日 帰 り  ド ラ イ ブ プ ラ ン
下北半島一周

全走行距離639km=一般道467km+高速道172km
新たに自動車専用道路などが建設されたことにより
ルートが変更になっていることがあります。
お確かめの上、お出かけください。
安比高原
| 15km (R282)
安代I.C.
| 86km (八戸自動車道)
下田百石I.C.
| 110km (R45)(R338)(県道)
尻屋崎
一面芝におおわれた台地が広がり、背が低く胴長で足が太い寒立馬(かんだちめ)が放牧され、白亜の尻屋崎燈台が立つ牧歌的な風景。周辺の海域は難所として恐れられた。
| 42km (県道)(あすなろライン)
恐山
高野山、比叡山と並んで日本三大霊場のひとつとされる信仰の山。イタコの口寄せでも知られている。荒涼と広がる山肌からは亜硫酸ガスや熱湯が煮えたぎるように噴出し、血の池地獄、修羅地獄などといった名がつけられ、この世とあの世の境といった様子。
| 55km (あすなろライン)(R279)
大間崎
本州最北端の岬で、突端に「ここ本州最北端の地」と刻まれた石碑が立っている。津軽海峡の向こうには北海道の函館山を望むことができる。600mの沖合には弁天島が浮かび、白黒の縞模様の灯台が立っている。
| 40km (R338)
仏ヶ浦
津軽海峡の荒波がつくりあげた自然の造形。五百羅漢、如来ノ首、観音岩など仏の名にちなんだ名称の奇岩や怪石が、約2kmにわたって連なる美しい海岸線。急な遊歩道を15分ほど下ると海岸に下り立つことができる。国の名勝、天然記念物に指定されている。 
| 40km (R338)
脇野沢
世界のサル分布の北限地で、野生の猿がおり、餌づけもされている。毛が深く、銀色に近いのが特徴。遊歩道からも眺められる。国の天然記念物に指定されている。
| 102km (R338)(R279)
野辺地
| 48km (R4)(R45)
下田百石I.C..
| 86km (八戸自動車道)
安代I.C.
| 15km (R282)
安比高原
 
北東北のドライブ案内一覧へ
週間天気予報大間崎

大きな地図で見る方はこちら