小倉百人一首

二行目は歴史的仮名遣ひによる仮名表記。大原則によるもの。はそれを超えるもの。は注意すべき字音。
三行目(右寄せ)は参考。
一部に諸本間で異同のある歌が存在する。

読み方は小倉百人一首の読み方参照。

 

1 秋の田の かりほの庵の 苫をあらみ 我が衣手は 露にぬれつつ

  あきのたの かりのいの とまをあらみ わがころもでは つゆにぬれつつ

かりほ=仮庵

2 春過ぎて 夏来にけらし 白妙の 衣干すてふ 天の香具山

  はるすぎて なつきにけらし しろたの ころもほすてふ あまのかぐやま

てふ=といふ

3 あし引きの 山鳥の尾の しだり尾の ながながし夜を ひとりかも寝む

  あしびきの やまどりのの しだりの ながながしよを ひとりかもねむ

 

4 田子の浦に うち出でて見れば 白妙の 富士の高嶺に 雪はふりつつ

  たごのうらに うちいでてみれば しろたの ふじのたかねに ゆきはふりつつ

 

5 奥山に 紅葉ふみわけ 鳴く鹿の 声きく時ぞ 秋はかなしき

  おくやまに もみふみわけ なくしかの こきくときぞ あきはかなしき

 

6 かささぎの わたせる橋に 置く霜の 白きを見れば 夜ぞ更けにける

  かささぎの わたせるはしに おくしもの しろきをみれば よぞふけにける

 

7 天の原 ふりさけ見れば 春日なる 三笠の山に 出でし月かも

  あまのはら ふりさけみれば かすがなる みかさのやまに いでしつきかも

 

8 わが庵は 都の辰巳 しかぞ住む 世をうぢ山と 人はいふなり

  わがいは みやこのたつみ しかぞすむ よをうやまと ひとはいなり

うぢやま=宇治山

9 花の色は 移りにけりな いたづらに 我が身世にふる ながめせし間に

  はなのいろは うつりにけりな いたらに わがみよにふる ながめせしまに

 

10 これやこの 行くも帰るも 別れては 知るも知らぬも 逢坂の関

   これやこの ゆくもかるも わかれては しるもしらぬも あふさかのせき

 

11 わたの原 八十島かけて 漕ぎ出でぬと 人には告げよ 海女の釣舟

   わたのはら やそしまかけて こぎいでぬと ひとにはつげよ あまのつりぶね

 

12 天つ風 雲の通ひ路 吹きとぢよ をとめの姿 しばしとどめむ

   あまつかぜ くものかよ ふきととめのすがた しばしとどめむ

ふきとぢよ=吹き閉ぢよ

13 筑波嶺の 峰より落つる みなの川 恋ぞつもりて 淵となりぬる

   つくばねの みねよりおつる みなのがぞつもりて ふちとなりぬる

 

14 陸奥の しのぶもぢずり 誰ゆゑに 乱れそめにし 我ならなくに

   みちのくの しのぶもぢずり たれゆに みだれそめにし われならなくに

もぢずり=捩摺り

15 君がため 春の野に出でて 若菜つむ 我が衣手に 雪は降りつつ

   きみがため はるののにいでて わかなつむ わがころもでに ゆきはふりつつ

 

16 立ち別れ いなばの山の 峰に生ふる まつとし聞かば 今帰り来む

   たちわかれ いなばのやまの みねにおる まつとしきかば いまかりこむ

 

17 ちはやぶる 神代も聞かず 龍田川 からくれなゐに 水くくるとは

   ちはやぶる かみよもきか たつたが からくれなに みくくるとは

からくれなゐ=唐紅

18 住の江の 岸に寄る波 よるさへや 夢の通ひ路 人目よくらむ

   すみのえの きしによるなみ よるさや ゆめのかよ ひとめよくらむ

 

