小倉百人一首の読み方

 望ましい読み方の発音を片仮名で示します。なお、歌によって読み方を一意的に決定できないものもあります。
 また歌の形そのものが系統によってやや異なることもあります。

 五十音順へ

1 秋の田の かりほの庵の 苫をあらみ 我が衣手は 露にぬれつつ

  アキノタノ カリオノイオノ トマオアラミ ワガコロモデワ ツユニヌレツツ

2 春過ぎて 夏来にけらし 白妙の 衣干すてふ 天の香具山

  ハルスギテ ナツキニケラシ シロタエノ コロモホスチョー アマノカグヤマ

3 あし引きの 山鳥の尾の しだり尾の ながながし夜を ひとりかも寝む

  アシビキノ ヤマドリノオノ シダリオノ ナガナガシヨオ ヒトリカモネン

4 田子の浦に うち出でて見れば 白妙の 富士の高嶺に 雪はふりつつ

  タゴノウラニ ウチイデテミレバ シロタエノ フジノタカネニ ユキワフリツツ

5 奥山に 紅葉ふみわけ 鳴く鹿の 声きく時ぞ 秋はかなしき

  オクヤマニ モミジフミワケ ナクシカノ コエキクトキゾ アキワカナシキ

6 かささぎの わたせる橋に 置く霜の 白きを見れば 夜ぞ更けにける

  カササギノ ワタセルハシニ オクシモノ シロキオミレバ ヨゾフケニケル

7 天の原 ふりさけ見れば 春日なる 三笠の山に 出でし月かも

  アマノハラ フリサケミレバ カスガナル ミカサノヤマニ イデシツキカモ

8 わが庵は 都の辰巳 しかぞ住む 世をうぢ山と 人はいふなり

  ワガイオワ ミヤコノタツミ シカゾスム ヨオウジヤマト ヒトワユーナリ

9 花の色は 移りにけりな いたづらに 我が身世にふる ながめせし間に

  ハナノイロワ ウツリニケリナ イタズラニ ワガミヨニフル ナガメセシマニ

10 これやこの 行くも帰るも 別れては 知るも知らぬも 逢坂の関

   コレヤコノ ユクモカエルモ ワカレテワ シルモシラヌモ オーサカノセキ

11 わたの原 八十島かけて 漕ぎ出でぬと 人には告げよ 海女の釣舟

   ワタノハラ ヤソシマカケテ コギイデヌト ヒトニワツゲヨ アマノツリブネ

12 天つ風 雲の通ひ路 吹きとぢよ をとめの姿 しばしとどめむ

   アマツカゼ クモノカヨイジ フキトジヨ オトメノスガタ シバシトドメン

13 筑波嶺の 峰より落つる みなの川 恋ぞつもりて 淵となりぬる

   ツクバネノ ミネヨリオツル ミナノガワ コイゾツモリテ フチトナリヌル

14 陸奥の しのぶもぢずり 誰ゆゑに 乱れそめにし 我ならなくに

   ミチノクノ シノブモジズリ タレユエニ ミダレソメニシ ワレナラナクニ

15 君がため 春の野に出でて 若菜つむ 我が衣手に 雪は降りつつ

   キミガタメ ハルノノニイデテ ワカナツム ワガコロモデニ ユキワフリツツ

16 立ち別れ いなばの山の 峰に生ふる まつとし聞かば 今帰り来む

   タチワカレ イナバノヤマノ ミネニオール マツトシキカバ イマカエリコン

17 ちはやぶる 神代も聞かず 龍田川 からくれなゐに 水くくるとは

   チハヤブル カミヨモキカズ タツタガワ カラクレナイニ ミズククルトワ

18 住の江の 岸に寄る波 よるさへや 夢の通ひ路 人目よくらむ

   スミノエノ キシニヨルナミ ヨルサエヤ ユメノカヨイジ ヒトメヨクラン

19 難波潟 短き蘆の ふしの間も 逢はでこのよを 過ぐしてよとや

   ナニワガタ ミジカキアシノ フシノマモ アワデコノヨオ スグシテヨトヤ

20 わびぬれば 今はた同じ 難波なる みをつくしても 逢はむとぞ思ふ

   ワビヌレバ イマハタオナジ ナニワナル ミオツクシテモ アワントゾオモー

21 今来むと いひしばかりに 長月の 有明の月を 待ち出でつるかな

   イマコント イイシバカリニ ナガツキノ アリアケノツキオ マチイデツルカナ

22 吹くからに 秋の草木の しをるれば むべ山風を あらしといふらむ

   フクカラニ アキノクサキノ シオルレバ ムベヤマカゼオ アラシトユーラン

23 月見れば 千々に物こそ 悲しけれ わが身ひとつの 秋にはあらねど

   ツキミレバ チジニモノコソ カナシケレ ワガミヒトツノ アキニワアラネド

24 このたびは 幣も取りあへず 手向山 紅葉の錦 神のまにまに

   コノタビワ ヌサモトリアエズ タムケヤマ モミジノニシキ カミノマニマニ

