東南アジア あいうえお 項目事典 あ行                                       トップペ−ジへ戻る

アウンサン
Aung San
 画像
1915〜1947、ミャンマー、マグエ生まれ。
ヤンゴン大学の学生時代から政治活動、タキン党(ドバマ・アシアヨンDobama Asiayone)に参加。暗殺されたのち、現在でも「建国の父」として民衆からの信望は絶大。
1940年11月 日本軍の諜報組織「南機関」から勧誘され、同胞30名と海南島で軍事訓練。
1941年12月 バンコクで結成したビルマ独立義勇軍(Burma Independence Army)の参謀。
1942年 3月 陸路でヤンゴンを目指す途上、兵力は一万人に増加。
1943年 8月 ビルマ独立義勇軍はビルマ国軍(Burma National Army)へ改組、その国防大臣へ就任。日本軍の圧政がつづき、真の独立を賭けて抗日運動を開始。
1945年 5月 ヤンゴンを掌握。終戦後は対外へ独立承認を説得、国内平定に努む。
1947年 7月 19日、国内保守派の反動により暗殺。
アウンサンスーチー
Aung San Suu Kyi
1945〜 アウンサンの実娘。
英国オックスフォード大学卒業、ニューヨーク国連本部勤務。
1972年、英国人マイケル・アリスと結婚。ロンドン大学東洋アフリカ研究学部にて再び勉学、一時は京都大学東南アジア研究センターに在籍。
1988年 3月 実母の病気見舞いのため祖国へ帰国。
1988年 8月 国内動乱に乗じて、民主化運動の象徴として活動を開始。
のち野党・国民民主連盟(N.L.D.)の指導者となる。
1989年 7月 20日、自宅軟禁、政治活動の停止。
1990年 5月 総選挙実施、495議席のうち、N.L.D.は392議席を獲得。
しかし政権は移譲されず、政府との対話を続行。
1991年10月 14日、ミャンマー政府との非武装対話が評価され、ノーベル平和賞受賞。
1995年 7月 10日、自宅軟禁を解除。
1999年 3月 夫、マイケルアリス氏はロンドンで病死。
2000年 9月 22日、再度の自宅軟禁。
2002年 5月 6日、自宅軟禁を解除。
2003年 5月 政府支持団体とN.L.D.が衝突、双方に犠牲者。
31日、北部ザガインで遊説中に身柄拘束、翌日ヤンゴンに移送。
2003年 9月 19日、婦人科疾患のため手術、26日に退院後は自宅に戻り軟禁生活。
ビルマ族の名は、姓名の区分がないので、分かち書き「アウンサン・スー・チー」あるいは部分を表記する「スーチー女史」は誤り、正しくは「アウンサンスーチー」
アオザイ
Ao dai ベトナム語
ベトナム女性の民族衣装「長い衣」の意。
立て襟、長そでの上着、裾の長さは床面から15cm 前後、左右の脇は腰上あたりまでスリットが入る。素材は絹、綿、ポリエステルなど、下半身はクアンと呼称するパンタロンを着用。以前は上半身の肌着としてアオロットを着用していた。
アカ族
Akha Tribe
タイ北部、ミャンマー辺境、ラオスの一部に居住。中国、雲南から南下した民族。
女性は鉄かぶとのような金属装飾の帽子、ひざ上までのスカート、脛に脚絆を着用しており他の民族との区別が容易。男性は藍染めの長袖上着とズボンを着用しており、地の民族との区別は困難。標高 1000〜1400m の山岳部で、水源に近いところに定住。集落の入り口には日本の鳥居に酷似した門、陰陽をあらわす男女の木製人形、儀礼や祭事に使う巨大なブランコ、双生児の出産を不吉として殺害処分する特異な習慣をもつ。(現在は廃れた) 一夫多妻制、男女の寝室は区別。
アセアン
ASEAN
東南アジア諸国連合
正式名称 Association South - East Asian Nations
1967年8月8日 インドネシア・タイ・マレ−シア・シンガポ−ル・フィリピンの5ヶ国により設立された経済協力機構
1984年1月8日 ブルネイ加盟
1995年7月28日 ベトナム加盟
1997年7月23日 ミャンマー・ラオス加盟
1999年4月30日 カンボジア加盟
日本アセアンセンタ−のホ−ムペ−ジ http://www.asean.or.jp/index.html
アナシスローシス 遺跡修復の専門用語。
@ 本来の用語では・・・創建時の部材のみを使用し、修復のときに補充や復元をしない。
A 広義の用語では・・・建物を一度解体してから、再度建築すること。
