日 帰 り  ド ラ イ ブ プ ラ ン
津 軽 半 島

全走行距離427km=一般道205km+高速道222km
新たに自動車専用道路などが建設されたことにより
ルートが変更になっていることがあります。
お確かめの上、お出かけください。
安比高原
| 15km (R282)
安代I.C.
| 118km (東北自動車道)
青森I.C.
| 2km (青森環状バイパス)
三内丸山遺跡
今から約5500~4000年程前(縄文時代前期~中期)にかけての遺跡。500を超える竪穴式住居や大人の土坑墓、子供の土坑墓、さらに、大量の遺跡が捨てられた谷(泥炭層)などが見つかった。約12haの敷地内には竪穴式住居5棟、大型竪穴式住居1棟、掘立柱建物3棟、大型掘立柱建物1棟が復元されている。見学無料。ボランティアガイドの案内有。約40分間。
| 58km (青森環状-西バイパス)(R280)
袰月海岸
約3kmの海岸で、柱状節理がみられる断崖上に灯台が立つ高野崎、断崖下の岩場にかかる潮騒橋・渚橋など奇岩・怪石がみごとな鋳釜崎などの見所がある。高野崎には津軽方言の詩人、高木恭造の文学碑がある。
| 25km (R280)(R339)
龍飛崎
津軽半島の突端で、北海道の白神崎と20kmの距離にある。岬は台地状の草原で、龍飛崎灯台が立っている。灯台の近くには、太宰治文学碑や吉田松陰詩碑・青函トンネル記念館(体験坑道)、竜飛ウィンドパークがある。7月頃には海岸一帯に濃い、紫のアジサイが咲き乱れる。
| 25km (R339)
小泊
日本海に突き出した全長6kmの岬で、海抜229mの最高所付近に飛竜権現を祭った尾崎神社がある。先端部は巨大な岩山となって海に落ち込み、七里長浜や岩木山などスケールの大きい展望も楽しめる。探勝は岬の付け根にある小泊や下前から徒歩で。一帯は津軽国定公園に指定されている。
| 12km (R339)
十三湖
東西7km南北5kmの潟湖で、幅250mの水路で日本海と結ばれている。昔は十三湊(とこみなと)として栄えたところ。水路にかかる橋からの眺めが良い。シジミが名物。
| 23km (R339)
金木町
この地の大資産家であった津島家の旧邸宅で、太宰治の生家。建物は明治40年(1907)建築の入母屋造りですべてヒバを使っている。昭和25年からは旅館「斜陽館」として営業していたが、平成8年に町が買い取り10年より当時の姿に復元し、金木町太宰治記念館「斜陽館」としてリニューアルオープンした。
| 12km (R339)
五所川原市
| 18km (R101)
浪岡I.C.
| 104km (東北自動車道)
安代I.C.
| 15km (R282)
安比高原
北東北のドライブ案内一覧へ
週間天気予報三内丸山遺跡(青森市)
週間天気予報竜飛崎
週間天気予報十三湖(五所川原市)

大きな地図で見る方はこちら