25 名にし負はば 逢坂山の さねかづら 人に知られで くるよしもがな

   ナニシオワバ オーサカヤマノ サネカズラ ヒトニシラレデ クルヨシモガナ

26 小倉山 峰のもみぢ葉 心あらば 今ひとたびの みゆき待たなむ

   オグラヤマ ミネノモミジバ ココロアラバ イマヒトタビノ ミユキマタナン

27 みかの原 わきて流るる いづみ川 いつ見きとてか 恋しかるらむ

   ミカノハラ ワキテナガルル イズミガワ イツミキトテカ コイシカルラン

28 山里は 冬ぞ寂しさ まさりける 人目も草も かれぬと思へば

   ヤマザトワ フユゾサビシサ マサリケル ヒトメモクサモ カレヌトオモエバ

29 心あてに 折らばや折らむ 初霜の 置きまどはせる 白菊の花

   ココロアテニ オラバヤオラン ハツシモノ オキマドワセル シラギクノハナ

30 有明の つれなく見えし 別れより 暁ばかり 憂きものはなし

   アリアケノ ツレナクミエシ ワカレヨリ アカツキバカリ ウキモノワナシ

31 朝ぼらけ 有明の月と 見るまでに 吉野の里に 降れる白雪

   アサボラケ アリアケノツキト ミルマデニ ヨシノノサトニ フレルシラユキ

32 山川に 風のかけたる しがらみは 流れもあへぬ 紅葉なりけり

   ヤマガワニ カゼノカケタル シガラミワ ナガレモアエヌ モミジナリケリ

33 久方の 光のどけき 春の日に しづ心なく 花の散るらむ

   ヒサカタノ ヒカリノドケキ ハルノヒニ シズゴコロナク ハナノチルラン

34 誰をかも 知る人にせむ 高砂の 松も昔の 友ならなくに

   タレオカモ シルヒトニセン タカサゴノ マツモムカシノ トモナラナクニ

35 人はいさ 心も知らず 古里は 花ぞ昔の 香ににほひける

   ヒトワイサ ココロモシラズ フルサトワ ハナゾムカシノ カニニオイケル

36 夏の夜は まだ宵ながら 明けぬるを 雲のいづくに 月宿るらむ

   ナツノヨワ マダヨイナガラ アケヌルオ クモノイズクニ ツキヤドルラン

37 白露に 風の吹きしく 秋の野は つらぬきとめぬ 玉ぞ散りける

   シラツユニ カゼノフキシク アキノノワ ツラヌキトメヌ タマゾチリケル

38 忘らるる 身をば思はず 誓ひてし 人の命の 惜しくもあるかな

   ワスラルル ミオバオモワズ チカイテシ ヒトノイノチノ オシクモアルカナ

39 浅茅生の 小野の篠原 忍ぶれど あまりてなどか 人の恋しき

   アサジウノ オノノシノハラ シノブレド アマリテナドカ ヒトノコイシキ

40 忍ぶれど 色に出でにけり 我が恋は 物や思ふと 人の問ふまで

   シノブレド イロニイデニケリ ワガコイワ モノヤオモート ヒトノトーマデ

41 恋すてふ 我が名はまだき 立ちにけり 人知れずこそ 思ひそめしか

   コイスチョー ワガナワマダキ タチニケリ ヒトシレズコソ オモイソメシカ

42 契りきな かたみに袖を しぼりつつ 末の松山 波越さじとは

   チギリキナ カタミニソデオ シボリツツ スエノマツヤマ ナミコサジトワ

43 逢ひ見ての 後の心に くらぶれば 昔は物を 思はざりけり

   アイミテノ ノチノココロニ クラブレバ ムカシワモノオオモワザリケリ

44 逢ふことの 絶えてしなくは なかなかに 人をも身をも 恨みざらまし

   オーコトノ タエテシナクワ ナカナカニ ヒトオモミオモ ウラミザラマシ

45 あはれとも 言ふべき人は 思ほえで 身のいたづらに なりぬべきかな

   アワレトモ ユーベキヒトワ オモオエデ ミノイタズラニ ナリヌベキカナ

46 由良の門を 渡る舟人 梶を絶え 行方も知らぬ 恋の道かな

   ユラノトオ ワタルフナビト カジオタエ ユクエモシラヌ コイノミチカナ

47 八重葎 しげれる宿の さびしきに 人こそ見えね 秋は来にけり

   ヤエムグラ シゲレルヤドノ サビシキニ ヒトコソミエネ アキワキニケリ

48 風をいたみ 岩打つ波の おのれのみ くだけて物を 思ふころかな

   カゼオイタミ イワウツナミノ オノレノミ クダケテモノオ オモーコロカナ

49 御垣守 衛士のたく火の 夜は燃え 昼は消えつつ 物をこそ思へ

   ミカキモリ エジノタクヒノ ヨルワモエ ヒルワキエツツ モノオコソオモエ

50 君がため 惜しからざりし 命さへ 長くもがなと 思ひけるかな

