日本史の流れ (ページ3)各時代の主な変動の動機

  3  年表 まとめ
時代名とその順番 簡単年表

 

原始

古  代

 中  世           近  世

近代

〜縄文

弥生 大和(古墳) 飛鳥 奈良 平安

鎌倉


(南北朝)室町(戦国) 安土桃山 江戸

明治

時代名とその順番について

 

各時代の主な変動の動機です。


人々は政府の束縛を受けずにその日暮らしの生活をしていました。


●弥生時代に入って急速に広まった水稲栽培は富の偏在、階級分化を促し、各地に小国家が生まれました。
    争乱の後、小国家の連合を卑弥呼が治めました。(邪馬台国)

●古墳時代には強大な権力をもつ諸豪族が現れ、その連合である大和政権(朝廷)が国土を統一しました。

●飛鳥時代に大和政権は豪族の専横を抑え、大陸の法制(律令)を模倣した天皇中心の中央集権体制を整えます。
    
蘇我氏が他氏を排斥し政権を奪おうとします。聖徳太子が改革に着手します。
    朝廷は蘇我氏を滅ぼすとともに中央集権を達成しました。(大化改新)
    以後の体制を律令国家といいます。

奈良、京都に巨大な都が築かれ、文化が爛熟します。
    律令国家の基盤である班田収授制が崩れ始め、有力者の私的土地所有が進みました。(荘園)
    
藤原氏が他氏を排斥して政権の中枢を独占しました。(摂関政治)
    これに対し藤原氏に関係の薄い天皇が、譲位したあとも政権を手放さない「院政」を行いました。
    天皇中心の整然とした律令国家の形は崩れました。

    なお、この時期に日本は大陸との交渉を絶ち、以後独自の発展に向かいます。

武士が力をつけ、平氏が政権の中枢を占めます。
    荘園内の有力農民が武士となっていきました。武士のリーダーとして貴族の流れである
源氏平氏が台頭しました。
    当初は武士が貴族に従属して貴族層内部の争いに代理戦争を戦いますが、のちに武士どうしが主体的に戦い、
    平氏が勝利して源氏を斥けました。平氏政権は名目上は朝廷に属する政権でした。(平清盛は「太政大臣」)

ここまでを古代といいます。平安時代がどんなに華麗に見えても政権の原理は古代のままの「血統」なのでした。ここで古代は終わりです。なぜでしょうか。
貴族政治にあっては権力者の資格は血統によって与えられているので権力を保つための努力や工夫ということには限定的な意義しかありませんでした。しかし武家政治においては権力者には権力を守るための工夫と努力が絶対的に求められたのです。このような根本的契機の発生によって、以後日本の政治は近代の方向へ向かってゆっくりと動いていくことになるのです。ここからを中世といいます。
以降、武家は朝廷の令外官である「征夷大将軍」の名によって朝廷から政治を預かっているという名目を立てます。
















源氏が平氏を破り、鎌倉に本格的武家政権を立てます。
    源氏が頼朝を中心に平氏に反し、これを滅ぼしました。
    執権の北条氏が権力を握り、
他氏を排斥しました。

反乱により鎌倉幕府が倒れ、一時朝廷が復権します。
    元寇などにより幕府が疲弊しました。
    地方武士の不満が
天皇の反幕運動に乗り、幕府を滅ぼしました。後醍醐天皇が政治を行いました。(建武の新政)

●再び武士が政権を取り、京都に室町幕府ができます。
    新政は武士の期待に応えられませんでした。天皇に味方していた足利尊氏が反乱して北朝を建て、武家政権を復活しました。
    従来東日本に片寄っていた武家政権が日本の中心を押さえました。

●地方の強大な武士が反乱し、全国的に戦乱が続きます。
    各地の有力な武士は守護大名となり、公然と幕府に挑戦しました。
    応仁の乱以後争乱が続き、幕府は有名無実となりました。
    下克上により戦国大名が現れました。実力のみで勝ち上がる時代。(戦国時代)

一応武力統一が成ります。(安土桃山時代)
    政権や社会の中世的性質(古代の影)が薄くなり、この時代から後を近世といいます。
    
織田信長が重要地域を平定しました。名目上も室町幕府は滅亡しました。
    
豊臣秀吉が信長の跡を継ぎ、全国統一しました。

関東に江戸幕府が開かれます。
    秀吉の死後、徳川家康が関ケ原の戦いで勝利しました。
    家康は全国の大名を巧みに抑え、幕藩体制が整いました。
    外国との交流を絶つ鎖国を行いました。

