補講209教室

特別授業:拗長音の表記について

 キュー、キョー、シュー、ショー、チュー、チョー、・・・などの発音を拗長音といひます。これらは古来の日本語にはなかつたものです。

 例へば現在「キュー」「キョー」と発音される和語があれば、それは大元は「キフ」「ケフ」「キウ」「ケウ」といふ語であつたはずです。
 大昔はこのうち「キフ」「ケフ」しかなく、仮名が出来るとそれらは「きふ」「けふ」と書かれて「キフ」「ケフ」と発音されてゐました。その後漢語の輸入により語中に「う」が存在できるやうになると、新たに「きう」「けう」と書いて「キウ」「ケウ」と発音する語もできるやうになりました。そして前者の「きふ」「けふ」もその後「ハ行転呼」で「キウ」「ケウ」と発音されるやうになりました。
 これらの「キウ」「ケウ」の発音はさらに後には長音化転呼で「キュー」「キョー」と発音されるやうになり、今に至つてゐます。
 歴史的仮名遣ひとはその語が最初に書かれた通りに書くことですから、これらの語は今でも「きふ」「きう」「けふ」「けう」と書くことになつてゐます。

実際に存在する語は「きうり(胡瓜)」「大きう」「けふ(今日)」などです。

 つまり、和語においては拗長音はすべて平仮名二字で表されるのであり、「きゆう」「きよう」「きゆふ」「きよふ」などの表記はありえないことになります。
 例外に見えるものに「しやうがない」「ちやうどです」「どぢやう」などがありますが、これらは純粋の和語ではなく「し様がない」「丁度です」「土長」の字音表記から来てゐると理解します。なほ、「ぎゆうぎゆう」などの擬声・擬態語類は例外と考へるのがよいでせう。

 ところで「〜デショー」といふ語は比較的新しい語です。発音も最初から「デショー」でした。これはどう書くべきでせうか。
 大昔にはこの語はなかつたのですから、仮名遣ひが乱れ始める以前の正しい表記を参照するといふ訳には行きません。
 まつたくの無由来の新語であれば「でしよう」と書くべきところですが、しかしこれは新語ではあつても由来のないものではありませんでした。「〜です」といふ語がすでにあつて、これは「です。」といふ言い切りの形でしか使はれないものでしたが、これに似た「〜ます」には「ました」(連用形+た)、「ませう(マショー)」(未然形+う)などの活用形がありました。そこで「です」も類推によつて同様に活用させて「でした」「でせう(デショー)」と使はれるやうになつたのです。
 また、「です」は「でござります」からできた語であるといふ事情がありますから、元の「でござります」を活用させた「でござりませう」から簡単に「でせう」が類推されます。
 このやうな理由からごく自然に「でせう」の表記が確定することになります。

 古い語二つが合はさつてできた新しい複合語の仮名遣ひが元の語の仮名遣ひをそのまま受け継ぐのと同様、まつたく新しく出来たわけではない語の仮名遣ひは、その由来によつて自然に定まるのです。もちろん由来が知れない場合にはこの限りではありません。

 (なほ、「でせう」といふ表記が初めて行はれたとき、「デショー」の発音に無理をして「でせう」の仮名を当てたわけではありません。「せう」と書けば誰でも自然に「セウ」ではなくまづ「ショー」と読みました。それはあたかも現代仮名遣ひにおいて「そう」を「ソー」、「しょう」を「ショー」と読んで全く違和感がないのと同様、至極当然のことだつたのです。)


戻る 特別授業目録へ