   キミガタメ オシカラザリシ イノチサエ ナガクモガナト オモイケルカナ

51 かくとだに えやはいぶきの さしも草 さしも知らじな 燃ゆる思ひを

   カクトダニ エヤワイブキノ サシモグサ サシモシラジナ モユルオモイオ

52 明けぬれば 暮るるものとは 知りながら なほ恨めしき 朝ぼらけかな

   アケヌレバ クルルモノトワ シリナガラ ナオウラメシキ アサボラケカナ

53 嘆きつつ ひとり寝る夜の 明くる間は いかに久しき ものとかは知る

   ナゲキツツ ヒトリヌルヨノ アクルマワ イカニヒサシキ モノトカワシル

54 忘れじの 行末までは かたければ 今日を限りの 命ともがな

   ワスレジノ ユクスエマデワ カタケレバ キョーオカギリノ イノチトモガナ

55 滝の音は 絶えて久しく なりぬれど 名こそ流れて なほ聞こえけれ

   タキノオトワ タエテヒサシク ナリヌレド ナコソナガレテ ナオキコエケレ

56 あらざらむ この世のほかの 思ひ出に いまひとたびの 逢ふこともがな

   アラザラン コノヨノホカノ オモイデニ イマヒトタビノ オーコトモガナ

57 めぐり逢ひて 見しやそれとも わかぬ間に 雲隠れにし 夜半の月かな

   メグリアイテ ミシヤソレトモ ワカヌマニ クモガクレニシ ヨワノツキカナ

58 有馬山 猪名の笹原 風吹けば いでそよ人を 忘れやはする

   アリマヤマ イナノササハラ カゼフケバ イデソヨヒトオ ワスレヤワスル

59 やすらはで 寝なましものを 小夜更けて かたぶくまでの 月を見しかな

   ヤスラワデ ネナマシモノオ サヨフケテ カタブクマデノ ツキオミシカナ

60 大江山 いく野の道の 遠ければ まだふみもみず 天の橋立

   オーエヤマ イクノノミチノ トーケレバ マダフミモミズ アマノハシダテ

61 いにしへの 奈良の都の 八重桜 けふ九重に にほひぬるかな

   イニシエノ ナラノミヤコノ ヤエザクラ キョーココノエニ ニオイヌルカナ

62 夜をこめて 鳥の空音は はかるとも よに逢坂の 関はゆるさじ

   ヨオコメテ トリノソラネワ ハカルトモ ヨニオーサカノ セキワユルサジ

63 今はただ 思ひ絶えなむ とばかりを 人づてならで いふよしもがな

   イマワタダ オモイタエナン トバカリオ ヒトズテナラデ ユーヨシモガナ

64 朝ぼらけ 宇治の川霧 たえだえに あらはれわたる 瀬々の網代木

   アサボラケ ウジノカワギリ タエダエニ アラワレワタル セゼノアジロギ

65 恨みわび ほさぬ袖だに あるものを 恋に朽ちなむ 名こそ惜しけれ

   ウラミワビ ホサヌソデダニ アルモノオ コイニクチナン ナコソオシケレ

66 もろともに あはれと思へ 山桜 花よりほかに 知る人もなし

   モロトモニ アワレトオモエ ヤマザクラ ハナヨリホカニ シルヒトモナシ

67 春の夜の 夢ばかりなる 手枕に かひなく立たむ 名こそ惜しけれ

   ハルノヨノ ユメバカリナル タマクラニ カイナクタタン ナコソオシケレ

68 心にも あらでうき世に ながらへば 恋しかるべき 夜半の月かな

   ココロニモ アラデウキヨニ ナガラエバ コイシカルベキ ヨワノツキカナ

69 嵐吹く 三室の山の もみぢ葉は 龍田の川の 錦なりけり

   アラシフク ミムロノヤマノ モミジバワ タツタノカワノ ニシキナリケリ

70 さびしさに 宿をたち出でて ながむれば いづくも同じ 秋の夕暮

   サビシサニ ヤドオタチイデテ ナガムレバ イズクモオナジ アキノユーグレ

71 夕されば 門田の稲葉 おとづれて 蘆のまろやに 秋風ぞ吹く

   ユーサレバ カドタノイナバ オトズレテ アシノマロヤニ アキカゼゾフク

72 音に聞く 高師の浜の あだ波は かけじや袖の ぬれもこそすれ

   オトニキク タカシノハマノ アダナミワ カケジヤソデノ ヌレモコソスレ

73 高砂の 尾上の桜 咲きにけり 外山の霞 立たずもあらなむ

   タカサゴノ オノエノサクラ サキニケリ トヤマノカスミ タタズモアラナン

74 憂かりける 人を初瀬の 山おろしよ はげしかれとは 祈らぬものを

   ウカリケル ヒトオハツセノ ヤマオロシヨ ハゲシカレトワ イノラヌモノオ

75 契りおきし させもが露を 命にて あはれ今年の 秋もいぬめり

