日本語音声の概要

 

母音

 /i/, /e/, /a/, /o/, /u/

 /u/は[u]よりもやや前方で非円唇([ウ])である。また、/s/,/t/,/z/の後ではより中舌化する。
 /i/,/u/は前後がともに無声子音であるときは無声化する。また、前が無声子音で後が無音であり、かつ自身の拍のアクセントが低いときにも無声化する。

 

子音

 1 /p/, /t/, /k/, /b/, /d/, /g/, /s/, /h/, /z/, /m/, /n/, /r/

 2 /pj/, /tj/, /kj/, /bj/, /zj/, /gj/, /sj/, /hj/, /mj/, /nj/, /rj/

 /t/は/i/の前では歯茎硬口蓋破擦音、/u/の前では[ts]となる。
 /d/は/i/の前では歯茎硬口蓋破擦音、/u/の前では[dz]となる。
 /g/は語中で鼻音ともなれる。
 /s/は/i/の前では歯茎硬口蓋音となる。
 /h/は/i/の前では硬口蓋音、/u/の前では両唇音となる。
 /z/は/i/の前では歯茎硬口蓋音となる。
 /z/は語頭では破擦音となる。
 /n/は/i/の前では歯茎硬口蓋音となる。
 /r/は弾き音である。
 /r/は語頭で歯茎側面音ともなれる。
 2の系列のものは/a/,/o/,/u/の前のみに現れる。
 /tj/は歯茎硬口蓋破擦音である。
 /zj/は歯茎硬口蓋音である。また、語頭で破擦音となる。
 /gj/は語中で鼻音ともなれる。
 /sj/は歯茎硬口蓋音である。
 /hj/は硬口蓋音である。
 /nj/は歯茎硬口蓋音である。
 /rj/は弾き音である。

 

半母音

 /j/, /w/

 /j/は/a/,/o/,/u/の前のみに現れる。

 /w/は/a/の前のみに現れる。[w]よりも非円唇的である。

 

特殊音素

 /N/, /Q/, /R/

 /N/は調音点が次の音に同化した鼻音の拍である。
 /p/,/b/,/m/等の前では[m:]、/t/,/d/,/n/,/r/等の前では[n:]、/k/,/g/等の前では[軟口蓋鼻音:]、/s/,/z/等の前では[鼻音化摩擦音:]、母音・半母音の前では[鼻母音]、無音の前では[N:]となる。

 /Q/は調音点が次の音に同化した持続部のみの拍である。
 後続音にしたがって、破裂のない[p:],[t:],[k:]や[s:],[h:],[他の摩擦音:]となる。後続音が有声音のときは/Q/は現れにくい。

 /R/は前の母音を延長した拍である。
 前の音にしたがって[i],[e],[a],[o],[ウ]となる。

 

 等時的単位である「拍」が認められる。
 「拍」は母音1個、子音1個+母音1個、半母音1個+母音1個、特殊音素1個のいずれかで構成される。

 

アクセント

 拍を単位とする高低アクセントであり、2段階で記述することができる。
 語の第1拍と第2拍の高さは必ず異なり、1語中に高い拍が離れて現れることはない。

名詞のアクセント  (○は拍、△は助詞)

1拍
 △
       △
2拍
 ○△
 ○
○ △
     ○△
3拍
 ○○△
 ○
○ ○△ 
 ○○
○  △
   ○○△
4拍
 ○○○△
 ○
○ ○○△
 ○○
○  ○△
 ○○○
○   △
 ○○○△

動詞のアクセント(終止形)

2拍
 ○
 ○
3拍  ○
○ ○
 ○○
4拍  ○○
○  ○
 ○○○
5拍  ○○○
○   ○
 ○○○○

音声記号は便宜上通常のアルファベットまたはカタカナ等で代用した。

参考:日本語アクセントの概要

戻る