総目次   

完全版とびら 手引き 法則 総合辞書 字音仮名遣表 語の由来 例外動詞 原理 歴史 補講

練習してみよう(1)

練習してみよう 入口 練習してみよう(2) 練習してみよう(3)

以下の例題を歴史的仮名遣ひに直してください。

例題1

 解答 ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解答1

 赤字は現代仮名遣ひと異なる部分です。

 兎追しかの山 小鮒釣りしかの川
 夢は今もめぐりて 忘れがたき故郷

 如何にいます父母 恙なしや友がき
 雨に風につけても 思る故郷

 こころざしをはたして いつの日にか帰らん
 山はあき故郷 水は清き故郷

             「手引き」A2参照


 例題2

 解答 ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解答2

 夕焼け小焼けの赤とんぼ
 負れて見たのは いつの日か

 山の畑の桑の実を
 小かごに摘んだは
 まぼろしか

 十五でねえやは 嫁に行き
 お里の便りも 絶え果てた

 夕やけ小やけの赤とんぼ
 とまつるよ さの先

             この後も促音・拗音を大字(並字)で表記することにします。


 例題3

 解答 ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解答3

 春のうららの隅田川
 上り下りの船人が
 櫂のしくも花と散る
 眺めを何にたとべき


 雪の降る街を 雪の降る街を
 思出だけが通り過ぎて行く
 雪の降る街を 遠い国から落ちてくる
 この思出を この思出を
 いつの日か包まん
 温かき幸せのほほ


 上を向いて 歩かう
 涙が こぼれないやう
 思出す 春の日
 ひとりぼつちの 夜


 例題4

 解答 ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解答4

 ふるさとは遠きにありて思もの
 そして悲しくうたもの
 よしや
 うらぶれて異土の乞食となるとても
 帰るところにあるまじや
 ひとり都のゆぐれに
 ふるさとおも涙ぐむ
 そのこころもて
 遠きみやこにからばや
 遠きみやこにからばや


 汚れつちまつた悲しみに
 今日も小雪の降りかかる
 汚れつちまつた悲しみに
 今日も風さ吹きすぎる
 汚れつちまつた悲しみは
 たとば狐の革ごろも
 汚れつちまつた悲しみは
 小雪のかかつてちぢこまる
 汚れつちまつた悲しみは
 なにのぞむなくねがなく
 汚れつちまつた悲しみは
 倦怠のうちに死を夢む
 汚れつちまつた悲しみに
 いたいたしくもおけづき
 汚れつちまつた悲しみに
 なすところなく日は暮れる・・・・・・

 

練習してみよう 入口へ
練習してみよう(2)へ
練習してみよう(3)へ



手引き 法則 総合辞書 字音仮名遣表 語の由来 例外動詞 原理 歴史 補講


戻る

完全版とびら

総目次