   チギリオキシ サセモガツユオ イノチニテ アワレコトシノ アキモイヌメリ

76 わたの原 漕ぎ出でて見れば ひさかたの 雲居にまがふ 沖つ白波

   ワタノハラ コギイデテミレバ ヒサカタノ クモイニマゴー オキツシラナミ

77 瀬を早み 岩にせかるる 滝川の われても末に 逢はむとぞ思ふ

   セオハヤミ イワニセカルル タキガワノ ワレテモスエニ アワントゾオモー

78 淡路島 かよふ千鳥の 鳴く声に 幾夜寝覚めぬ 須磨の関守

   アワジシマ カヨーチドリノ ナクコエニ イクヨネザメヌ スマノセキモリ

79 秋風に たなびく雲の 絶え間より もれ出づる月の 影のさやけさ

   アキカゼニ タナビククモノ タエマヨリ モレイズルツキノ カゲノサヤケサ

80 長からむ 心も知らず 黒髪の 乱れて今朝は 物をこそ思へ

   ナガカラン ココロモシラズ クロカミノ ミダレテケサワ モノオコソオモエ

81 ほととぎす 鳴きつる方を ながむれば ただ有明の 月ぞ残れる

   ホトトギス ナキツルカタオ ナガムレバ タダアリアケノ ツキゾノコレル

82 思ひわび さても命は あるものを 憂きに堪へぬは 涙なりけり

   オモイワビ サテモイノチワ アルモノオ ウキニタエヌハ ナミダナリケリ

83 世の中よ 道こそなけれ 思ひ入る 山の奥にも 鹿ぞ鳴くなる

   ヨノナカヨ ミチコソナケレ オモイイル ヤマノオクニモ シカゾナクナル

84 長らへば またこのごろや しのばれむ 憂しと見し世ぞ 今は恋しき

   ナガラエバ マタコノゴロヤ シノバレン ウシトミシヨゾ イマワコイシキ

85 よもすがら 物思ふころは 明けやらぬ 閨のひまさへ つれなかりけり

   ヨモスガラ モノオモーコロワ アケヤラヌ ネヤノヒマサエ ツレナカリケリ

86 嘆けとて 月やは物を 思はする かこち顔なる わが涙かな

   ナゲケトテ ツキヤワモノオ オモワスル カコチガオナル ワガナミダカナ

87 村雨の 露もまだひぬ 槇の葉に 霧たちのぼる 秋の夕暮

   ムラサメノ ツユモマダヒヌ マキノハニ キリタチノボル アキノユーグレ

88 難波江の 蘆のかりねの ひとよゆゑ みをつくしてや 恋ひわたるべき

   ナニワエノ アシノカリネノ ヒトヨユエ ミオツクシテヤ コイワタルベキ

89 玉の緒よ 絶えなば絶えね ながらへば 忍ぶることの 弱りもぞする

   タマノオヨ タエナバタエネ ナガラエバ シノブルコトノ ヨワリモゾスル

90 見せばやな 雄島のあまの 袖だにも 濡れにぞ濡れし 色はかはらず

   ミセバヤナ オジマノアマノ ソデダニモ ヌレニゾヌレシ イロワカワラズ

91 きりぎりす 鳴くや霜夜の さむしろに 衣片敷き ひとりかも寝む

   キリギリス ナクヤシモヨノ サムシロニ コロモカタシキ ヒトリカモネン

92 わが袖は 潮干に見えぬ 沖の石の 人こそ知らね 乾く間もなし

   ワガソデワ シオヒニミエヌ オキノイシノ ヒトコソシラネ カワクマモナシ

93 世の中は 常にもがもな 渚漕ぐ あまの小舟の 綱手かなしも

   ヨノナカワ ツネニモガモナ ナギサコグ アマノオブネノ ツナデカナシモ

94 み吉野の 山の秋風 小夜ふけて ふるさと寒く 衣うつなり

   ミヨシノノ ヤマノアキカゼ サヨフケテ フルサトサムク コロモウツナリ

95 おほけなく うき世の民に おほふかな わがたつ杣に 墨染の袖

   オオケナク ウキヨノタミニ オオーカナ ワガタツソマニ スミゾメノソデ

96 花さそふ 嵐の庭の 雪ならで ふりゆくものは わが身なりけり

   ハナサソー アラシノニワノ ユキナラデ フリユクモノワ ワガミナリケリ

97 来ぬ人を まつほの浦の 夕なぎに 焼くや藻塩の 身もこがれつつ

   コヌヒトオ マツオノウラノ ユーナギニ ヤクヤモシオノ ミモコガレツツ

98 風そよぐ ならの小川の 夕暮は みそぎぞ夏の しるしなりける

   カゼソヨグ ナラノオガワノ ユーグレワ ミソギゾナツノ シルシナリケル

99 人もをし 人もうらめし あぢきなく 世を思ふゆゑに 物思ふ身は

   ヒトモオシ ヒトモウラメシ アジキナク ヨオオモーユエニ モノオモーミワ

100 ももしきや 古き軒端の しのぶにも なほあまりある 昔なりけり

    モモシキヤ フルキノキバノ シノブニモ ナオアマリアル ムカシナリケリ

 

