小西六写真工業

コニカT

補色鏡使用
連動距離計付

沈胴式
レンズシャッター
カメラ
コニカ


Konica T
1948年(昭和23年)、小西六写真工業(現コニカ)より発売

 
 戦時中ににX線間接撮影用カメラとして開発された「ルビコン・カメラ」を改良し、一般カメラとして発売されもの。
 鏡胴は沈胴式で、ヘリコイド約1/6回転で∞から1mまで連動する。距離計には補色鏡が使用され、ヘリコイドのわずかな動きにも非常に合わせ良く、 当時の胴型機中では最も見やすいファインダーである。
 また当時としては初めてのコダックターミナル式シンクロ接点を内蔵していた。
フィルム・サイズ
 24X36cm判、35mmフィルム
型式 :  35mmレンズシャッターカメラ

材質 :   ボディー アルミダイカスト、黒革張り

ファインダー : 
 逆ガリレオ式一眼 連動距離計付(基線長 4.5mm)
 倍率 / 0.65倍
焦点調節 :   沈胴式直進ヘリコイド
レンズ : 
 ヘキサー50mmF3.5(3群4枚、変形ガウス)
 ヘキサノン50mmF2.8
シャッター : 
 コニラビット(シャッター羽根5枚)
 コダックターミナル式シンクロ接点内蔵
シャッター速度 : 
 B・1・1/2,1/5,1/10,1/25,1/50,1/100,1/250,1/500
フィルム装填 :   裏蓋開閉

フィルム巻上げ :   ノブ式、 手動セット式順算カウンター

フィルム巻戻し :   Rボタンセット、ノブ式

大きさと重さ : 
 横幅132mmX高さ80mmX奥行65mm(撮影時)53mm(格納時)、580g

他のレンズシャッターカメラ
INDEXへ戻る
見出しへ
戻る
コニカ1
====>
ボディー写真集