19 難波潟 短き蘆の ふしの間も 逢はでこのよを 過ぐしてよとや

   なにがた みじかきあしの ふしのまも あでこのよを すぐしてよとや

 

20 わびぬれば 今はた同じ 難波なる みをつくしても 逢はむとぞ思ふ

   わびぬれば いまはたおなじ なになる みをつくしても あむとぞおも

 

21 今来むと いひしばかりに 長月の 有明の月を 待ち出でつるかな

   いまこむと いしばかりに ながつきの ありあけのつきを まちいでつるかな

いひし=言ひし

22 吹くからに 秋の草木の しをるれば むべ山風を あらしといふらむ

   ふくからに あきのくさきの しるれば むべやまかぜを あらしといらむ

しをるれば=萎るれば

23 月見れば 千々に物こそ 悲しけれ わが身ひとつの 秋にはあらねど

   つきみれば ちぢにものこそ かなしけれ わがみひとつの あきにはあらねど

 

24 このたびは 幣も取りあへず 手向山 紅葉の錦 神のまにまに

   このたびは ぬさもとりあ たむけやま もみのにしき かみのまにまに

 

25 名にし負はば 逢坂山の さねかづら 人に知られで くるよしもがな

   なにしおあふさかやまの さねから ひとにしられで くるよしもがな

さねかづら=真葛

26 小倉山 峰のもみぢ葉 心あらば 今ひとたびの みゆき待たなむ

   ぐらやま みねのもみば こころあらば いまひとたびの みゆきまたなむ

 

27 みかの原 わきて流るる いづみ川 いつ見きとてか 恋しかるらむ

   みかのはら わきてながるる いみが いつみきとてか こしかるらむ

いづみ=泉

28 山里は 冬ぞ寂しさ まさりける 人目も草も かれぬと思へば

   やまざとは ふゆぞさびしさ まさりける ひとめもくさも かれぬとおも

 

29 心あてに 折らばや折らむ 初霜の 置きまどはせる 白菊の花

   こころあてに らばやらむ はつしもの おきまどせる しらぎくのはな

 

30 有明の つれなく見えし 別れより 暁ばかり 憂きものはなし

   ありあけの つれなくみし わかれより あかつきばかり うきものはなし

見ゆ

31 朝ぼらけ 有明の月と 見るまでに 吉野の里に 降れる白雪

   あさぼらけ ありあけのつきと みるまでに よしののさとに ふれるしらゆき

 

32 山川に 風のかけたる しがらみは 流れもあへぬ 紅葉なりけり

   やまがに かぜのかけたる しがらみは ながれもあぬ もみなりけり

 

33 久方の 光のどけき 春の日に しづ心なく 花の散るらむ

   ひさかたの ひかりのどけき はるのひに しこころなく はなのちるらむ

しづこころ=静心

34 誰をかも 知る人にせむ 高砂の 松も昔の 友ならなくに

   たれをかも しるひとにせむ たかさごの まつもむかしの ともならなくに

 

35 人はいさ 心も知らず 古里は 花ぞ昔の 香ににほひける

   ひとはいさ こころもしら ふるさとは はなぞむかしの かににほひける

 

36 夏の夜は まだ宵ながら 明けぬるを 雲のいづくに 月宿るらむ

   なつのよは まだよながら あけぬるを くものいくに つきやどるらむ

 

37 白露に 風の吹きしく 秋の野は つらぬきとめぬ 玉ぞ散りける

   しらつゆに かぜのふきしく あきののは つらぬきとめぬ たまぞちりける

 

38 忘らるる 身をば思はず 誓ひてし 人の命の 惜しくもあるかな

   わすらるる みをばおも ちかてし ひとのいのちの しくもあるかな

 

39 浅茅生の 小野の篠原 忍ぶれど あまりてなどか 人の恋しき

   あさののしのはら しのぶれど あまりてなどか ひとのこしき

 

40 忍ぶれど 色に出でにけり 我が恋は 物や思ふと 人の問ふまで

   しのぶれど いろにいでにけり わがこは ものやおもと ひとのとまで

 