歴史的仮名遣いの五十音順

79 秋風に たなびく雲の 絶え間より もれ出づる月の 影のさやけさ

   アキカゼニ タナビククモノ タエマヨリ モレイズルツキノ カゲノサヤケサ

 1 秋の田の かりほの庵の 苫をあらみ 我が衣手は 露にぬれつつ

   アキノタノ カリオノイオノ トマオアラミ ワガコロモデワ ツユニヌレツツ

52 明けぬれば 暮るるものとは 知りながら なほ恨めしき 朝ぼらけかな

   アケヌレバ クルルモノトワ シリナガラ ナオウラメシキ アサボラケカナ

39 浅茅生の 小野の篠原 忍ぶれど あまりてなどか 人の恋しき

   アサジウノ オノノシノハラ シノブレド アマリテナドカ ヒトノコイシキ

31 朝ぼらけ 有明の月と 見るまでに 吉野の里に 降れる白雪

   アサボラケ アリアケノツキト ミルマデニ ヨシノノサトニ フレルシラユキ

64 朝ぼらけ 宇治の川霧 たえだえに あらはれわたる 瀬々の網代木

   アサボラケ ウジノカワギリ タエダエニ アラワレワタル セゼノアジロギ

 3 あし引きの 山鳥の尾の しだり尾の ながながし夜を ひとりかも寝む

   アシビキノ ヤマドリノオノ シダリオノ ナガナガシヨオ ヒトリカモネン

78 淡路島 かよふ千鳥の 鳴く声に 幾夜寝覚めぬ 須磨の関守

   アワジシマ カヨーチドリノ ナクコエニ イクヨネザメヌ スマノセキモリ

45 あはれとも 言ふべき人は 思ほえで 身のいたづらに なりぬべきかな

   アワレトモ ユーベキヒトワ オモオエデ ミノイタズラニ ナリヌベキカナ

43 逢ひ見ての 後の心に くらぶれば 昔は物を 思はざりけり

   アイミテノ ノチノココロニ クラブレバ ムカシワモノオオモワザリケリ

44 逢ふことの 絶えてしなくは なかなかに 人をも身をも 恨みざらまし

   オーコトノ タエテシナクワ ナカナカニ ヒトオモミオモ ウラミザラマシ

12 天つ風 雲の通ひ路 吹きとぢよ をとめの姿 しばしとどめむ

   アマツカゼ クモノカヨイジ フキトジヨ オトメノスガタ シバシトドメン

 7 天の原 ふりさけ見れば 春日なる 三笠の山に 出でし月かも

   アマノハラ フリサケミレバ カスガナル ミカサノヤマニ イデシツキカモ

56 あらざらむ この世のほかの 思ひ出に いまひとたびの 逢ふこともがな

   アラザラン コノヨノホカノ オモイデニ イマヒトタビノ オーコトモガナ

69 嵐吹く 三室の山の もみぢ葉は 龍田の川の 錦なりけり

   アラシフク ミムロノヤマノ モミジバワ タツタノカワノ ニシキナリケリ

30 有明の つれなく見えし 別れより 暁ばかり 憂きものはなし

   アリアケノ ツレナクミエシ ワカレヨリ アカツキバカリ ウキモノワナシ

58 有馬山 猪名の笹原 風吹けば いでそよ人を 忘れやはする

   アリマヤマ イナノササハラ カゼフケバ イデソヨヒトオ ワスレヤワスル

61 いにしへの 奈良の都の 八重桜 けふ九重に にほひぬるかな

   イニシエノ ナラノミヤコノ ヤエザクラ キョーココノエニ ニオイヌルカナ

21 今来むと いひしばかりに 長月の 有明の月を 待ち出でつるかな

   イマコント イイシバカリニ ナガツキノ アリアケノツキオ マチイデツルカナ

63 今はただ 思ひ絶えなむ とばかりを 人づてならで いふよしもがな

   イマワタダ オモイタエナン トバカリオ ヒトズテナラデ ユーヨシモガナ

74 憂かりける 人を初瀬の 山おろしよ はげしかれとは 祈らぬものを

   ウカリケル ヒトオハツセノ ヤマオロシヨ ハゲシカレトワ イノラヌモノオ

65 恨みわび ほさぬ袖だに あるものを 恋に朽ちなむ 名こそ惜しけれ

   ウラミワビ ホサヌソデダニ アルモノオ コイニクチナン ナコソオシケレ

 5 奥山に 紅葉ふみわけ 鳴く鹿の 声きく時ぞ 秋はかなしき

   オクヤマニ モミジフミワケ ナクシカノ コエキクトキゾ アキワカナシキ

26 小倉山 峰のもみぢ葉 心あらば 今ひとたびの みゆき待たなむ

   オグラヤマ ミネノモミジバ ココロアラバ イマヒトタビノ ミユキマタナン

72 音に聞く 高師の浜の あだ波は かけじや袖の ぬれもこそすれ

   オトニキク タカシノハマノ アダナミワ カケジヤソデノ ヌレモコソスレ

60 大江山 いく野の道の 遠ければ まだふみもみず 天の橋立

