東南アジア全般                                                      トップページへ戻る

シンガポ−ル・この国の基本資料

 国名  シンガポール共和国 Republic of Singapore (サンスクリット語でライオンの街)
 国旗  
 国土  718平方Km(東京23区よりやや大きい)
 独立  1965年8月31日マレーシアから分離 (旧・宗主国イギリス → 日本)
 人口  561万人(永住者 390万人) 平均寿命 81歳 (2016年、シンガポール統計局)
 民族  中華系 74% マレー系 13% インド系 9% ・・・ その他
 言語  公用語として中国語 マレー語 タミル語 英語を併用
 宗教  北伝仏教 51% イスラム教15% キリスト教 14% そのほかヒンドゥー 道教 ・・・
 教育  6-4-2-3制
 識字率  94% (2008年ユニセフ統計)
 時差   G.M.T. +8  日本より1時間おくれ
 祝日2018年
 

 1月01日(月) 元旦
 2月16〜18日(金〜日) 中国正月
 3月30日(金) キリスト教・聖金曜日
 5月01日(火) メーデー
 5月29日(火) ブッダ生誕日
 6月15日(金) 断食あけ
 8月09日(木) 独立記念日
 8月22日(水) メッカ巡礼最終日
 10月06日(火) ヒンドゥー教・光の祭典
 12月25日(火) クリスマス
   毎年変動する祝日
 通貨  シンガポールドル Singapore Dollars 補助単位セント Sent (100セント=1シンガポールドル)
 レート  1 シンガポールドル = 83.1円 (2018年01月現在)
 G.D.P.  52961 USドル/国民ひとり当たり (2015年 JETRO統計)
 電気  220〜240V 50Hz
 電話  日本からの国番号 65
 郵便  日本から手紙90円〜 シンガポールからの手紙20g まで70セント〜10g ごとに30セント加算
 査証  滞在3ヶ月以内は不要 パスポートの残存6ヶ月以上
 特記
: 妊娠6ヶ月以上経過の婦人は査証必要
 免税品  制限なし
 空港税  21シンガポールドル(航空チケット代金に含む)
 大使館  〒106-0032 東京都港区六本木五丁目12-3 シンガポール共和国大使館
 Tel : (03) 3586-9111/2
 日本大使館 Embassy of Japan 16 Nassim Road 258390 Tel : (65) 6235-8855
 メモ   電話番号 2002年3月から 従来までの7ケタの先頭に 6 を加え8ケタとする
  2002年2月から地下鉄/高架鉄道が延長され、チャンギ空港駅が開設
  観光名所マーライオン像は2002年4月、現在地から1Kmほど南方の埋立地へ移設
  2003年1月1日から、消費税を現行の 3% から 4% へ引きあげ
 報道  シンガポール報道 アジア報道から 2001年以降 シンガポール関連を抜粋

 

シンガポールの写真

撮影場所をクリックすると写真を表示     撮影および著作権 : 水野 哲行

撮影場所 Place English コメント Caption 年月 Dato 使用機材 Camera & Film
スリ・マリアマン寺院 Sri Mariaman Temple 中国寺院の天井画 Jun. 1987 Leiz Minolta CL・40mm / Ilford FP-4
オーチャード通り Orchard Road. 階下へ至る建築デザイン Apr. 1995 Leica M 6・50mm / Ilford 100 Delta
ケオンサイク通り Keong Saik Road ひと気のない日曜日の朝 Jun. 2007 Contax G2・45 or 90mm / Ilford HP-5
ハーバーフロント Harbour Front バタム島行き船舶(時刻表付き) Jun. 2008 Contax T3・35mm / Fuji Velvia50
MRTエキスポ駅 M.R.T. Expo Station 英国建築家ノーマン・フォスター Jun. 2009 Contax G2・35〜70mm / Ilford HP-5
蝶の館 Butterfly farm 空港・出国後の免税街一画 Sep. 2010 Contax T3・35mm / Fuji Reala

写真画面はすべて、フィルム全面を使用、トリミングしていない。

      