アニミズム
Animism
英国の文化人類学者、タイラーが提唱。
自然界の事象に聖霊や霊魂の存在を信じた原初的な宗教。
語源は「アニト」・・・フィリピン、ルソン島の稲作農民が、加護や畏怖の対象とした死霊を示す現地語。
アチェ
Aceh
インドネシア、スマトラ島北部。16世紀アチェ王国が繁栄、19世紀オランダの植民地化に抵抗、1945年にインドネシアの独立、1953年インドネシアに併合されたのちも抵抗運動が盛ん。
1976年12月 独立派武装組織「自由アチェ運動」が独立宣言
1998年 5月 スハルト政権崩壊
2000年 5月 政府と「自由アチェ運動」は停戦に合意
2001年 4月 ワヒド政権は「自由アチェ運動」を制圧するため軍事行動
2001年 9月 メガワティ大統領がアチェを訪問、住民犠牲者に謝罪
2002年 1月 天然資源の利益70%を地元配分する優遇政策、条件として独立阻止
2002年12月 スイスで政府と「自由アチェ運動」は和平協定に調印
2003年 5月 18日、東京で和平交渉決裂。19日、政府は大統領令で軍事掃討
アーチ工法
Arch mathod
 画像
古代ローマ時代から伝わる建築構造で、窓、門、橋などの開口上部をくさび型に石やレンガをくみ上げ荷重を支えた。
ミャンマーのバガン遺跡に多用され、カンボジアのクメール遺跡では採用せず。
アプサラス
Apsaras
ヒンドゥー神話における天界の精。
アンコール遺跡では官能の娘、天界の踊り子として壁面彫刻に描かれる。
アムリタ
Amrita
不老不死の甘露。
ヒンドゥー神話の乳海攪拌場面で、ビシュヌ神の化身である大亀が精製。
アユタヤ王朝
Ayutthaya Dynasty
1351〜1767年、400年あまり続いた現タイ国の王朝。バンコクの北70km チャオプラヤー、ロッブリー、パーサック河の合流点に位置し、交易の中心地として繁栄。これらの河川は雨季の氾濫にともない、周辺に肥沃な土地と農作物をもたらす効果があった。ウートン、スパンブリー、スコータイ、プラサートトーン、バーンプルアン、以上5つの王家から33代の王を輩出。17世紀前半には日本から朱印船が来航し、日本人町の形成をもたらした。当時アユッタヤーの人口は推定19万人。カンボジアのアンコール王朝への出兵や、北部スコータイ王朝との戦勝により勢力を拡大したが、最後はビルマ軍の侵攻により滅亡した。
アンコールトム
Angkor Tom
アンコールワットと併記することが多いため、寺院の固有名詞として誤解されているが、正しくはヤショヴァルマンT世時代(889〜910)の城壁内全体をさす。
城壁は一辺約 3Km四方で、ラテライト(紅土)をブロック状に積み上げて構築され、高さ8m 南大門・北大門・西大門・東は勝利の門と死者の門 計5つの城門をもち、その内側に人面像で名高いバヨン寺院・象のテラス・ピミアンナカ・バプーオン北クリヤン・南クリヤンなどの遺跡が現存。
アンコールワット
Angkor Wat
 画像
1140年ごろ、スールヤヴァルマンU世王の霊廟として建立。
東西1500m 南北1300m 幅190m の水豪で四方をかこみ、西側が正面。フランス人博物学者アンリ・ムオの著作が1862〜3年に出版され、西欧に認知された。5基の塔、その中心祠堂の高さ65m。
第一回廊 200×180m マハーバラタ、ラーマヤナ、ヒンドゥー神話乳海攪拌図の彫刻
第二回廊 150×100m 外壁にテヴァダー(女神)、内部に彫刻なし
第三回廊 60×60m 採光用の連子窓、内部に彫刻なし
アンナ・レオノゥエンス
Anna Harriette Leonowens
1834〜1914、英国人女性。タイ国ラーマ4世王の時代、1862年から5年間王室の家庭教師を務めた。著書に「シャム王室のイギリス人女性教師」 「シャム王室のハレム生活」
1956年制作のアメリカ映画「王様と私」は、この回想録をもとに、マーガレット・ランドンが執筆した小説が原作。
イスラム
Islam
マホメットを創始者として、7世紀ごろからアラビア半島で布教が広まり、東南アジアへは13世紀末ごろに伝来。特徴として偶像崇拝の禁止、一日5回の礼拝、一年のうち約1ヶ月におよぶ断食の義務、豚肉の食用を厳禁、金銭借用の利子を禁止、男子性器の割礼、妻帯4人までの容認、経典コーランは各国語への翻訳を禁止・・・など他の宗教とは一線を画す独創性をもつ。