   オーエヤマ イクノノミチノ トーケレバ マダフミモミズ アマノハシダテ

95 おほけなく うき世の民に おほふかな わがたつ杣に 墨染の袖

   オオケナク ウキヨノタミニ オオーカナ ワガタツソマニ スミゾメノソデ

82 思ひわび さても命は あるものを 憂きに堪へぬは 涙なりけり

   オモイワビ サテモイノチワ アルモノオ ウキニタエヌハ ナミダナリケリ

51 かくとだに えやはいぶきの さしも草 さしも知らじな 燃ゆる思ひを

   カクトダニ エヤワイブキノ サシモグサ サシモシラジナ モユルオモイオ

 6 かささぎの わたせる橋に 置く霜の 白きを見れば 夜ぞ更けにける

   カササギノ ワタセルハシニ オクシモノ シロキオミレバ ヨゾフケニケル

98 風そよぐ ならの小川の 夕暮は みそぎぞ夏の しるしなりける

   カゼソヨグ ナラノオガワノ ユーグレワ ミソギゾナツノ シルシナリケル

48 風をいたみ 岩打つ波の おのれのみ くだけて物を 思ふころかな

   カゼオイタミ イワウツナミノ オノレノミ クダケテモノオ オモーコロカナ

15 君がため 春の野に出でて 若菜つむ 我が衣手に 雪は降りつつ

   キミガタメ ハルノノニイデテ ワカナツム ワガコロモデニ ユキワフリツツ

50 君がため 惜しからざりし 命さへ 長くもがなと 思ひけるかな

   キミガタメ オシカラザリシ イノチサエ ナガクモガナト オモイケルカナ

91 きりぎりす 鳴くや霜夜の さむしろに 衣片敷き ひとりかも寝む

   キリギリス ナクヤシモヨノ サムシロニ コロモカタシキ ヒトリカモネン

29 心あてに 折らばや折らむ 初霜の 置きまどはせる 白菊の花

   ココロアテニ オラバヤオラン ハツシモノ オキマドワセル シラギクノハナ

68 心にも あらでうき世に ながらへば 恋しかるべき 夜半の月かな

   ココロニモ アラデウキヨニ ナガラエバ コイシカルベキ ヨワノツキカナ

97 来ぬ人を まつほの浦の 夕なぎに 焼くや藻塩の 身もこがれつつ

   コヌヒトオ マツオノウラノ ユーナギニ ヤクヤモシオノ ミモコガレツツ

24 このたびは 幣も取りあへず 手向山 紅葉の錦 神のまにまに

   コノタビワ ヌサモトリアエズ タムケヤマ モミジノニシキ カミノマニマニ

41 恋すてふ 我が名はまだき 立ちにけり 人知れずこそ 思ひそめしか

   コイスチョー ワガナワマダキ タチニケリ ヒトシレズコソ オモイソメシカ

10 これやこの 行くも帰るも 別れては 知るも知らぬも 逢坂の関

   コレヤコノ ユクモカエルモ ワカレテワ シルモシラヌモ オーサカノセキ

70 さびしさに 宿をたち出でて ながむれば いづくも同じ 秋の夕暮

   サビシサニ ヤドオタチイデテ ナガムレバ イズクモオナジ アキノユーグレ

40 忍ぶれど 色に出でにけり 我が恋は 物や思ふと 人の問ふまで

   シノブレド イロニイデニケリ ワガコイワ モノヤオモート ヒトノトーマデ

37 白露に 風の吹きしく 秋の野は つらぬきとめぬ 玉ぞ散りける

   シラツユニ カゼノフキシク アキノノワ ツラヌキトメヌ タマゾチリケル

18 住の江の 岸に寄る波 よるさへや 夢の通ひ路 人目よくらむ

   スミノエノ キシニヨルナミ ヨルサエヤ ユメノカヨイジ ヒトメヨクラン

77 瀬を早み 岩にせかるる 滝川の われても末に 逢はむとぞ思ふ

   セオハヤミ イワニセカルル タキガワノ ワレテモスエニ アワントゾオモー

73 高砂の 尾上の桜 咲きにけり 外山の霞 立たずもあらなむ

   タカサゴノ オノエノサクラ サキニケリ トヤマノカスミ タタズモアラナン

55 滝の音は 絶えて久しく なりぬれど 名こそ流れて なほ聞こえけれ

   タキノオトワ タエテヒサシク ナリヌレド ナコソナガレテ ナオキコエケレ

 4 田子の浦に うち出でて見れば 白妙の 富士の高嶺に 雪はふりつつ

   タゴノウラニ ウチイデテミレバ シロタエノ フジノタカネニ ユキワフリツツ

16 立ち別れ いなばの山の 峰に生ふる まつとし聞かば 今帰り来む

   タチワカレ イナバノヤマノ ミネニオール マツトシキカバ イマカエリコン

89 玉の緒よ 絶えなば絶えね ながらへば 忍ぶることの 弱りもぞする

