日本史の流れ(ページ2) 政治形態の移り変わり

 2   簡単年表 まとめ
時代名とその順番 年表

 

 日本史上の政治形態の移り変わりはごく簡単に言うと次のようになります。

原始時代から縄文時代は基本的には政治というものは未発達でした。

稲作(水稲)の普及により登場した豪族の一部がその後貴族となって政治を行いました。

そして貴族政治の下に発生してきた武士がその後貴族を圧倒して武家政治を行いました。

武家政治が終った後は国民全体が政治に関与できる方向(民主政治)に進んでいきました。

 それでは時代区分と政権の移り変わりについてもう少し詳しく見てみましょう。

 

〜縄文

弥生・大和・飛鳥・奈良・平安

 鎌 倉 


室町・安土桃山・江戸

明治


   旧石器時代と新石器時代(縄文時代)には貧富の差や階級などはほとんどありませんでしたので、人の上に立って行う政治というものは未発達でした。
   その後水田耕作が始まると大規模な定住が進み、貧富の差が生まれ、共同作業の管理などをめぐって優れたリーダーが台頭して豪族へと育っていきました。彼等は初めはムラ程度から、やがてクニといわれるまでの規模で人々を治めました。
 豪族たちは戦いを通じてまとまっていき、大王(おおきみ、天皇)を中心とする大和政権(ヤマト王権)となって国土を統一しました。その後の政権の中心は概ね畿内にありました。
 この貴族政治は仲間内の争いを経ながら熟していきます。(奈良時代・平安時代)
これ以前とこれ以後では政権の性格が大きく異なります。その意味は間もなく分かります。
   そういう中で台頭してきた武士階層が貴族内部の争いに乗じて政権を奪います。そしてまもなく関東に本格的な武家政権が誕生します。(鎌倉幕府)
   その後朝廷の巻き返しで一時的に朝廷政治が復活します。(建武の新政)
   新政は武士階層の反発を招いて倒され、武家政権に戻ります。(室町幕府)
 この時点ではすでに地方の武士勢力は強大な力を蓄えており、新幕府は地方に対する押さえに腐心しました。そしてその後有力武士間の争いが大きな争乱となり、引き続き全国的な戦国時代に入ります。(このころ貴族は文化的にも影響力を失いました。)
 その後門地は意味をなくし、有力大名同士が実力でつぶし合って、結局最後に勝ち残った武士が再び関東に幕府を開きました。(徳川幕府)
 この幕府は巧みに大名の力を抑えて長期政権を保ちましたが徐々に疲弊していき、政権末期、外国情勢を背景にした激しい討幕運動により終焉を迎えました。
これ以前とこれ以後では政権の性格が大きく異なります。その意味は間もなく分かります。
   新政府は名目上は朝廷政治の復活でしたが、すぐに国民中心の政治体制へと向かい始めました。


これが最も簡単な日本史の流れです。もし小学生が即席にこのように説明できたとしたらそれは大変な優等生に違いありません。(中学生でも難しいでしょう。)
これらのことは小学校で確かに習うのですが、他にもいろんなことを大量に習うので本当に大切な基本がどこにあるのか考えて頭の中にまとめる暇がなくなってしまうのです。学習指導要領を見るとこんなに欲張らなくても良かろうという気持ちにもなります。
かと言って、基本の基本だけを教えてそれでお終いとしてしまえ!と言い切る勇気は私にもありません。学校教育の難しさの一つだろうと思います。

ここまでの簡単まとめ

弥生 大和 飛鳥 奈良 平 安 鎌 倉 建武
新政
室 町 安土
桃山
江 戸 明治


































 貴      貴
 族      族
 政      の
 権      油
 が      断
 仲      を
 間      つ
 内      い
 の      て
 争      

 い      

 を      が
 繰      台
 り      頭
 返      す
 し      る
 な
 が
 ら
 続
 く


















  戦
  国
  時
に  代
よ  ∧
る  門
幕  地
府  は
   意
   味
   を
   な
   く
   す
   ∨






     外
     
     
に     
よ   
  
る    
 
幕    
 
府    
 
      動













次に各時代の主な変動の動機を整理してみましょう。

次に進む

戻る