現代仮名遣いを歴史的仮名遣いに直すには

現代仮名遣いから歴史的仮名遣いへの書き換え規則

1.現代仮名遣い表記の語頭第一文字が「い」「え」「お」である。→仮名遣いが異なる可能性がある。

「い」は歴史的仮名遣いでは「ゐ」である可能性がある。参照:A
「え」は「ゑ」である可能性がある。参照:
A
「お」は「を」である可能性がある。参照:
A

2.語頭以外に「わ」「い」「う」「え」「お」がある。→仮名遣いが異なる可能性がある。

「わ」は「は」である可能性がある。参照:A
「い」は「ひ」「ゐ」である可能性がある。参照:
A
「う」は「ふ」である可能性がある。参照:
A また「う」の前の仮名が異なる可能性もある。参照:B B B B B
「え」は「へ」「ゑ」である可能性がある。参照:
A
「お」は「ほ」「を」「ふ」である可能性がある。また「おう」が「はう」である可能性もある。参照:
A

3.「じ」「ず」がある。→仮名遣いが異なる可能性がある。

「じ」は「ぢ」である可能性がある。参照:C
「ず」は「づ」である可能性がある。参照:
C

4.漢語または漢字の音読み由来の表記に「か」「が」がある。→仮名遣いが異なる可能性がある。

「か」「が」はそれぞれ「くわ」「ぐわ」である可能性がある。参照:

5.上の1.2.3.4.に該当しない。→仮名遣いは異ならないとしてよい。


戻る

総目次