   タマノオヨ タエナバタエネ ナガラエバ シノブルコトノ ヨワリモゾスル

34 誰をかも 知る人にせむ 高砂の 松も昔の 友ならなくに

   タレオカモ シルヒトニセン タカサゴノ マツモムカシノ トモナラナクニ

75 契りおきし させもが露を 命にて あはれ今年の 秋もいぬめり

   チギリオキシ サセモガツユオ イノチニテ アワレコトシノ アキモイヌメリ

42 契りきな かたみに袖を しぼりつつ 末の松山 波越さじとは

   チギリキナ カタミニソデオ シボリツツ スエノマツヤマ ナミコサジトワ

17 ちはやぶる 神代も聞かず 龍田川 からくれなゐに 水くくるとは

   チハヤブル カミヨモキカズ タツタガワ カラクレナイニ ミズククルトワ

23 月見れば 千々に物こそ 悲しけれ わが身ひとつの 秋にはあらねど

   ツキミレバ チジニモノコソ カナシケレ ワガミヒトツノ アキニワアラネド

13 筑波嶺の 峰より落つる みなの川 恋ぞつもりて 淵となりぬる

   ツクバネノ ミネヨリオツル ミナノガワ コイゾツモリテ フチトナリヌル

80 長からむ 心も知らず 黒髪の 乱れて今朝は 物をこそ思へ

   ナガカラン ココロモシラズ クロカミノ ミダレテケサワ モノオコソオモエ

84 長らへば またこのごろや しのばれむ 憂しと見し世ぞ 今は恋しき

   ナガラエバ マタコノゴロヤ シノバレン ウシトミシヨゾ イマワコイシキ

53 嘆きつつ ひとり寝る夜の 明くる間は いかに久しき ものとかは知る

   ナゲキツツ ヒトリヌルヨノ アクルマワ イカニヒサシキ モノトカワシル

86 嘆けとて 月やは物を 思はする かこち顔なる わが涙かな

   ナゲケトテ ツキヤワモノオ オモワスル カコチガオナル ワガナミダカナ

36 夏の夜は まだ宵ながら 明けぬるを 雲のいづくに 月宿るらむ

   ナツノヨワ マダヨイナガラ アケヌルオ クモノイズクニ ツキヤドルラン

25 名にし負はば 逢坂山の さねかづら 人に知られで くるよしもがな

   ナニシオワバ オーサカヤマノ サネカズラ ヒトニシラレデ クルヨシモガナ

88 難波江の 蘆のかりねの ひとよゆゑ みをつくしてや 恋ひわたるべき

   ナニワエノ アシノカリネノ ヒトヨユエ ミオツクシテヤ コイワタルベキ

19 難波潟 短き蘆の ふしの間も 逢はでこのよを 過ぐしてよとや

   ナニワガタ ミジカキアシノ フシノマモ アワデコノヨオ スグシテヨトヤ

96 花さそふ 嵐の庭の 雪ならで ふりゆくものは わが身なりけり

   ハナサソー アラシノニワノ ユキナラデ フリユクモノワ ワガミナリケリ

 9 花の色は 移りにけりな いたづらに 我が身世にふる ながめせし間に

   ハナノイロワ ウツリニケリナ イタズラニ ワガミヨニフル ナガメセシマニ

 2 春過ぎて 夏来にけらし 白妙の 衣干すてふ 天の香具山

   ハルスギテ ナツキニケラシ シロタエノ コロモホスチョー アマノカグヤマ

67 春の夜の 夢ばかりなる 手枕に かひなく立たむ 名こそ惜しけれ

   ハルノヨノ ユメバカリナル タマクラニ カイナクタタン ナコソオシケレ

33 久方の 光のどけき 春の日に しづ心なく 花の散るらむ

   ヒサカタノ ヒカリノドケキ ハルノヒニ シズゴコロナク ハナノチルラン

35 人はいさ 心も知らず 古里は 花ぞ昔の 香ににほひける

   ヒトワイサ ココロモシラズ フルサトワ ハナゾムカシノ カニニオイケル

99 人もをし 人もうらめし あぢきなく 世を思ふゆゑに 物思ふ身は

   ヒトモオシ ヒトモウラメシ アジキナク ヨオオモーユエニ モノオモーミワ

22 吹くからに 秋の草木の しをるれば むべ山風を あらしといふらむ

   フクカラニ アキノクサキノ シオルレバ ムベヤマカゼオ アラシトユーラン

81 ほととぎす 鳴きつる方を ながむれば ただ有明の 月ぞ残れる

   ホトトギス ナキツルカタオ ナガムレバ タダアリアケノ ツキゾノコレル

49 御垣守 衛士のたく火の 夜は燃え 昼は消えつつ 物をこそ思へ

   ミカキモリ エジノタクヒノ ヨルワモエ ヒルワキエツツ モノオコソオモエ

27 みかの原 わきて流るる いづみ川 いつ見きとてか 恋しかるらむ

   ミカノハラ ワキテナガルル イズミガワ イツミキトテカ コイシカルラン

