さるさる日記 2006 

 

2006.1.13-2006.9.4

 

TITLE: 今日はお出掛け

DATE: 09/04/2006 15:32:39

今日は、パソコンのことで近くまで出かけてきました。<br>今、そちらにお邪魔して、この日記を書いています。こんな使い方もあります。<br>今日も残暑が続いています。

-----

--------

TITLE: たまには、自分を褒めてやろう

DATE: 07/03/2006 23:48:23

日記を書くのは、何十日振りだろうか。<br>なぜか今日は書く気になった。今日もパソコンレッスンで近く(車で10分くらいのところ)に出張した。<br>今日の受講者は、中レベルのパソコン使用者で、過去に何回もレッスンをしている方だったが<br>比較的、高度な課題を習得したいと言うことだった。WEBカメラを使ったパソコン通信とか、音楽をダウンロードして<br>CD化するとか、ファイルにパスワードをつけて、他人に見られなくするとか、その他、比較的難しい課題で<br>これまでに私の経験しない分野も含まれているが、いやしく教える立場にあって、これは分りませんでは、拙いわけだ。<br>そんなことで、事前学習し、内容を理解し、把握して、兎も角も対応することができる。<br>私より25歳ほど若い人にも、教えるわけだ。<br><br>まだまだ、新しいことをどんどんと吸収できる自分を、たまには褒めてみたいと思っただけ・・・<br>これは、やはり元エンジニアのはしくれ、同じエンジニアが作り上げたシステム、仕組みを理解できないことは<br>なんか変なプライドが許さないみたいだ。老体に鞭打っているわけではないが、まだまだ頑張れる自分を<br>内心、頼もしく思った日だった。

-----

--------

TITLE: クレマチス

DATE: 05/01/2006 00:09:35

今日、二輪目のクレマチスが咲きました。<br>濃い紫色の大きな花です。蕾がたくさんありますから、これから次々と咲きそうで楽しみです。<br>冬場は枯れ果てた枝を引き抜きたくなるような代物でしたが<br>不思議な生命力というか、見事に蘇るのには驚きます。<br><br>今年は、公民館の環境講座の実行委員長を降りて、一安心したのですが<br>写真同好会の代表ということから、<br>またしても公民館の全体運営(サークルの)に関わることになり、この7月に公民館祭りをやるというので<br>何やら準備に何回も駆り出されています。しかしこの運営の仕方には、はっきりいって疑問をもっています。<br><br>長く携わっている女性陣が今年も中心的に活動していて、その活力には敬服っするというか、圧倒されそうですが<br>何しろ事の進め方が、きちんとしていない、あきれてしまうことが多くあります。物事をひとつずつ、確実にクリアして進む<br>そうしたやり方が不得意のようです。<br><br>あいまいで、結論をはっきりと出さない、しつこくそれをいうのですが<br>なかなかピンとこないらしいですね。

-----

--------

TITLE: 日記を見てくれる方々に

DATE: 04/29/2006 23:10:57

この日記には、毎日何人の方が見てくださったか<br>アクセスカウンターなるものがついているのです。このところ殆ど書いていないのに<br>毎日覗いてくださる方がいる。<br><br>毎日、白紙では誠に申し訳がないのです。さりとて人のために書くものではありませんが・・・<br><br>今日は、大相撲の稽古総見があって、国技館で無料で公開されることになっていて、行こうか、どうしょうか、<br>昨日から思案をしていたのですが、あまりにも早起きしなければならず<br>今年は止めにしました。<br><br>何しろ開場が午前7時からということで<br>別に開場時間までに行かなければならないわけではありませんが、どのみちかなりの早出になりますので。<br><br>今日、庭のクレマチスが一輪開花しました。<br>昨年、買って植えたものですが、なんの手入れもしませんでしたが<br>咲いたことが嬉しいです。<br><br>それから昨年暮れから、血圧が高いことになって、<br>以前はむしろ低血圧だったんだが、何かの検査で測ったとき、かなり高くなり<br>それから血圧を下げる薬を飲んでいる。自宅の簡易型血圧計では高い方が<br>125〜145くらい、<br>低いほうが80〜100くらいなんです。<br>測定のバラつきが幅で20くらいあり、概ね平均値を記録しています。<br><br>ところが病院にいって、廊下におかれている血圧計で測ると、110の78くらいと随分と低いのだ。<br>なにが正しいのだろうか。