41 恋すてふ 我が名はまだき 立ちにけり 人知れずこそ 思ひそめしか

   こてふ わがなはまだき たちにけり ひとしれこそ おもそめしか

てふ=といふ

42 契りきな かたみに袖を しぼりつつ 末の松山 波越さじとは

   ちぎりきな かたみにそでを しぼりつつ すのまつやま なみこさじとは

 

43 逢ひ見ての 後の心に くらぶれば 昔は物を 思はざりけり

   あみての のちのこころに くらぶれば むかしはものを おもざりけり

 

44 逢ふことの 絶えてしなくは なかなかに 人をも身をも 恨みざらまし

   あことの たてしなくは なかなかに ひとをもみをも うらみざらまし

絶ゆ

45 あはれとも 言ふべき人は 思ほえで 身のいたづらに なりぬべきかな

   あれとも いべきひとは おもで みのいたらに なりぬべきかな

おもほゆ

46 由良の門を 渡る舟人 梶を絶え 行方も知らぬ 恋の道かな

   ゆらのとを わたるふなびと かをた ゆくもしらぬ このみちかな

絶ゆ

47 八重葎 しげれる宿の さびしきに 人こそ見えね 秋は来にけり

   やむぐら しげれるやどの さびしきに ひとこそみね あきはきにけり

見ゆ

48 風をいたみ 岩打つ波の おのれのみ くだけて物を 思ふころかな

   かぜをいたみ いうつなみの おのれのみ くだけてものを おもころかな

 

49 御垣守 衛士のたく火の 夜は燃え 昼は消えつつ 物をこそ思へ

   みかきもり じのたくひの よるはも ひるはきつつ ものをこそおも

   燃ゆ  消ゆ

50 君がため 惜しからざりし 命さへ 長くもがなと 思ひけるかな

   きみがため しからざりし いのちさ ながくもがなと おもけるかな

 

51 かくとだに えやはいぶきの さしも草 さしも知らじな 燃ゆる思ひを

   かくとだに えやはいぶきの さしもぐさ さしもしらじな もゆるおも

 

52 明けぬれば 暮るるものとは 知りながら なほ恨めしき 朝ぼらけかな

   あけぬれば くるるものとは しりながら なうらめしき あさぼらけかな

 

53 嘆きつつ ひとり寝る夜の 明くる間は いかに久しき ものとかは知る

   なげきつつ ひとりぬるよの あくるまは いかにひさしき ものとかはしる

 

54 忘れじの 行末までは かたければ 今日を限りの 命ともがな

   わすれじの ゆくすまでは かたければ けふをかぎりの いのちともがな

 

55 滝の音は 絶えて久しく なりぬれど 名こそ流れて なほ聞こえけれ

   たきのおとは たてひさしく なりぬれど なこそながれて なきこけれ

絶ゆ  聞こゆ

56 あらざらむ この世のほかの 思ひ出に いまひとたびの 逢ふこともがな

   あらざらむ このよのほかの おもでに いまひとたびの あこともがな

 

57 めぐり逢ひて 見しやそれとも わかぬ間に 雲隠れにし 夜半の月かな

   めぐりあて みしやそれとも わかぬまに くもがくれにし よのつきかな

 

58 有馬山 猪名の笹原 風吹けば いでそよ人を 忘れやはする

   ありまやま なのささはら かぜふけば いでそよひとを わすれやはする

 

59 やすらはで 寝なましものを 小夜更けて かたぶくまでの 月を見しかな

   やすらで ねなましものを さよふけて かたぶくまでの つきをみしかな

 

60 大江山 いく野の道の 遠ければ まだふみもみず 天の橋立

   おえやま いくののみちの とければ まだふみもみ あまのはしだて

 

61 いにしへの 奈良の都の 八重桜 けふ九重に にほひぬるかな

   いにしの ならのみやこの やざくら けふここのに にほひぬるかな

 