Rice
栽培稲の学名 Oryza Sativa 野生稲の学名 Oryza Perennis
食感から大別してねばりをもつ「モチ種」と、ねぱりのない「ウルチ種」
インディカ Indica 長い粒、草丈が高い、低温によわい
ジャポニカ Japonica 円粒、草丈が低い、体温につよい
ジャバニカ Javanica 大粒、草丈が高い、対温度は中庸
インダー族
Intha Tribe
湖の民」の意、ミャンマー・インレ湖の周辺あるいは水上に居住し漁業、湖上菜園、機織りなどで生計を営む。杭上家屋を好み、小船をあやつる独特な片足漕ぎの習慣をもつ。インダー族の民間伝承では、言語のなまりが類似するミャンマー南部のタボイ族を、同属とみなす。
インドネシア語
Indnesia Ward
元はマレー語方言の一種。オランダは17世紀半ばから植民地として支配を広げ、行政文書にマレー語を使用したことで各地で普及。1945年に独立後、憲法に国語として制定。
インパール作戦
Inphal Operations
太平洋戦争中ビルマ北部から侵攻し、インド領インパールを占領して敵側イギリス軍の壊滅と中国からの補給路を断つ目的で日本軍が強行した軍事作戦。1944年(昭和19年)1月7日に作戦が発令され、3月8日第33師団がチンドウィン河を通過して作戦が開始。食料と武器の補給が遅延、くわえて雨季の陸路事情と病気の蔓延などのため作戦は6月22日に中止。退却路は俗に「白骨街道」と呼ばれ、参加兵力10万人のうち3万人が戦死。運良く生還できた兵の多くは、ビルマ民間人から物心両面の援助をうけた。
第三三師団 通称 弓 ビシェンプール方面
第十五師団 通称 祭 インパール方面
第三一師団 通称 烈 コヒマ方面
イリ(I.R.R.I.)略称
International Rice Research Institute
国際稲研究所。
アメリカのロックフェラー財団とフォード財団の資金提供により、1960年フィリピン、ルソン島のラグナ州に設立された稲専門の研究施設。稲の資料収集、品種改良、農家への稲作指導などで成果。
品種改良番号・偶数はウルチ種(例:IR20・IR24)奇数はモチ種(例:IR15・IR23)
雨安居 うあんご
Vassavasa パーリ語
仏教用語で、「雨季の定住」の意。
東南アジアの大陸部では、モンスーンの影響をうけ5月中旬から10月初旬まで、雨季。この間、仏教に仕える僧は外出を控え、寺院や僧院のなかで修行生活をおくる。在家信者は雨安居のあいだ、結婚式や転居を控える。
ヴィシュヌ神
Vishunu
 画像
インド・ヒンドゥー神話における救済の神。
青年の姿と4本の腕、智慧の象徴としての棍棒をもち、存在の根幹としてホラ貝の殻、創造と破壊を表した車輪、乗り物はガルーダ、妃はラクシュミー。
ウォーレス
Alfred Russel Wallaces
1823〜1913、英国の動物・地理学者。
彼が1854年から62年にかけて行ったマレー諸島とインドネシアの現地調査により、動植物分布のまったく異なる境界線を提唱。それはフィリピンのミンダナオ島南方、カリマンタン島とスラウェシ島の間、バリ島とロンボク島の間を通過。提唱者の名をとってウォーレス線と呼ぶ。この境界線より東側は、ニューギニアとオーストラリアをふくめて芋と豚の文化圏。西側は、インドまでを包括して稲と水牛の文化圏。
[参考図書] マレー諸島 上・下 A.R.ウォーレス 新妻昭夫 訳 ちくま学芸文庫 1993年発行
熱帯の自然 A.R.ウォーレス 新妻昭夫 訳 ちくま学芸文庫 1998年発行
浮稲
Froating Rice
水位の上昇に応じて茎の部分を伸ばし、常に先端部が水面上にある性質の稲。
名称から連想して浮遊しているわけではなく、根は土壌に固定。肥料が要せず雑草対策も手間いらずの反面、急激な増水や減水によわく収量の安定性に欠く。
水深1m 前後の稲は深水稲 Deep Woter Rice として区別。
歌垣 うたがき 男女が掛け合いの歌をうたいながら、求愛行為の代用とする習慣。
本来は、めあての異性に向けてうたうが、祭事や農閑期には集団で余興とすることがある。現在では、ベトナム北部、中国南部の山間地で習慣がのこる。
エア・アジア  画像
Air-Asia
2001年、マレーシアで創業したアジア初の格安航空会社。2004年からタイとインドネシアに関連会社を設立し、マレーシア発着は略号AK タイ発着はFD インドネシア発着はQZ として区別。
2012年8月から日本の国内路線に進出し、ローコストキャリア Low Cost Carrier 略してLCCという用語が定着しつつある。その料金体系は基本的に航空運賃だけを表示し、機内預け荷物、機内食、座席指定、航空保険、ひざ掛け毛布にいたるまで、各自任意のオプションとして別途料金が追加される。
エーヤワディ河
Ayeyarwady River
ヒンディー語で「象の河、大きな河」の意。「イラワジ河」は、日本語の誤記。
ミャンマー北部カチン州からマンダレー、バガン、ピィを経由してベンガル湾にそそぐ、全長2160km の大河。この河を境に上流地域を上ビルマ、下流地域を下ビルマと区分。その水量は雨季の7月と乾季の2月を比較すれば、中流域のバガンで10mの高低差。
F.E.C.
Foreign Exchage Certificates
 画像
Foreign Exchage Certificates の略称 通貨単位は 1・5・10・20 四種類 通称ビルマドル