-----

--------

TITLE: パソコンの立ち上げ

DATE: 04/14/2006 21:58:47

4月12日に修理が上がってきて、その日、立ち上げの作業を行ったが<br>おおよそのものは、約8時間をかけての作業となった。だが翌日、その続きを始めたが<br>CDの読み込みが出来なくなり、急遽、販売店にもちこんだが、どうもそのドライバが消失しているとのことで<br>そのお店でシステムの復元をして、ドライバは復活することができた。<br><br>しかしまた、これまで組み込んだものが全部なくなり、再びの作業となった。<br>もうこの作業は、3月から3回目となり、要領も手順も呑み込めてきたので<br>今度は、おおよそのものは5時間程度で<br>終えることができた。取り敢えず、ほっとした。<br><br>なんでこんなにかかるかというと、一番時間のかかることは、Windows XPへのSP-2の適用だ。<br>DLに1時間あまりかかり、そのインストールにも20〜30分かかる。その次はウィルスソフトのDLとインストール<br>それからアプリケーションソフトが、たくさんあるのだ。それにかかわるもろもろの設定・・・

-----

--------

TITLE: またパソコンが壊れる

DATE: 04/03/2006 23:27:43

今日、またパソコンが壊れてしまった。<br>サポートセンターともやりとりしたが、救済できずまた修理センター行きとなった。<br>多分、ハードデスクが駄目だろうから、保存データは消失、<br>いくつかの大事なデータもパーだ。<br><br>あのパソコンは故障が多いこともあるし、来年には新しいWINDOWSのビスタというOSが市場にでるようなので<br>そのころに新型を買いたいものだ。

-----

--------

TITLE: WBCで決勝に進む

DATE: 03/19/2006 20:40:55

宿敵、韓国を破り、決勝に進出することとなった。<br>最近、押されっぱなしだったので、久々の快挙だ〜〜〜<br><br>二、三十年前の韓国の野球のレベルは日本のプロ野球の二軍程度の実力であったが、<br>どんどん力をつけて、いつであろうか日本を凌駕するまでの力をつけた。<br><br>野球に限らず、悉く彼らは、特に日本に対して敵愾心とも思えるほどの、強い気持ちをぶつけてくる。<br>その歴史的な背景を、ここでは語りたくないが、日本も彼らの技術革新に大きく貢献もしているのも忘れないで欲しい。

-----

--------

TITLE: デジタル・オーデオプレーヤ

DATE: 03/15/2006 23:19:59

今日、デジタル・オーデオプレーヤを買った。<br>若者の持ち物の代名詞といった製品だが、音声の色々な取り扱いにも<br>便利と思い、カタログなどで、機能を色々と調べていたもので、ようやく買う決心をして、手に入れた。<br><br>メモリーサイズは、512MBのもので、ボイスレコーダなどの機能、ダイレクト・エンコードも可能で<br>何かと便利そうに思えたのだ。早速、好きな音楽を50曲ばかり入れたが<br>あと70曲くらいの余裕はある。<br><br>たった100円ライターくらいのサイズで、高音質で、こんなに沢山の音楽が収納できる<br>40年前には考えられない、夢のような性能が、わずか1万円のお値段でゲットできるのだから、素晴らしいね。<br>しばらく、ウ〜ン、飽きるまでは、我が遊びの道具になってくれそうだ。

