ペーターペフゲンの「図説 ギターの歴史」によると、「胴がギターのようにくびれた、いわゆる串状ネック・リュート」がBC.3000以上前の新ヒッタイト帝国のアラジャヒュユク遺跡の石スフィンクス門にあるレリーフに描かれているそうです。これが「人工的な串状」と言えるかどうかは諸説があるようです。
腰の部分にやわらかな女性らしいくびれがあり、両側に内湾曲した円弧の5つのサウンドホールを持ったフラットトップで、フレットつきの長いネックがボディの全面にわたって取り付けられていたとの説もあります。
BC.1900の古代オリエントの都市エシュンナのテラコッタレリーフやBC.1800のネレブトゥムの廃墟イシュチャリから出土したレリーフも串状ネックですが、これらには胴のくびれはありません。
イシュチャリのレリーフにはネックの先端に房がかかっており、弦が複数本張られていた事を予想をさせてくれます。
ただ、これらの時代はギターの先祖であると同時に、まだ、全ての弦楽器の先祖としてとらえるのが正しい認識なのでしょう。

ごく初期のリュート「串状ネック・リュート」の構造が精密にはっきりと描かれたのはエジプトのテーベ時代BC.1200〜1100、オストラコンという土器の破片に描かれた女性リュート奏者の絵です。エジプトにはBC.1500頃のヒッタイトのエジプト侵入によってもたらされたといいます。
ここでは、さおは胴を貫通せず、金具のようなもので表面板に固定されています。胴はひょうたんなのか人工的なものかの区別はつかないそうです。この頃の資料は数多くあるそうですが、その後、BC.300頃まで1000年間、目新しい資料は存在しておらず、大きな発展もなかったとも言われます。

現存している弦楽器の中で、ギターに近いとされる最も古い弦楽器はBC.300の「コプト人の刻み入りリュート」で、4点が残っています。ハンス・ヒックマンは「本物のギターにとっての先駆者」と呼び、ベロウは「コプト人のギター」と呼びました。胴は木材から削り出され、共鳴胴には毛皮でなく板が貼られています。平らな底板と表面板、長いネックと横板からなり、胴がくびれています。ただし、これも、継承・発展はしておらず、現代ギターの直接の先祖とまでは言えないようです。「親戚」といった表現があてはまりそうです。