1995年4月ごろから個人旅行客に対して入国時にUSドル立ての両替を強制し当初は300USドル、2000年7月からは200USドルに改訂。2003年8月から強制両替を廃止。残存紙幣はいまも流通。

ミャンマー国内のホテル・交通機関・・空港免税店・空港税などの支払いにUSドルと等価で使用

N.L.D.
National League for Democracy
ミャンマーの最大野党、国民民主連盟。1988年、民主勢力を統合するため設立され、「建国の父」アウンサンの実娘、国民的人気をもつアウンサンスーチー女史を代表者とした。
1990年の総選挙で圧勝したが、いまだ政権を移譲されず、多数の党員は現政権に拘束中。
オラウータン
Orang Hutan
 画像
インドネシア語でオラン・ウタン「森の人」の意。
スマトラ島北部とボルネオ島(カリマンタン島)に生息する大型類人猿成長体重はオス75kg以上、メス35kg以上、主食は果実、そのほか樹皮、茎、葉を採取。樹上の枝わたたり移動のほか、体重の増したオスは、地上の歩行移動をともなう。生息個体数はスマトラ島で9000頭、ボルネオ島で1万数千頭と推定される。

 

 

≪≪≪≪≪  このホ−ムペ−ジ内の移動リンク  ≫≫≫≫≫

 

トップペ−ジ  English Index

メ−ルマガジンT 東南アジア読みきり帖  U 日本語で届く、ミャンマ−からの手紙

東南アジア項目事典 あ ・   ・   ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・ わ行

アジア報道 2001〜004 2005〜08 2009〜10 2011〜12 2013〜14 2015〜16年

 

写真帖 ボロブドゥール バガン アンコール チェイントン ガムラン カラー自選 モノクロ自選

インドネシア  マレ−シア  カンボジア  ミャンマ−  フィリピン ベトナム  ラオス  タイ

東南アジア全般  旅の雑記帖 タイ国鉄時刻表  タイのクメ−ル遺跡T  U

クラシックCD  本を買おう!  6×6版写真帖

外部リンク集  販売 水彩画の受注