-----

--------

TITLE: ソフトの購入失敗する

DATE: 03/10/2006 23:32:12

MIDI音楽のための、より高音質なソフト音源ということで<br>今日入手したソフト音源は、こちらの使用環境にそぐわず、うまく使用出来ないことが分かった。<br>こんな失敗は初めてだが、正直のところ中味を正確に理解していないために<br>起きたことだ。<br>なかなかこんな内容を教えてくれる場所はないから、適当になってしまうのだ。<br><br>この失敗でこの先の整備が、しばらくは出来そうもない。<br>この失敗のほとぼりが、冷めるまではネ・・・

-----

--------

TITLE: ハードデスクが壊れていた

DATE: 03/06/2006 22:12:07

修理依頼中のパソコンは、やはりハードデスクが破損していて<br>交換しなければならないという連絡が入った。費用も5万円ほどで3万円は保証があるので<br>2万円ほどを負担しなければならない。<br><br>お金のこともそうだが、保存されているデータはすべて駄目になり、おまけに色々なアプリ・ソフトも<br>再度、インストールしなければならない。<br><br>データ類も、そう頻繁にバックアップを取っているわけではないので、<br>完全に失われてしまうのもかなりある。<br><br>仕方がないものの、悔しいことだ〜〜

-----

--------

TITLE: ブログを再開

DATE: 03/05/2006 20:08:29

ブログを再開した。この日記との使い分けを<br>どうするかだが、どちらも大したことを書いてもいないので<br>どうでもいいのだが、いずれ集約していくだろう。<br><br>今、野球のワールドカップに相当するような、WBCが開かれているが<br>アジア予選、日本は、中国、台湾を連破して、二次予選への進出は<br>決めているものの、今、韓国と予選一位をかけて<br>試合をしているところだ。このところ、スポーツ界は韓国に押されっぱなしなので<br>この試合は、何とか勝って欲しいものだ。

-----

--------

TITLE: プロフェッショナル

DATE: 02/28/2006 22:51:33

NHKのプロジェクトXの後継番組として始まっている<br>「プロフェッショナル」と言う番組は、「プロジェクトX」とは、一味違った視点で番組を編成しているようである。<br><br>どちらかというと、才能豊かな人の活躍に光をあてているようで、<br>凡人から見ると、そうした活躍が、極端にいうと、いやみに感じられてくる。<br><br>「プロジェクトX」は、どこにもいる普通の人たちが、努力して成し遂げる物語であった。<br>日本の高度成長を支えた多くの人々の記録でもあった。そんなところに我々、凡人には共感がもてた。<br><br>これもまた時代の流れであろうか。あの「プロジェクトX」は、シニア世代の追悼碑だったのかも知れない。

-----

--------

TITLE: パソコンは修理工場へ

DATE: 02/26/2006 23:19:56

昨日来、トラブルとなっていた<br>デスクトップパソコンを遂に修理工場に送りだした。<br><br>どうやっても最後まで立ち上がらない。何かに抑えられたように、<br>動作が非常に重たいのだ。以前にも類似の症状があった。<br><br>早速、メーカーの修理工場へと・・・<br>暫くはノートパソコンと付き合うことになる。

-----

--------

TITLE: パソコンに障害発生

DATE: 02/25/2006 23:27:58

今、主に使っているデスクトップパソコンが起動の途中で<br>停止して立ち上がらないという事態になっている。セーフモードで立ち上げようとしても、途中で進行が停止してしまう。<br>立ち上がりが重くなっているということなのか・・・・<br><br>今はノートパソコンで書き込んでいるが、色々な機能やソフト、データはデスクトップの方に収められているので<br>こちらからは、大したことはできない。どうもトラブルは土日にかけて発生することが多く<br>月曜日までは、メーカーのサポートも受けられないのだ。<br><br>もし修理で、ハードデスクの情報が消えてしまうと、消失してしまうデータも多く、それ以外の復旧にも一週間はかかってしまう。<br>困ったことだ。

