トップページ

モノクロ (白黒) 写真プリントの引き受け

かつて街中に点在したカメラ店では、モノクロ (白黒) 写真のプリントを引き受けていました。
いまや、それらの店舗はデジタルカメラの普及により、ほぼ淘汰されてしまいました。
それは巷に現存する古いモノクロフィルムが、プリントとして再現される機会を失ったことになります。
幸い、わが家にはモノクロ写真の引き伸ばし設備があり、また40年以上にわたりモノクロ写真の経験があり、
それら行き場のないモノクロフィルムからプリントを制作することができます。
 1 プリントを制作するモノクロネガの大きさは一般的な35ミリ判のほか、俗にいう6×6判、6×7判に限ります。
 2 使用できる印画紙の銘柄は、入手可能な英国製イルフォード、または国産のイーグル。
 3 プリント可能な大きさは、キャビネ(130×180mm) 六つ切(203×254mm) 四つ切(254×305mm) の3種。
 4 原則としてフィルムネガに現存するキズ、破損の修正は行わず、そのままのブリント再現とします。
 5 一枚あたりの代金・・・キャビネ600円 六つ切800円 四つ切1200円 同じネガから2枚め以降は半額。
 6 フィルムネガの送付は日本郵便のレターパックを推奨、当方からの返送もレターパックとします。
 7 納期、支払い、その他ご相談は以下のEメールで行います。
mizuno-nyeinkyaw×××mrj.biglobe.ne.jp
上記×××を@に置き換えてください (迷惑メール防止のため)
 8 付記・・・プリントはすべて手作業のため、一日あたり15枚ていどが限界です。
2022年4月15日 水野哲行

2012年 ボロブドゥール遺跡