速習版第七章に掲出した語について仮名遣ひの理由を簡単に説明してあります。
これは語源辞典ではありません。考へやすさを優先してゐるため厳密に正確な記述とはなってをらず、また根拠に複数説があるときは学問的妥当性よりも分かりやすさを基準に選んであります。

 

書かない 形容詞「ない」と同類。「なし・なき」の「し・き」をぞんざいに「イ」と発音してできた新語(イ音便)。「音便」とは、ぞんざいに発音されてできた新語形で、その発音通りに書かれた。以下同じ。

書きまう 「ませ+む」の「む」をぞんざいに「ウ」と発音してできた新語(ウ音便)。

書きうだ・です・な・に 「相」の字音「サウ」。あるいは「さま(様)」の「ま」を「ウ」と発音するやうにしてできたウ音便。

書きたい 「たし・たき」のイ音便。

書きなさい 「なされ」のイ音便。あるいは「なさりませ」のイ音便の省略形。

書きうがない 「様」の字音。

書いちゃ 「かきては」のイ音便より。

う  立う  読う  当たう ・・・ 「かかむ」などのウ音便。

見よう  しよう  上げよう ・・・ 「せむ」のウ音便「せう」が転呼した「ショー」などからできた助動詞「よう」。

書くだう 「であらむ」のウ音便から。

書くでう 「でせ(「です」の未然形)+う(「む」のウ音便)」。

書くうだ・です 「相」の字音「サウ」。あるいは「さま(様)」のウ音便。

書くうだ・です・な・に 「様」の字音。

書くらしい 「らし・らしき」のイ音便。

書くまい 「まじ」のイ音便。

書くふう 「風」の字音。

書くみたい 「みたし・みたき」のイ音便。

書いたう 「たらむ・てあらむ」のウ音便。

書いてる 「居る」の元々の発音「wiru」。

書いてください 「くだされ」のイ音便。あるいは「くださりませ」のイ音便の省略形。

書いてしま 「ウ」で終る動詞の元々の発音。

書いてもら 「ウ」で終る動詞の元々の発音。

赤かう ・・・ 「からむ」のウ音便。

うだ ・・・ 「相」の字音「サウ」。あるいは「さま(様)」のウ音便。

〜くら・ぐら 語源「座+居」より。

〜さ 語源説「添へ」「そのうへ」「-へ(重)」。

〜だうだ・です 「相」の字音「サウ」。あるいは「さま(様)」のウ音便。

〜だう 「にてあらむ・であらむ」のウ音便。

〜ち(とい) 「ウ」で終る動詞の元々の発音。

ゃ 〜ゃない 「では」の変化なのでダ行を保つ。

〜でう 「でせ+む」のウ音便。

〜のうだ・です・な・に 「様」の字音。

〜みたい 「みたし・みたき」のイ音便。

〜らしい 「らし・らしき」のイ音便。

 

