あの日は何曜日?
10000年カレンダー

手作り万年カレンダー

暗算カレンダーのページに示した早見表を利用して手作り万年カレンダーを作りましょう。夏休みの工作や自由研究などにも最適だと思います。


1.簡易版 日付を固定して曜日の表示を動かす形式です。

厚紙で下図のようなセットを作り、裏面に上の早見表を貼り付けます。寸法は使いやすいように適宜設定してください。古い市販のカレンダーを利用してもよいでしょう。小さく作るときは裏に貼る表は簡易版を使って下さい。

・台紙

上のようにカレンダーを描き、点線の部分2ヶ所に細長く切った厚紙を貼ります。

・曜日の枠

上のようにカッターで7つの窓を開けます。
台紙の2本の厚紙の上に糊を付け、その上にこの枠を貼り付けます。

・曜日のベルト

文字を手書きする場合は枠に差し込んでから書き込むとよいでしょう。両端を折り曲げて抜けないようにします。薄い紙で長く作って両端を裏に回して糊付けしリング状にしてもいいでしょう。

・出来上がり

 

2.普通版 日付部分を動かす形式です。

・台紙

上下の点線部分に厚紙を貼ります。

・表紙

曜日を記入し、35個の窓を開けます。
台紙の上下の厚紙の上に糊を付けて表紙を貼り付けます。

・日付のベルト

数字を手書きする場合は表紙の下に差し込んで書き込むとよいでしょう。

・出来上がり


3.早見盤付き 裏に早見表を貼る必要がありません。

・台紙                         ・表紙

  

台紙の点線部分1〜3に厚紙を貼ります。表紙には縦長の窓2個と日付の窓35個を開けます。
台紙の1〜3の厚紙の上に糊を付けて表紙を貼ります。

・年と曜日のベルト

・日付のベルトは普通版と同じものを使います。

・出来上がり


4.年間版

・台紙 (原図

上下に厚紙を貼ります。

・表紙 (原図

大きな窓1つと各月の曜日部分の窓を開けます。
台紙の上下の厚紙の上に糊を付けて表紙を貼り付けます。

・ベルト (原図

・出来上がり

早見表の目的の年の矢印を○に合わせると12ヶ月のカレンダーが表示されます。


5.本格版 曜日表示を固定します。

・台紙 (原図

上下に厚紙を貼ります。

・表紙 (原図

大きな窓1つと24個の窓を開けます。
台紙の上下の厚紙の上に糊を付けて表紙を貼り付けます。

・ベルト (原図

・出来上がり

台紙と表紙は左右の余白を広く取って横幅の大きいものにするとより見栄えの良いものができます。


6.円盤タイプ

上に挙げたものはどれもベルトを左右にスライドさせるパターンのものですが、回転円盤形式(早見盤)にしても楽しいものができます。

例えば少し難しいですが次のような2枚の厚紙円盤で作る例を挙げておきます。

-------------------------------------------------------------------------------------

下の円盤概念図

下の円盤の外周には下図のように年数字がぐるりと書き込まれ、それぞれ数字のすぐ下にAからGuまでの記号が書いてあります。記号は早見表の一番右に載っているものです。記号部分は上の円盤に隠れ、切り込みを合わせると見えるようになっています。

年数字と記号
 上の円盤→

太字で「平年用」「閏年用」と示してあるのは毎月の日付の数字群です。これらは5.の「本格版」のベルトに書いたものと同じものです。「本格版」では縦に6ヶ月分ずつ二列に配列しましたが、ここでは平年用を1月分から12月分までを円状にぐるりと、またその下に閏年用を1月分から12月分までをぐるりと並べてあります。(下図のように数字群は少し山なりで12ヶ月全体で滑らかな円状になっています。)

毎月の日付の数字群の例

小窓用記号は上の円盤に開けた小窓に見える記号です。上下の円盤を重ねて小窓に「A」が見える時には各月の窓にAの年のカレンダーが現れ、また「B」が見える時にはBの年のカレンダーが見えるようになっています。uの付く記号は赤字にしてあります。記号が書かれない部分には記号の書かれた位置を見つけやすいように→と←を書き込んであります。

小窓用記号

-------------------------------------------------------------------------------------

上の円盤概念図

上の円盤には上部に小さな切り込みと小窓が開いています。また「本格版」の表紙に開けたような月の窓が平年分12個、ぐるりと同心円状に開き、その下に閏年分12個が同じように開いています。(窓は下の円盤の数字群に合わせて少し湾曲し、12ヶ月で滑らかな円状になっています。窓の上には月名と曜日が書いてあります。)

-------------------------------------------------------------------------------------

作業順序

厚紙とコンパス、定規、分度器、細かい字を書くペン(黒、赤)、鉛筆、消しゴム、カッター、ピンなどを用意する。

まず厚紙で下の円盤を作る。半径は10〜20センチぐらい。
外周には年数字と記号を書き込む。好きな年数だけ書き込むことができるが、文字が小さくなりすぎると見にくいので注意。