ナイトサファリ Night Safari

1994年に開園した夜間動物園、約1000頭の夜行性動物
できる限り自然な生態を保つため、園内の照明設備は最小限、むろんフラッシュ撮影は禁止

インドタテガミヤマアラシ マレートラ マメジカ ムササビ
Porcupine Malay Tiger Small Deer Frying Squirrel
[観光] 日没〜00:00 毎日開園 22〜45 S.ドル 園内移動のトラム有無、平日、週末により料金変動
隣接するシンガポール動物園(18:00閉園)と共通の入場券あり
[交通] 地下鉄MRT アンモキォ駅からバスセンター始発バス138系統 所要30分 1.8 S.ドル
帰路 22:30発 オーチャード通り直行のバスあり 4.0 S.ドル

 

ブルネイ・この国の基本資料

 国名  ブルネイ・ダルサラーム共和国 Negara Brunei Darussalam
 国旗  
 国土  5765平方Km (千葉県または三重県と同等)
 独立  1984年1月1日 (旧・宗主国イギリス)
 人口  42万人 平均寿命 77歳 (2016年ブルネイ政府統計)
 民族  マレー系 65% 中華系 11% そのほか少数民族 ・・・
 言語  マレー語 中国語 英語 イバン語・・・
 宗教  イスラム教 67% 北伝仏教 13% キリスト教 10% ・・・ その他
 教育  6-3-4-4制
 識字率  95% (2008年ユニセフ統計)
 時差  G.M.T. +8  日本より1時間おくれ
 祝日2018年
 

 1月01日(月) 元旦
 2月16日(金) 中国正月
 2月23日(金) 建国記念日
 4月14日(土) モハメット昇天祭
 5月17日(木) 断食始め
 5月31日(木) 国軍記念日
 6月02日(土) イスラム教祭日
 6月15〜19日(金〜火) 断食あけ
 7月16日(月) 国王生誕日
 8月22日(水) イスラム犠牲祭
 9月11日(火) イスラム暦1440新年
 11月20日(火) モハメット生誕日
 12月25日(火) クリスマス
   毎年変動する祝日
 通貨  フルネイドル Brunei Dollars 補助単位セント Sent (100セント=1ブルネイドル)
 硬貨 1 5 10 20 50セント 紙幣 1 5 10 50 100 500 1000 10000
 シンガポール紙幣も流通
 レート  1 ブルネイドル = 83.1円 (2018年01月現在) シンガポールドルと同等
 G.D.P.  30437 USドル/国民ひとり当たり (2015年 ブルネイ首相府)
 電気  220〜240V 50Hzイスラム犠牲祭
 電話  日本からの国番号 673
 郵便  日本から手紙 90円〜 ブルネイからの手紙 75ブルネイセント
 査証  滞在14日以内は不要 パスポート残存6ヶ月以上
 免税品  たばこ200本 酒類2本 缶ビール12本・・・イスラム国家のため持込み制限
 空港税  12ブルネイドル シンガポール・マレーシア方面は5ブルネイドル
 大使館  〒141-0001 東京都品川区北品川六丁目5-2 ブルネイ・ダルサラーム共和国大使館
 Tel : (03) 3447-7997
 日本大使館 Embassy of Japan
 House No. 33 Simpang 122 Kampong Kiulap Bandar Seri Begawan BE1518
 Tel : (673-2) 229265
 メモ  
 報道  ブルネイ報道 アジア報道から 2001年以降 ブルネイ関連を抜粋

 

東ティモ−ル・この国の基本資料

 国名  東ティモール民主共和国 The Democratic Republic Timor-Leste
 国旗  
 国土   14874平方Km (長野県と同等)
 独立  2002年5月20日 (旧・宗主国インドネシア)
 人口  112万人 平均寿命 62歳 (2010年ユニセフ統計)
 民族  ティトン族、マカサイ族、ケマック族、ブナ族などの先住民族のほか
 マレー系、中華系などの移住民族
 言語  公用語としてティトン語 ポルトガル語 インドネシア語 英語を併用
 宗教  キリスト教(カトリック) 99% イスラム教0.8% ・・・
 教育  
 識字率  51%
 時差  G.M.T. +9 日本と同じ
 通貨  USドル
 レート  
 G.D.P.  2220 USドル/国民ひとり当たり (2010年 I.M.F.統計)
 電気  220〜240V 50Hz
 電話  日本からの国番号 670
 郵便  日本から手紙 90円〜 東ティモールからの手紙
 査証  
 免税品  
 空港税  ディリ空港
 大使館  
 日本大使館 Embassy of JapanPertamina 6 Dili East Timor
 Tel : (670-390) 323131 / 323132
 メモ  
 報道  東ティモール報道 アジア報道から 2001年以降 東ティモール関連を抜粋