62 夜をこめて 鳥の空音は はかるとも よに逢坂の 関はゆるさじ

   よをこめて とりのそらねは はかるとも よにあふさかの せきはゆるさじ

 

63 今はただ 思ひ絶えなむ とばかりを 人づてならで いふよしもがな

   いまはただ おもなむ とばかりを ひとづてならで いよしもがな

絶ゆ

64 朝ぼらけ 宇治の川霧 たえだえに あらはれわたる 瀬々の網代木

   あさぼらけ うのかぎり たに あられわたる せぜのあじろぎ

絶ゆ

65 恨みわび ほさぬ袖だに あるものを 恋に朽ちなむ 名こそ惜しけれ

   うらみわび ほさぬそでだに あるものを こにくちなむ なこそしけれ

 

66 もろともに あはれと思へ 山桜 花よりほかに 知る人もなし

   もろともに あれとおも やまざくら はなよりほかに しるひともなし

 

67 春の夜の 夢ばかりなる 手枕に かひなく立たむ 名こそ惜しけれ

   はるのよの ゆめばかりなる たまくらに かなくたたむ なこそしけれ

かひ=甲斐

68 心にも あらでうき世に ながらへば 恋しかるべき 夜半の月かな

   こころにも あらでうきよに ながらば こしかるべき よのつきかな

 

69 嵐吹く 三室の山の もみぢ葉は 龍田の川の 錦なりけり

   あらしふく みむろのやまの もみばは たつたのかの にしきなりけり

 

70 さびしさに 宿をたち出でて ながむれば いづくも同じ 秋の夕暮

   さびしさに やどをたちいでて ながむれば いくもおなじ あきのゆぐれ

 

71 夕されば 門田の稲葉 おとづれて 蘆のまろやに 秋風ぞ吹く

   ゆされば かどたのいなば おとれて あしのまろやに あきかぜぞふく

 

72 音に聞く 高師の浜の あだ波は かけじや袖の ぬれもこそすれ

   おとにきく たかしのはまの あだなみは かけじやそでの ぬれもこそすれ

 

73 高砂の 尾上の桜 咲きにけり 外山の霞 立たずもあらなむ

   たかさごの のさくら さきにけり とやまのかすみ たたもあらなむ

 

74 憂かりける 人を初瀬の 山おろしよ はげしかれとは 祈らぬものを

   うかりける ひとをはつせの やまおろしよ はげしかれとは いのらぬものを

 

75 契りおきし させもが露を 命にて あはれ今年の 秋もいぬめり

   ちぎりおきし させもがつゆを いのちにて あれことしの あきもいぬめり

 

76 わたの原 漕ぎ出でて見れば ひさかたの 雲居にまがふ 沖つ白波

   わたのはら こぎいでてみれば ひさかたの くもにまが おきつしらなみ

 

77 瀬を早み 岩にせかるる 滝川の われても末に 逢はむとぞ思ふ

   せをはやみ いにせかるる たきがの われてもすに あむとぞおも

 

78 淡路島 かよふ千鳥の 鳴く声に 幾夜寝覚めぬ 須磨の関守

   あしま かよちどりの なくこに いくよねざめぬ すまのせきもり

 

79 秋風に たなびく雲の 絶え間より もれ出づる月の 影のさやけさ

   あきかぜに たなびくくもの たまより もれいるつきの かげのさやけさ

絶ゆ

80 長からむ 心も知らず 黒髪の 乱れて今朝は 物をこそ思へ

   ながからむ こころもしら くろかみの みだれてけさは ものをこそおも

 

81 ほととぎす 鳴きつる方を ながむれば ただ有明の 月ぞ残れる

   ほととぎす なきつるかたを ながむれば ただありあけの つきぞのこれる

 

82 思ひわび さても命は あるものを 憂きに堪へぬは 涙なりけり

   おもわび さてもいのちは あるものを うきにたぬは なみだなりけり

 