-----

--------

TITLE: 金メダル、そしてゴルフ

DATE: 02/24/2006 23:21:32

今日は藤沢ゴルフ場へ6時30分に出かけたので<br>オリンピックの女子フィギュアの演技をライブでみることは出来なかったが<br>途中で荒川選手が金メダルを取ったということを聞いた。<br><br>ようやくメダルが取れて、しかも金メダルだったので<br>良かった、良かったと安堵した。これが駄目なら、メダルゼロの可能性が大きかったからね・・・<br><br>ところで藤沢GCへは正月以来、今年2回目となる。今年は、この藤沢だけで<br>山のほうの、神奈川カントリーは冬の間はお休みと決め込んだ。<br><br>神奈川なら、セルフで6500円(食事込み)でプレーできるが、安いといっても、<br>この藤沢は、色々な特典を利用しても15000円(食事込み)はかかる。しかし自宅から近いし平坦なコースで、冬場は楽にプレーできるところだ。<br>スコアは、残念ながら90で、80台とは行かず。<br>寒いし、午後から雨だから仕方がないということにしておこう。<br>それにライバルとしているIさんのスコアを上回ったのでいいだろう。<br><br>それにしても、もうすこし良いコンデションでプレーしたいものだ。

-----

--------

TITLE: トリノオリンピックは終盤に

DATE: 02/23/2006 20:41:38

トリノオリンピックの日本選手の不振には目を覆いたくなる。<br>日本の力の衰退が、スポーツの世界にまで及んできたかと思ってしまう。<br><br>メダルが1個、取れるかどうかという状況になっている。<br>日本が飛躍して、力が漲っていた昭和30〜40年代からみると<br>全ての分野で日本の活力が衰退していると感じる。<br><br>或る意味で、日本の社会資本は豊かになり、昔とは較べようもないほど成熟してきているが<br>なんともダイナミックさに欠ける。<br>どの分野でも、中国、韓国などの力に圧倒されそうだ。<br><br>日本には充分な潜在能力はあるはずなんだが・・・・<br>日本が復活するには若い力が必要だ。若者に期待したい・・・・

-----

--------

TITLE: 掲示板への横文字の書き込み

DATE: 02/22/2006 23:22:41

最近、我が掲示板に不当な書き込みが、<br>毎日、10通くらいあり<br>朝から、まず一番に掲示板の掃除というのが日課の仕事になった。<br><br>投稿されるパソコンのIPアドレスがわかるので、このアドレスの書き込み投稿を拒否できるのだが<br>最近はどんどん新手のアドレスからの投稿が仕掛けられ、いくらやってもキリがなく、<br>とうとう拒否設定を諦めてしまった。<br>まったく怪しからん輩だ。これらは海外からのものが多いようだ。

-----

--------

TITLE: 昨夜の雨

DATE: 02/21/2006 23:46:31

昨夜はかなりの雨が降ったようだが<br>朝には上がっていた。さほどに気温も低くはなく、春の近づいて来るのを感じる。<br>火曜日は週刊の五泉市民新聞が送られてくる。<br>編集部のHさんが、送ってくださる。もう一年になる。こうした生の情報に接することができるのも有難いことだ。

-----

--------

TITLE: MIDI音楽の続き

DATE: 02/20/2006 23:37:25

昨日に続き、MIDI音楽の音源について<br>あちらこちらと調査、研究のため、サイトを歩きまわった。<br>MIDI音源はほんとうに、ピンからきりまであって、うん十万円から数万円まであるが<br>どのへんが自分に相応しいのか分からないのだ。そのうちに自分のパソコン内にも、<br>パソコンの購入時についてきたもの以外に、SSWソフトに付属してインストールされているVSC音源<br>というのがあることに気付いた。<br><br>これでMIDIを再生してみたら、従来のものよりもかなり良い音になるので、これを使ってみようということになった。<br>これを使えば仕上がった音楽も、他人が聴いたときによく聞こえるのだろうか・・・<br><br>まあとにかく、トライしてみようということで、既制作のMIDIデータを書き換えてみた。<br>果たして、どんな風になるだろうか。