                                                        トップページへ戻る

ラーマヤーナ Ramyana

インド古来の叙事詩、紀元前2世紀〜紀元後2世紀に成立。
ヴィシュヌ神の化身ラーマ王子とシータ姫が結婚、のち一族の内紛によりシータの略奪。
それを救出する猿=ハヌマーンの活躍。

インドネシアのワヤン、タイのナンタルン、カンボジアのスバエクなど影絵芝居や、
ミャンマーのあやつり人形劇の台本として流用。

登場人物 英語表記 役柄
ラーマ Rama コーサラ国の第一王子 ヴィシュヌ神の化身
シータ Sita ヴィディーハ国の姫 ラーマの妻
ラーヴェナ Ravana シータをランカ島に略奪
ハヌマーン Hanuman 猿軍団の長 シータを救出
ダシャラタ Dasaratha ラーマ王子の父 コーサラの国王
カウサリヤー Kausalya ラーマ王子の母
バラタ Bharata コーサラ国の第二王子 母はカイケーイ ラーマとは異母兄弟
ラクシュマラ Lakahumana コーサラ国の第三王子 母はスミトラー ラーマとは異母兄弟
シャトルグナ Satrughna コーサラ国の第四王子 母はスミトラー ラーマとは異母兄弟
[参考図書] ラーマヤナの宇宙 金子量重・坂田貞二・鈴木正崇 春秋社 1998年発行

 

マハーバーラタ Maharbarata

インド古来の叙事詩、紀元前4世紀〜紀元後4世紀に成立。
バラタ族の五人の王子たちが敵対するクル族に勝利、のちバラタ族も滅亡。

登場人物 英語表記 役柄
ユディシュトラ Yudhisthira パンドゥ五王子の長男 母→クンティ 父→ダルマ神
ビマ Bhima パンドゥ五王子の次男 母→クンティ 父→風の神
アルジェナ Arjuna パンドゥ五王子の三男 母→クンティ 父→インドラ神
ナクラ Nakura パンドゥ五王子の四男 母→マードリ 父→パンドゥ 五男と双子
サハディーヴァ Sahadeva パンドゥ五王子の五男 母→マードリ 父→パンドゥ 四男と双子
ドラウパディ   パンドゥ五王子たち共通の妻 別名クリシュナ
パンドゥ   パンドゥ五王子の家長
クンティ   パンドゥ五王子のうち第三子までの母
マードゥラ   パンドゥ五王子のうち第四子と第五子の母 パンドゥの妻
ヴィヤーサ   マハーバラタの作者 クンティの父
ドリタラーシュトラ   盲目 クル族の長 父→ヴィヤーサ クンティとは異母兄妹
カルナ   クンティと太陽神の子 パンドゥ五王子と異父兄弟
ドローナ   パンドゥ五王子に武術を伝授する師
ビシュマ   パンドゥ五王子と敵対 母→ガンガー女神 父→シャンタヌ王
ガンガー   ガンジス河の女神
シャンタヌ   父→クル族の王プラティーバ
ガネーシャ   象の頭をもつ半獣半身 学問の神
[参考図書] マハーバーラタ原典訳1〜7 上村勝彦 訳 ちくま学芸文庫 2002年発行

 

アセアン ASEAN 東南アジア諸国連合

正式名称 Association South - East Asian Nations 東南アジアの10ヶ国が加盟。
インドネシア・タイ・マレーシア・シンガポール・フィリピンの5ヶ国によって設立した経済協力機構。

1967年 8月8日 発足
1984年 1月8日 ブルネイ 加盟
1995年 7月28日 ベトナム 加盟
1997年 7月23日 ミャンマー ラオス 加盟
1999年 4月30日 カンボジア 加盟

日本アセアンセンターのホームページ http://www.asean.or.jp/index.html  各国の統計データ

 

断食 Fast (ラマダン Lamadan)

イスラム教徒が経典コーランの教えを守り、イスラム暦 ラマダン月の約1ヶ月間、
日の出から日没までの日中に限り水と食物の一切を断つ。
日没後から翌日の日の出 90分前までの夜間は、断食が解除となる。
また妊婦と子供は、断食を免除される。
イスラム暦は 陰暦にもとづくので、1ヶ月は 29〜30日、1年は約 354日となる。
従って現在の太陽暦に換算すると、毎年11日ほど早くなる。