次に上の円盤を作る。半径は下の円盤の年数字が見える分だけ短くする。
適当な位置に切り込みを入れる。幅は
下の円盤の年数字1年分。長さは数字の下のA〜Guの記号がちゃんと見えるように。
その下に小窓を開ける。その幅は中心角にして
2度(分度器で測る)とする。形は正方形かやや縦長に。
平年と閏年用の各月の窓の配置の仕方は、まずコンパスで大きな円を薄く描く。中心は円盤の中心、半径は小窓のすぐ下までとする。これが平年用の窓の上枠になる。
その線から下に数字を6段書ける分だけ間隔を空けてさらに円を描く。これが下の枠になる。
さらに文字を一段書ける幅だけ下げて円を描く。これが閏年用の上の枠になる。
さらに数字6段分下げて円を描く。これが下の枠になる。
真上(小窓の方向)から時計回りに8度の位置に鉛筆で縦線を引く。これが1月の左枠になる。
さらに右に14度の位置に右枠の縦線を引く。
さらに16度右の位置に2月の左枠、
さらに14度に右枠、
さらに16度に3月の左枠というふうに12ヶ月分の枠を引いていく。それぞれ各窓の横幅は14
、隣の窓との間隔は16度である。
カッターで切り抜く前に全体が均等に並んでいるか確認する。
各窓のすぐ上に
〜月の曜日を書き込む。平年用の上には月名も書く。
円盤中央のスペースに使い方などを記入する。

次に上下の円盤を重ねて中心を仮にピン止めする。
適当な位置に回した所で小窓を通して下の円盤に「A」の記号を書き込む(大体2000年ぐらいの所が使いやすいかも)。
小窓を右に角度2
回して「B」を書き込む。
同様に順に「C,D,E,F,G,
Au,Bu,Cu,Du,Eu,Fu,Gu」までを書き込む(小窓用記号)。Aより左には→を、Guより右には←をたくさん記入しておくとよい。
次に上の円盤に開けた各月の窓の枠を下の円盤に鉛筆で薄く写し取る。まず小窓にAを合わせた位置で平年用の各窓の形を下の円盤に薄く写し取る(このとき各窓の左半分だけをなぞればよい)。
次に小窓にGを合わせて同じく右半分を写し取る。
同様に閏年用についても小窓を
AuGuに合わせて各月の窓の形を写し取る。(写し取った枠にはそれぞれ薄く1〜12月と書いておく。)

上下の円盤を取り外し、下の円盤に写し取られた各月の横長の扇形の枠の中に1月〜12月の数字群(本格版のベルト参照。左側の12個が平年用、右の12個が閏年用。それぞれ左上から縦に1〜12月分。)を枠にちょうど納まるように丁寧に書き入れる。1日分の幅は角度2度、ひと月分の幅は角度26度、隣の数字群との間隔は角度4度になるはず。

鉛筆書きした不要な線を消し、2枚の円盤を重ねて中心にピンを刺したら針の先を曲げて安全にすること。画鋲を刺して裏側からプラスチックの玉を刺すなどしてもよい。

使い方は、まず下の円盤の外周に印された目的の年の数字に上の円盤の切り込みを合わせ、現れた記号を読み取ります。同じ記号が小さい窓に現れるように円盤を回して合わせると12ヶ月のカレンダーが正しく表示されます。記号が赤字のときは下の閏年の列を見ます。

概略図しか示しませんでしたが、窓に数字が現れる原理は5.の「本格版」と同じです。作り方が難しい場合は一回「本格版」を作ってみると分かりやすくなると思います。



次に、下図のような毎日手で動かして合わせる組合せキューブ式(サイコロ式)の卓上万年カレンダーについてお話ししておきます。

木などを切って上のようなサイコロ型(キューブ)を6つ作ればよいのですが、はたしてキューブは6個で足りるでしょうか。

6つの位置を左から順にA、B、C、D、E、F と名付けると、
 Aの位置には「空白」と「1」を
 Bの位置には「0」から「9」までを
 Cの位置には「/」を
 Dの位置には「空白」と「1」から「3」までを
 Eの位置には「0」から「9」までを
 Fの位置には「(月)」から「(日)」まで。できれば「(祝)」をも
表示したいわけです。

1つのキューブには6面しかありませんから、BとEとFが問題になりそうです。もちろんそれぞれの位置用に2個ずつのキューブを作って全部で9個にしても良いのですが、置き場所をどうするかとか、散逸するのが心配だとかありますのでできれば6個だけでうまく使い回したいのですが、そのためにはそれぞれのキューブに文字をどう書き込めばよいでしょうか。あるいはそれは無理なのでしょうか。

実はその考える過程が非常に面白いのです。是非皆さんにも体験していただきたいと思いますので、ノートなどにメモしながらあれこれ考えて見てください。そして答えが出たらこのページの答えと照らし合わせてみましょう。

(なお、ちょっとした工夫や少々の妥協も必要であると申し上げておきます。)


このサイトはお役に立ちましたか? はい  いいえ

解説目次

戻る