-----

--------

TITLE: MIDI音楽の作成ツール

DATE: 02/19/2006 20:30:37

今日は、他のMIDI音楽サイトを何箇所か、<br>歩いてみたが、実に上手く作られているところがあり、感心してしまった。<br>いや、じつに綺麗な音色になっている。そこでMIDI音楽について、その作成方法を探索するはめになった。<br><br>我がサイトとは比べものにならないほどの綺麗な音色は、作成のテクニックによるものではなく<br>いや、多少はあるかもしれないが、作成するツールとその音源にあることが何となく理解できた。<br>YAMAHAやROLAND社、他などから販売されている。<br>聴く側の環境も重要だが、作成する環境も仕上がりに大きく依存することが理解できた。やはり音源モジュールを持たないと<br>駄目なのかも知れない。ただどの程度の効果があるか、分からないので、投資をしようかどうか、迷ってしまうのだ。<br><br>しかしハード音源は、高機能といわれているが、色々考えるとソフト音源がいいのかな・・・<br><br>さらに、こんなものがあったらと思っていたツールが、河合楽器などから販売されていることも知った。<br>楽譜をスキャナーで読み込んで楽譜を作成し、演奏ができるというものだった。やはりあったんだと思わず、叫んでしまった。<br>だがこれも、読み込んだものを編集する機能が付いているが、どのようなものか詳細は分からず、現用のものとの<br>使い勝手を比較できない。<br><br>いずれにしても、欲しくなった。

-----

--------

TITLE: 確定申告

DATE: 01/26/2006 22:23:54

今年は確定申告の書類の送付されるのが遅く、23日に配達を受けた。<br>多分、昨年は還付が無かったからかもしれない。<br><br>昨日、この確定申告の書類をまとめた。申告すべき内容が多少、変わっていること<br>また年一回ということもあり、考え考えの作業となった。<br><br>昨年は、コンサルの収入がそれなりにあったため、少々、税金を納めることになったが、<br>今年はほんの僅かな収入だったので、<br>計算した結果は、嬉しいことにちょっぴり、還付されることになった。<br><br>今日は、JEMAIが主催する環境監査員の<br>講習会が新宿の文化センターであり、昼前にでかけた。<br><br>新宿の街も久しぶりだが、随分と変わったものだ。<br>総じて街は見違えるほど綺麗になった。よく出かけたのは40年ほど前だから<br>それは、当時と較べれば月とスッポンというものだろう。<br>歌声喫茶が盛んな時代だった。そして安保闘争が過激に行われていた時代だ。<br>若者のエネルギーは学生運動に注がれていた。<br>そして「神田川」の歌が似合う時代だった。

-----

--------

TITLE: 川田正子さんが亡くなる

DATE: 01/25/2006 19:46:49

童謡歌手の川田正子さんが、22日に亡くなった。<br>童謡歌手の代表のような彼女も、70歳を越えていた。「みかんの花咲く丘」など我々の子供時代から<br>慣れ親しんできた彼女だったが、<br>今の社会の中では、あまりインパクトを与えることはなかったようだ。<br>24日の朝刊に死亡記事が載っていたが<br>それ以外には、テレビなどでの追悼放送なども今のところは聞かない。<br><br>或る意味では美空ひばりに匹敵するほど時代にインパクトを与えたと思うが、<br>社会全体からは忘れさられたのだろうか。<br><br>昭和20年代までは、子供向けに多くの童謡が作られ、子供たちに歌われてきたが、<br>今はそうした歌が子供たちに歌われることは少なくなった。<br><br>先日、理髪店に行ったとき、BGMとして聞こえてくる歌は、テンポの速い、抑揚のない歌ばかり、<br>その理髪店には年輩の客が多いが、ず〜とこんな音楽を聴かされてしまうのだから、<br>堪らない。BGMは若い理髪師のために鳴らしているのか<br>ちょっと頭にくることだ。