90 見せばやな 雄島のあまの 袖だにも 濡れにぞ濡れし 色はかはらず

   ミセバヤナ オジマノアマノ ソデダニモ ヌレニゾヌレシ イロワカワラズ

14 陸奥の しのぶもぢずり 誰ゆゑに 乱れそめにし 我ならなくに

   ミチノクノ シノブモジズリ タレユエニ ミダレソメニシ ワレナラナクニ

94 み吉野の 山の秋風 小夜ふけて ふるさと寒く 衣うつなり

   ミヨシノノ ヤマノアキカゼ サヨフケテ フルサトサムク コロモウツナリ

87 村雨の 露もまだひぬ 槇の葉に 霧たちのぼる 秋の夕暮

   ムラサメノ ツユモマダヒヌ マキノハニ キリタチノボル アキノユーグレ

57 めぐり逢ひて 見しやそれとも わかぬ間に 雲隠れにし 夜半の月かな

   メグリアイテ ミシヤソレトモ ワカヌマニ クモガクレニシ ヨワノツキカナ

100 ももしきや 古き軒端の しのぶにも なほあまりある 昔なりけり

    モモシキヤ フルキノキバノ シノブニモ ナオアマリアル ムカシナリケリ

66 もろともに あはれと思へ 山桜 花よりほかに 知る人もなし

   モロトモニ アワレトオモエ ヤマザクラ ハナヨリホカニ シルヒトモナシ

59 やすらはで 寝なましものを 小夜更けて かたぶくまでの 月を見しかな

   ヤスラワデ ネナマシモノオ サヨフケテ カタブクマデノ ツキオミシカナ

47 八重葎 しげれる宿の さびしきに 人こそ見えね 秋は来にけり

   ヤエムグラ シゲレルヤドノ サビシキニ ヒトコソミエネ アキワキニケリ

32 山川に 風のかけたる しがらみは 流れもあへぬ 紅葉なりけり

   ヤマガワニ カゼノカケタル シガラミワ ナガレモアエヌ モミジナリケリ

28 山里は 冬ぞ寂しさ まさりける 人目も草も かれぬと思へば

   ヤマザトワ フユゾサビシサ マサリケル ヒトメモクサモ カレヌトオモエバ

71 夕されば 門田の稲葉 おとづれて 蘆のまろやに 秋風ぞ吹く

   ユーサレバ カドタノイナバ オトズレテ アシノマロヤニ アキカゼゾフク

46 由良の門を 渡る舟人 梶を絶え 行方も知らぬ 恋の道かな

   ユラノトオ ワタルフナビト カジオタエ ユクエモシラヌ コイノミチカナ

93 世の中は 常にもがもな 渚漕ぐ あまの小舟の 綱手かなしも

   ヨノナカワ ツネニモガモナ ナギサコグ アマノオブネノ ツナデカナシモ

83 世の中よ 道こそなけれ 思ひ入る 山の奥にも 鹿ぞ鳴くなる

   ヨノナカヨ ミチコソナケレ オモイイル ヤマノオクニモ シカゾナクナル

85 よもすがら 物思ふころは 明けやらぬ 閨のひまさへ つれなかりけり

   ヨモスガラ モノオモーコロワ アケヤラヌ ネヤノヒマサエ ツレナカリケリ

62 夜をこめて 鳥の空音は はかるとも よに逢坂の 関はゆるさじ

   ヨオコメテ トリノソラネワ ハカルトモ ヨニオーサカノ セキワユルサジ

 8 わが庵は 都の辰巳 しかぞ住む 世をうぢ山と 人はいふなり

   ワガイオワ ミヤコノタツミ シカゾスム ヨオウジヤマト ヒトワユーナリ

92 わが袖は 潮干に見えぬ 沖の石の 人こそ知らね 乾く間もなし

   ワガソデワ シオヒニミエヌ オキノイシノ ヒトコソシラネ カワクマモナシ

38 忘らるる 身をば思はず 誓ひてし 人の命の 惜しくもあるかな

   ワスラルル ミオバオモワズ チカイテシ ヒトノイノチノ オシクモアルカナ

54 忘れじの 行末までは かたければ 今日を限りの 命ともがな

   ワスレジノ ユクスエマデワ カタケレバ キョーオカギリノ イノチトモガナ

76 わたの原 漕ぎ出でて見れば ひさかたの 雲居にまがふ 沖つ白波

   ワタノハラ コギイデテミレバ ヒサカタノ クモイニマゴー オキツシラナミ

11 わたの原 八十島かけて 漕ぎ出でぬと 人には告げよ 海女の釣舟

   ワタノハラ ヤソシマカケテ コギイデヌト ヒトニワツゲヨ アマノツリブネ

20 わびぬれば 今はた同じ 難波なる みをつくしても 逢はむとぞ思ふ

   ワビヌレバ イマハタオナジ ナニワナル ミオツクシテモ アワントゾオモー


望ましい読み方:明治以来の伝統的な古文の読み方。概ね江戸時代に読まれたのと同じ読み方。(参考) 唯一の望ましい読み方というわけではありません。明らかな間違いでない限りこれ以外の読み方も許されます。


戻る

総目次