●よく使ふ語句をまとめました。

 あいつ 「あやつ」のイ音便。

 あいにく 「あやにく」のイ音便。

 ありがう 「ありがたく」のウ音便。

 あるいは 「ある+助詞い+は」。

 いいえ この「い」と「え」は元々「ひ(フィ)」や「ヘ(フェ)」と発音されたものではない。感動詞は由来を考へる必要はなく、母音拍はあ行の仮名で書く。

 〜とい 「ウ」で終る動詞の元々の発音。

 いっぱい 「一杯」の字音。

 いらっしゃる 「い(入)らせらる」の変化。

 〜ていらっしゃる 「てい(入)らせらる」の変化。

 〜てる 「居る」の元々の発音「wiru」。

 〜う(動詞の意志・推量) 「む」のウ音便。

 ええ 感動詞。あ行の仮名で書く。

 〜において(於いて) 「おきて」のイ音便。

 おはう 「おはやく」のウ音便。

 おめでう 「おめでたく」のウ音便。

 〜てり(居り) ります(居ります) 「居る」の元々の発音「woru」。

 必ず 「かり(仮)ならず」の変化。下記打消しの「ず」参照。

 〜かう 「くあらむ」のウ音便より。

 きの 「先の日」などの変化。「ひ」の変化なのでは行の「ふ」。

 けふ 「けひ」(「この日」の意)の変化。「ひ」の変化なのでは行の「ふ」。

 〜ください 「くだされ」のイ音便。あるいは「くださりませ」のイ音便の省略形。

 〜くら、ぐら 語源「座+居」より。

 こいつ 「こやつ」のイ音便。

 うだ・ういうなる 「か(斯)く」のウ音便。

 ごきげんよう 「ごきげんよく」のウ音便。

 ございます 「ござります」のイ音便。

 ごちそうさま 「馳走」の字音。

 さうなら 「さ様なら」。「様」の字音。

 ゃ・ゃあ 「では」の変化なのでダ行を保つ。

 〜ゃ(だ、では) 元「である」の変化なのでダ行。

 〜(でしま) 「でしまふ」の変化なのでダ行と「ふ」を保存する。

 しうがない 「し様がない」。「様」の字音。

 〜ず(打消し) 古語動詞「す」と関係する。

 すいません 「済みません」のイ音便。

 ずっと 「すっと」と関係する。

 すなち 語源説「その果て」「すなほぢ(直路)」「すぐなほ(直)さぬ内」。

 せ(所為) 「所為」の字音syowiより。

 そいつ 「そやつ」のイ音便。

 うだ・ういうなる 「さ」+引き音。引き音は由来がないのであ行の仮名で書く。

 〜うだ・うな 「相」の字音「サウ」。あるいは「さま(様)」のウ音便。

 たと 語源説「たぐひとひ(類問)」「立ち合ひ」。

 たとば 語源説「たぐひとふ(類問)」「立ち合ふ」。

 〜たう 「てあらむ」のウ音便。

 〜だう 「にてあらむ・であらむ」のウ音便。

 〜ちゃ(てしま) 「てしまふ」の変化なので「ふ」を保存する。

 ちうど 「長度」の字音。

 つい(うっかり) 「突き」のイ音便。

 〜について 「付きて」のイ音便。

 ついで(次いで) 「次ぎて」のイ音便より。

 ついで(序で) 「次ぎ出」のイ音便。

 つに 語源説「尽きる日」「次ぐ日」「尽きるへ(辺)」。

 〜っしゃい 「っしゃれ」のイ音便。あるいは「っしゃりませ」のイ音便の省略形。

 〜でう 「でせ+む」のウ音便。

 どいつ 「どやつ」のイ音便。

 どうだ・どうい・どうなる 「ど」+引き音。引き音は由来がないのであ行の仮名で書く。

 どうぞ 「ど」+引き音。引き音は由来がないのであ行の仮名で書く。

 うとう 「到頭」の字音。

 どうも 「ど」+引き音。引き音は由来がないのであ行の仮名で書く。

 〜のとり 「通る」より。語源説「とほある(遠有)」「-掘る」。

 な 「なほ(直)す」より。語源説「なは(縄)」「な(綯)ふ」。

 〜なさい 「なされ」のイ音便。あるいは「なさりませ」のイ音便の省略形。

 にいさん 「あに」より。引き音は由来がないのであ行の仮名で書く。

 ねえさん 「あね」より。引き音は由来がないのであ行の仮名で書く。

 はい 感動詞はあ行の仮名で書く。

 〜はず 由来は矢筈の筈。語源「はすゑ(端末)」により「す」を濁る。

 ふつう 「普通」の字音。

 〜う(方) 「方」の字音。

 〜まう 「ませ+む」のウ音便。

 ま 語源説「前出づ」「-はつ(初)」。

 もう 「も」+引き音。引き音は由来がないのであ行の仮名で書く。

 〜のゆ 語源「由る分け」あるいは「寄居」より、わ行を保つ。

 〜よう(意志・推量) 「せむ」のウ音便「せう」が転呼した「ショー」などからできた助動詞「よう」。

 〜う(様) 「様」の字音。

 ようこそ 「よくこそ」のウ音便。

 うす 「様」の字音。

 うやく 「ややく」に引き音がついたもの。または「やくやくの」ウ音便。いづれにしても「やう」。

 〜らしい 「らし・らしき」のイ音便。

 

●現代文の中にわざとらしく書かれることが多い語の中には誤ってゐるものがあるので注意して下さい。

  (誤)  →   正

 (言いたひ) → たい 「言ふ」の活用「言ひ」と「たし・たき」のイ音便。

 (よゐこ) → よいこ 「よき・よし」のイ音便。

 (かほり) → り 語源「香居り」より。

 (どぜう) → ぢゃう 「土長」の字音より。   など


このページは完全版の「語の由来」を元にしてゐるものです。

戻る

総目次