← インドネシア・断食期間のK.F.C店舗

1999年の断食期間は・・・ 12月08日または09日 1月08日
2000年の断食期間は・・・ 11月27日または28日 2月28日
2001年の断食期間は・・・ 11月16日または17日 2月16日
2002年の断食期間は・・・ 11月06日または07日 12月06日または07日
2003年の断食期間は・・・ 10月25日または26日 11月25日または26日
2004年の断食期間は・・・ 10月14日または15日 11月14日または15日
2005年の断食期間は・・・ 10月03日または04日 11月03日または04日
2006年の断食期間は・・・ 9月22日または23日 10月24日または25日
2007年の断食期間・・・ 9月11日または12日 10月13日または14日
2008年の断食期間は・・・ 9月02日または03日 10月01日または02日
2009年の断食期間は・・・ 8月22日または23日 9月20日または21日
2010年の断食期間は・・・ 8月11日または12日 9月10日または11日
2011年の断食期間は・・・ 7月28日または29日 8月29日または30日
2012年の断食期間は・・・ 7月18日または19日 8月19日または20日
2013年の断食期間は・・・ 7月07日または08日 8月08日または09日
2014年の断食期間は・・・ 6月26日または27日 7月28日または29日
2015年の断食期間は・・・ 6月18日または19日 7月17日または18日
2016年の断食期間は・・・ 6月07日または08日 7月06日または07日
2017年の断食期間は・・・ 5月27日または28日 6月25日または26日
2018年の断食期間は・・ 5月16日または17日 6月15日または16日

この開始日の決定には、実際の月の満ち欠けを肉眼で観測してから公示する方法と、
暦から数学的に算出する方法があり、イスラムの国々では1〜2日の誤差がある。

1999年からインドネシアでは、この断食月を公立学校の休校扱いとした。

[参考図書] イスラームの日常世界 片倉もとこ 岩波新書 1991年発行

 

リンガとヨニ Lingga&Yoni

サンスクリット語。
ヒンドゥー教シヴァ神がもつ生命力の象徴として男性器の形を模す。
円柱形が多いが八角柱や方形もあり、シヴァ神の顔を彫りこむ例もある。
台座となるヨニはシヴァの妃ドゥルガーで女性器の形を模す。
この合体構造は豊穣・繁栄・和合・不死・・・など人々の祈願の表明。
カンボジアやインドネシアの遺跡を理解するには欠かせない。

← アンコール遺跡・プラサートクラバン

                                                                 トップページへ戻る

蒟醤 きんま

語源はタイ語の噛む=キン、びんろう=マーク、の説が有力。
びんろうの実(Betel Nat)に石灰を混ぜ、蔦の一種であるきんまの葉に包んで噛む。

びんろうは紀元前からインドや東南アジアで栽培され、
麻酔作用があるため常習化しやすい。
文化人類学ではベテルチューイングBetel Chewingと表記。

← ミャンマー・きんま売りの屋台

 

 Rice

栽培稲の学名 Oryza Sativa  野生稲の学名 Oryza Perennis

インディカ Indica 長粒・草丈が長い・低温に弱い
ジャポニカ Japonica 丸粒・草丈が短い・低温に強い
ジャバニカ Javanica 丸粒・草丈が高い・対温度性は中庸

タイ・ミャンマ−内陸部に残る9〜17世紀ごろの寺院建築を調査し、
そのレンガに含まれるもみ殻の形状から、ジャポニカ米・モチ種がひろく栽培されていた事が判明。
15世紀以後、インディカ米・ウルチ種が高い生産性により海岸平野部から序々に伝播し、ジャポニカ米を駆逐した。
タイ北部一帯やラオス中部ではモチ種の嗜好が残る。

[参考図書] 稲の道 渡部忠世 NHKブックス 1977年発行
モチの文化誌 坂本寧男 中公新書 1989年発行
稲作文化 上山春平/渡部忠世 中公新書 1985年発行
コメ食の民族誌 福田一郎/山本英治 中公新書1993年発行

                                                                 トップページへ戻る

魚醤 ぎょしょう

    魚・えび類を原料とし塩を加えて、アミノ酸発酵を促進させる東南アジアの代表的調味料。

 国名  液状  ペ−スト状
 インドネシア   −−−  トラシ
 マレーシア  ブドウー  トラシ
 カンボジア  タクトレイ  プラホック
 ミャンマー  ンガピャエー  ンガピ
 フィリピン  パティス  ディナイラン
 ベトナム  ニョクマム  マムロク
 ラオス  ナンパー  パーデーク
 タイ  ナンプラー  −−−