83 世の中よ 道こそなけれ 思ひ入る 山の奥にも 鹿ぞ鳴くなる

   よのなかよ みちこそなけれ おもいる やまのおくにも しかぞなくなる

 

84 長らへば またこのごろや しのばれむ 憂しと見し世ぞ 今は恋しき

   ながらば またこのごろや しのばれむ うしとみしよぞ いまはこしき

 

85 よもすがら 物思ふころは 明けやらぬ 閨のひまさへ つれなかりけり

   よもすがら ものおもころは あけやらぬ ねやのひまさ つれなかりけり

 

86 嘆けとて 月やは物を 思はする かこち顔なる わが涙かな

   なげけとて つきやはものを おもする かこちがなる わがなみだかな

 

87 村雨の 露もまだひぬ 槇の葉に 霧たちのぼる 秋の夕暮

   むらさめの つゆもまだひぬ まきのはに きりたちのぼる あきのゆぐれ

 

88 難波江の 蘆のかりねの ひとよゆゑ みをつくしてや 恋ひわたるべき

   なにえの あしのかりねの ひとよゆ みをつくしてや こわたるべき

ゆゑ=故

89 玉の緒よ 絶えなば絶えね ながらへば 忍ぶることの 弱りもぞする

   たまのよ たなばたね ながらば しのぶることの よりもぞする

絶ゆ

90 見せばやな 雄島のあまの 袖だにも 濡れにぞ濡れし 色はかはらず

   みせばやな じまのあまの そでだにも ぬれにぞぬれし いろはか

 

91 きりぎりす 鳴くや霜夜の さむしろに 衣片敷き ひとりかも寝む

   きりぎりす なくやしもよの さむしろに ころもかたしき ひとりかもねむ

 

92 わが袖は 潮干に見えぬ 沖の石の 人こそ知らね 乾く間もなし

   わがそでは しひにみぬ おきのいしの ひとこそしらね かくまもなし

見ゆ

93 世の中は 常にもがもな 渚漕ぐ あまの小舟の 綱手かなしも

   よのなかは つねにもがもな なぎさこぐ あまのこぶねの つなでかなしも

 

94 み吉野の 山の秋風 小夜ふけて ふるさと寒く 衣うつなり

   みよしのの やまのあきかぜ さよふけて ふるさとさむく ころもうつなり

 

95 おほけなく うき世の民に おほふかな わがたつ杣に 墨染の袖

   おけなく うきよのたみに おほふかな わがたつそまに すみぞめのそで

おほふ=覆ふ

96 花さそふ 嵐の庭の 雪ならで ふりゆくものは わが身なりけり

   はなさそ あらしのにの ゆきならで ふりゆくものは わがみなりけり

 

97 来ぬ人を まつほの浦の 夕なぎに 焼くや藻塩の 身もこがれつつ

   こぬひとを まつほのうらの ゆなぎに やくやもしの みもこがれつつ

まつほ=松帆

98 風そよぐ ならの小川の 夕暮は みそぎぞ夏の しるしなりける

   かぜそよぐ ならのの ゆぐれは みそぎぞなつの しるしなりける

 

99 人もをし 人もうらめし あぢきなく 世を思ふゆゑに 物思ふ身は

   ひともし ひともうらめし あきなく よをおもに ものおもみは

をし=惜し

100 ももしきや 古き軒端の しのぶにも なほあまりある 昔なりけり

    ももしきや ふるきのきばの しのぶにも なあまりある むかしなりけり


「宇治」と「憂し」の掛詞。ただし現代人の感覚で両者が通じると思ふのとは異なる。この歌が詠まれた当時は「宇治」は「うち」と書かれ、「うし」とは通じない。また発音上も当時は「ぢ」と「じ」は明らかに異なつてゐた。ここは「う」だけが共通する似た言葉と理解する。

 

戻る

総目次