あの日は何曜日?
10000年カレンダー

方角の十二支

北から時計回りに子、丑、寅・・・と12分して名付け、中間の方角はうしとら、たつみ、などという呼び方をしました。


時刻の十二支

深夜から子、丑、寅・・・と一日を12分して名付けました。お昼を正午というのはぴったり午(うま)の刻という意味です。午の刻の前は午前、後は午後というわけです。
これとは別に括弧の中のように時刻を数字で表すこともありました。午前の六つは明け六つ、午後の六つは暮れ六つと言いました。「お江戸日本橋七つ立ち」は午前四時ごろ出発の意味です。「おやつ」は午後の二〜三時ごろの意味から来ています。
(図中の現代の時刻は大よその対応を示すものです。)



このサイトはお役に立ちましたか? はい  いいえ

解説目次

戻る