                                          

仏教の用語集 Buddhism Teams 

日本語 読み方

パ−リ語

読み方  内容 ・ 意味 
仏陀  ぶっだ  Buddha ブッダ 悟りをひらいた者の意 
釈迦 しゃか Sakyamuni  シャーカムニ 釈迦牟尼・シャカ族の聖者の意・(釈尊は釈迦の尊称)
涅槃 ねはん Nirvana ニルバーナ  消滅の意・煩悩を消して自由となった状態・安らぎ
出家 画像 しゅっけ Pabbajja パッバーシャ 前におもむく意・俗界の苦しみを捨て仏門に入ること 
還俗 げんぞく     仏門から一般生活へ戻ること・出家と還俗は本人の自由意志 
比丘 びく Bhikkhu ビク 乞う者の意・出家した修行者
布施 ふせ Dana ダーナ 施しを与える意・日本語「旦那」の語源・英語Donationの語源
梵天 ぼんてん Brahman ブラーマン 世界の創造神
夜叉 やしゃ Yaksa ヤーシャ 森林の霊
阿難 あなん Ananda アーナンダ 釈尊第一の弟子の名
雨安居 うあんご Vassavasa  ヴァサヴァーサ  雨季の定住の居・熱帯モンスーンのため雨期は遍歴しない
毘沙門 びしゃもん Vaisravana ヴァイスラバーナ すべてを聴くの意・財産の神
阿羅漢 あらかん Arahant アラハン 境地を獲得した聖者・仏教徒の理想像
婆羅門 ばらもん Brahmana バラバーナ 宗教祭祀の実行者または階級
阿修羅 あしゅら Asura アスラ 神々の敵
須弥山 しゅみせん Sumeru スメル 世界の中心となる神々の山・メル山
卒塔婆 そっとうば Stupa ストゥーパ 仏塔・日本語「」の語源
曼陀羅 まんだら Mandala マンダラ 悟りの世界を象徴した宗教図
鹿野苑 ろくやおん Margadava マルガダーヴァ 釈迦が初めて法を説いた地、現在のベナレス市サールナート
禅定印 ぜんていいん     両手をへその下に重ねた、瞑想時の型
糞掃衣 ふんぞうえ Pamsukula パムスクーラ 糞やゴミの中に捨てられた布で衣を造る、質素な衣類の意
上座仏教 じょうざぶっきょう Theravada テーラヴァーダ  長老の教えの意・東南アジアに伝播した南伝仏教の呼称
小乗仏教 しょうじょうぶっきょう Hinayana  ヒーナヤーナ  劣った乗り物の意・上座仏教をさす・大乗からの蔑視呼称 
大乗仏教 だいじょうぶっきょう Mahayana マハーヤーナ 大きな乗り物の意・大乗のおごりから発生した呼称
結跏趺坐 けっかふざ     跏→足の裏、趺→足の甲 両足を重ねた瞑想の型
[参考図書] ブッダのことば/ブッダ最後の旅/仏弟子の告白 中村元 岩波文庫 1984年発行
タイ仏教入門 石井米雄 めこん 1991年発行
ビルマ仏教 池田正隆 法藏館 1995年発行

 

 

≪≪≪≪≪  このホームページ内の移動リンク  ≫≫≫≫≫

 

トップペ−ジ  English Index

メ−ルマガジンT 東南アジア読みきり帖  U 日本語で届く、ミャンマ−からの手紙

東南アジア項目事典  ・   ・   ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・ わ行

アジア報道 2001〜004 2005〜08 2009〜10 2011〜12 2013〜14 2015〜16年

 

写真帖 ボロブドゥール バガン アンコール チェイントン ガムラン カラー自選 モノクロ自選

インドネシア  マレ−シア  カンボジア  ミャンマ−  フィリピン ベトナム  ラオス  タイ

東南アジア全般  旅の雑記帖 タイ国鉄時刻表  タイのクメ−ル遺跡T  U

クラシックCD  本を買おう!  6×6版写真帖

外部リンク集  販売 水彩画の受注

 

英語・旅行ガイドブック

   

英語・旅行ガイドブック

   

英語・会話教本