シヨー)は現代標準アクセントではふつう「低高低」と発音され、右欄の「しやう」(発音シヨー)は「低高高」と発音されます。

 


戻る 特別授業目録へ