補講402教室

特別授業:「読むで」「死ぬで」「会ふて」「笑ほ」などについて

 「読んで」は「読むで」と書くのがより由緒正しいのでせうか。

 いいえ、「読んで」といふ語は「読む」に「て」や「で」が付いてできたものではありませんし、「読みて」の発音がヨミテ→ヨムデ→ヨンデと段階的に変化してできたものでもありません。
 「読んで」は「読みて」といふ語をわざとぞんざい(あるいは斬新)な発音でいきなりヨンデと言ひ替えて作つた新語(音便形)なのです。参考1 参考2
 元の語形は当然ヨミテと発音し「読みて」と書かれ、新語はヨンデと発音し「読んで」と書かれました。ヨムデといふ発音も語もありません。

 「ン」の発音を表す仮名が定まつてゐなかつた当時は他の表記もあり得た。

 したがつて「ヨミテ」と「ヨンデ」をつなぐ中間のものを考へて「読むで」と書くのは意味がありません。
 同様に「死ぬで」も「遊ぶで」も間違ひです。

 元の語から(転呼ではない)発音の変化によつて別の語形ができたときは(変化した部分については)元の語とは関係なく新しい発音を書いて表すのです。

 あなた→あんた
 しんまへ→しんまい
 ゐばる→えばる

 などを

 あたこそしんまのくせにばるなよ。

 とするのは由来を考へすぎた誤りです。このやうな考へ過ぎの間違ひのことを「誤つた回帰」と言ひます。

 「読むだらう」は「読むと思はれる」、「読んだらう」は「読んだだらう」といふ意味です。
 「知らぬ顔」は「面識のない人」、「知らん顔」は「無視する態度」を意味します。

 もしかして歴史的仮名遣ひではこれらを書き分けられないのだと思ひ込んでゐる人はありませんか。その考へは誤つた回帰によるものです。

 

 「会うて」は「会ひて」の音便形です。「ひ」の部分をわざと「ウ」と発音してできた語ですから「う」と書きます。ハ行動詞だからといつて「会ふて」と書くのは誤りです。活用形「会ふ」に「て」が付いたものではなく、既存の活用範囲を逸脱して作つた語なのです。

 「笑お」は「笑はう」の短縮形です。「はう」の部分を「オ」と発音する語ですから「お」と書きます。ハ行動詞だからといつて「笑ほ」と書くのは誤りです。「笑ふ」が「笑ほ」に活用したものではありません。文法が関係しない発音の短縮に過ぎないのです。

参考:

 「行こ!」は「行かう!」をぞんざいに短くしただけの発音です。「行か」以外の活用形を経でできたものではありません。「行こ」は単に「コ」の音写による表記にすぎず、カ行五段活用を意味するものではありません。
 「笑はう」に対する「笑お」も同じです。すでにハ行ではなくなつた「オー」の発音が直接「オ」となつたものであつて「笑は」以外の活用形を経たものではない以上、「笑ふ」の活用について勘案する意味はなく、純粋に「オ」の発音を「お」と写すのです。

 なほ、「ほ」の仮名が語中において「オ」と読まれるのは、一般的に新語においてハ行転呼が起こらなくなつた室町時代以前にできた語に限つたことです。その時代以降に新しくできた語は「オ」と発音するものは「お」と書き、「ホ」と発音する語だけ「ほ」と書きます。
 いつの時代であれ「ワラホ」といふ発音があつたとすればそれは「笑ほ」と書かれるでせうが、そのやうな語は現在に至るまで存在しません。

 

参考:発音変化による新語形の表記について


戻る 特別授業目録へ