この歌詞を正しく理解してもらうために解説します



鎮魂頌/ALI PROJECT

イ)愛する者を
  守りぬくため
  僕らは命を
  投げ出せるだろうか

ロ)この手に握る
  平和という名の
  剣をかざして
  戦うのだろうか

ハ)生まれくる前の我
  それは今ここに
  眠る英霊か

ニ)真白き鳩が
  舞い降りるたび
  さわぐ梢の間
  真昼の月

ホ)迷える小径
  たどりついた地で
  遠い兄のような
  声を聞く
  ああ君 我の代わり生きよと


へ)頭を垂れて
  祈りつづける
  老いし人の背に
  ゆらいだ陽炎

ト)終わりなき悲しみを
  包み抱くのは
  誰が眼差しか

チ)蝉時雨だけが
  降り注ぐ日の
  まばゆい空の
  青さが染みる

リ)さまよう心
  呼び戻した地に
  優しい姉のような
  唄を聞く
  ああ君 死にたもうことなかれと







ヌ)真白き鳩が
  飛び立ってゆく
  翼の先の
  光に向かい

ル)忘れることなき
  涙の川の
  果てない流れを
  人は渡り

ヲ)生きる果敢なさ
  生きる尊さを
  巡る時のなか
  僕らは知る

ワ)迷える小径
  たどりついた地で
  遠い兄のような
  声を聞く
  ああ君よ 己がため強くあれ










イ) 愛する人のために、命を捨てることができますか?

ロ) "平和を守るため"に戦うことが、できますか?

ハ) 今の君は、そんなふうに死んでいった人の、生まれ変わりであるかもしれないのです。
  一度でも、そんな風に思ってみてください。

ニ) その地には白い鳩しか舞い降りず、あたかもそれは、眠る魂の化身のようです。
  揺れる梢の向こうには、真昼の白い月がかかり、静寂があたりを包み込んでいます。

ホ)「迷える小径」…"この地で会おう"と言って散っていった命が、辿った道のこと。
   あるいは、現世を生きる君の、人生の迷い道のこと。
  「たどりついた地」…靖国の地。
  「遠い兄のような声」…兄のように。あるいは前世で兄だった人の、力強く響く、英霊の声です。
  「ああ君 我の代わり生きよ」…どうか僕の代わりに生きてくださいと云うその声が届きますか?


へ) 終戦60年。戦争知るのは今や老いし人ばかりです。その方々の話に耳を傾けましょう。

ト) その方を見守るのは、ご子息、ご兄弟、あるいは共に戦った友の、御霊でしょうか。
  そこに在るのは悲しみばかりではなく、先人を敬う、尊い想いも寄り添っています。

チ) 終戦の日は、雲一つない青空だったといいます。その日、人々はどんな思いで、その青さを仰ぎ見たのでしょうか。
  暑い夏の盛りのなかで、今年もまたその日がやってきます。

リ)「さまよう心」…死んでいった人たちの魂。あるいは、現世を生きる君の、行き場のない心。
  「呼び戻した地に」…靖国の地。
  「優しい姉のような唄」…姉のように優しく囁きかける、君を見守る英霊の声。
  「君 死にたもうことなかれ」…今の時代、容易く自ら命を絶つことを考える若者に伝える言葉です。
  (ああ与謝野晶子が戦中の弟に送った言葉に比べると、なんと希薄な空しい響きになることでしょう)

ヌ) それでも、翼の先には希望があり、
ル) 忘れてはならない記憶を人は抱えながらも前を、未來を見つめ、
ヲ) どんな時代であろうと、人々は生きる意味・意義を見いだす。

ワ) どうか、みなさん、おのれのために日本のために、誇りを持ち、強く生きてください。







そして今年もまた八月十五日に捧ぐ

平成二十八年
宝野アリカ