-----

--------

TITLE: 錬金術だったのか

DATE: 01/23/2006 23:27:39

今、テレビではライブドアの堀江もんらが逮捕されたニュースで持ちきりだ。<br>時代の寵児ともてはやされた彼らが、不法といわれるマネーゲームによる結果だとすれば残念なこと。<br>我々の世代には、まともだとしてもマネーゲームというのは、非生産的な虚業にみえるのだ。<br><br>荒廃した戦後から、立ち上がったのは物作りからだった。当時は、Made in Japan 粗悪品の代名詞といわれたが<br>昭和30年代から我々日本人は、寝食を忘れるほど良く働き、その結果、Made in Japan のブランドは高品質、高級品という<br>代名詞へと格上げされた。このことは大変、誇れることだと思う。<br><br>しかし今、我が日本はこの物作りを蔑ろにし、何やら皆がパソコンに向かって仕事をしているようにみえる。(自分もパソコン漬けか・・?)<br>額に汗して働くことを蔑視し、それが次元の低いものだとする考えが支配的になっている。<br><br>もっとみんなが原点に立ち返り、価値観を再考してみなければと思う。<br>バランスのとれた経済基盤、社会構造にしないと、中国の膨張する経済力のなかに飲み込まれ、<br>壊滅し兼ねない。

-----

--------

TITLE: 大相撲初場所

DATE: 01/22/2006 19:50:25

朝青龍の八連覇を阻止したのは、大関、栃東だった。<br>朝青龍の強さは認めるが、いつまでも勝ち続けるのは心情的に認め難いことだった。彼の強さは抜きん出ているが<br>明らかに周りに、強力な相手がいないこともこんな結果になっていると思う。ある種の空白の時代の中で、強さが浮き彫りになったともいえる。<br>相撲だけは日本人の強さを他に譲ることのないスポーツと思っていたことも、もはや夢のまた夢となった。<br>あの大鵬、北の湖の記録がなんなく破られ、築かれてきた歴史と伝統が蹴散らされるような気持ちになってしまう。<br>あの双葉山の記録が破られたら、どうしょうかと思ってしまう。<br><br>かつての日本人の強靭な足腰というのは、このひ弱になった日本人の中からは消えうせ、<br>その強さはモンゴル人の中にしか見ることが出来なくなった。<br><br>小錦が初めて、幕内上位にあがって、当時、全盛であった北の湖、千代の富士をいとも簡単に跳ね飛ばしたときも<br>ショックだったが、今の朝青龍はそんなもんじゃないね。<br><br>相撲は、千代の山、大鵬、千代の富士のファンとして、何十年も関心を持ってきたが、今は特別に応援する力士はいない。<br>大相撲の記憶は、昭和27年春場所に、千代の山と羽黒山が終盤で対戦し、羽黒山が勝って優勝を決定ずけた<br>一番をラジオで聞いた記憶から続いている。

-----

--------

TITLE: 小学校の同級会

DATE: 01/13/2006 23:43:27

小学校の4年生までのクラスの同級会<br>この同級会には色々な思いがあるのだが、先日の10日に東京の六本木で<br>東京周辺にいるものだけで、同級会を開いた。<br>場所は関塚くんが、かっての勤め先の会社施設を用意してくれた。<br>あの六本木のかなり立派なクラブで、わずか4000円ほどの会費で<br>楽しめたのだから満足であった。<br>男性3名、女性5名の参加であったが、実はS君は、煩くて酒が入ると、座がしらけるから声をかけるのは止めようと<br>関塚君と決めていたのだが、ひょんなところから話が漏れて、出席することになった。<br>案の定、遅れてくるは、煩いはで、予想通りの結果だった。<br><br>関塚くんは、元大地主(庄屋)のお坊ちゃんであったが、戦後の農地解放で旧地主は零落し、彼らも辛酸をなめることとなったが<br>彼は俊才で、我が学年(450人くらい)で唯一の東大出身者である。彼も昨年、仕事をほぼ終わり<br>第二の人生を歩みだしているが、さすがドイツ語を勉強して、ヨーロッパを見聞する計画を進めているとのことだ。

-----

--------