●外国情勢を背景に下級武士階級が中心となって幕府を倒します。
    複雑に発展した社会に統治がそぐわなくなり、度重なる改革による立直しが行われます。
    黒船来航を機に国論が割れ、開国に傾く幕府と
反幕派(尊皇攘夷派)が対立しました。
    反幕派も開国に傾きました。
    反幕派は戊辰戦争で幕府を滅ぼしました。

「大政奉還」と「王政復古の大号令」によって「征夷大将軍」が廃され、政権は名目的には朝廷に戻りました。
この後を近代といいます。
武家政治は自分たちのための政治でした。近代の政治は国民全体のための政治なのです。



●新政府ができました。(明治維新)
    新政権の名目は朝廷政治でしたが古代的政権ではあり得ず、間もなく憲法や国会が作られます。
    最初は国民の一部が主導して富国強兵へ向いますが、第二次世界大戦後には先進的民主主義国家の一員となります。

 


基本的なこと

貴族とは豪族の中から抜きん出た王家(皇族)とそれを取り巻く有力な一族で、全人口のほんの一握りです。
 元々権力の源泉は「富」という実質的なものでしたが、世襲によりそれが「血統」という名目へと変質したのです。時代によって王(天皇)の専制の度合いは異なります。
 飛鳥時代には土地を公有として人民に分配し税を取りましたが、やがて個々の貴族たちは土地を私的に支配していきました。(荘園)
 
貴族(公家)政権は原理的に血統によって資格を保証されていましたのでその分の努力や工夫は必要ではありませんでした。

武士とは荘園内の有力農民などが自衛(税逃れ)のために武装したものがはじまりで、その後地方に土着した貴族の流れを中心にまとまっていきました。
 武家政権は最初は朝廷からの任命で政治の半分を任されたという体裁を取っていましたが、貴族等の荘園の権利を次々と奪い取っていきました(中世)。
 その後政治の実質を独占し、荘園を解体して、支配する土地の一元的な領主となりました(近世)。
 
武家政権は武士階層をまとめるものです。自らの努力と工夫によって武士階層の支持を得なければ滅亡に至りました。
 上位権力者が下位の権力者に土地を与えて忠誠を求める支配制度を封建制といいます。中世と近世は封建時代とも言えます。

民主政治は国民の付託により、憲法と法律の下に行政を行います。
 土地はすべてその所有者に対して国家が公平に課税します。
 
民主政権は選挙によって選ばれるので国民多数の支持を得る努力が不可欠です。


高校生の皆さんにはここまでのところをしっかり理解していただきたいと思うのですが、現実には学校ではあまりにもたくさんのことを習うので、このような流れの認識の大切さにまで思い至らないのが実情だと思います。学校教科書のあり方にも工夫の余地がありそうです。

ここまでの簡単まとめ

古代 中世 近世 近代
貴族による政治 名門の武士による政治 勝上がった武士による政治  
弥生 大和 飛鳥 奈良 平 安 鎌 倉 建武
新政
室 町 安土
桃山
江 戸 明治
水邪
田馬
稲台
作国

























聖中  摂武院
徳央  関士政
太集  政発 
の子権  治生 
専の∧ 
横改大 
 革化
  改
  新
  ・
  律
  令
  国
  家
  ∨
元天
寇皇
 の
実 反
権 幕
に握 
よる 














源守応戦
氏護仁国
の大の時
流名乱代
れの ・
の台 戦
頭 国
  大
  名















  
  
  な 
のに   
戦よ  
 
いる  
 
 幕  
 
 府  
 
     
    
    
    













 時代名とその順番について


いま、歴史上で政権の主体の移り替りに影響を与える動機は次の二つだと考えてみましょう。

 A 政権層内部勢力同士の争い
 B 政権層外部勢力からの挑戦

 すると上に述べた歴史の動きはどれがAでどれがBに当たるでしょうか。そしてそのような動きが起きたのはなぜなのでしょうか。
 このように考えてみると日本史の流れがよく理解できるようになります。

 もう一つ、その後も長い間古代的専制が続いたアジア地域の中にあって、なぜ日本が早期にそこから脱却でき、また西欧の植民地化をも免れることができたのでしょうか。それを考えるのも日本史の一つの大きなテーマです。


 次へ

 戻る