2006年の夏,ハワイに行きました!(って,今は2007年の春だったりして。更新遅すぎるし。)約半年前の話なのですが,なんだかもっと前の旅行だったような気がします。まぁ,日本に帰って来た直後からまたハワイに行きたくなってるんだから,当然って言えば当然,でしょうかね。(ハワイ病・重篤)
 今回はハワイ島5泊,オアフ島3泊です。いつもよりちょっと短い分,一日の「濃度」をあげなきゃ。


 ハワイ島が見えてきました。ココまで来るのに長い道のりでした。いや,物理的な距離の話ではなく…。
  今回は成田->コナ直行を使ったのですが,私の住む広島から羽田までの飛行機が天候不順で遅れてしまい,羽田から成田までのJR成田エクスプレスに乗れず,他の移動手段も間に合わず,結局羽田->成田をタクシーで移動しました。約2万円也。(-"-;)


 タクシーでもギリギリのタイミングだったため,我々の事情を聞かされたタクシー運ちゃんも飛ばしまくり。タクシーのガスエンジンが「ぬゆわkm/h」も出ることを初めて知る。運ちゃんよ,ありがとう。運ちゃんと好対照なJALの丁重かつ限りなく冷たい対応にもめげず,なんとかハワイ島コナ国際空港到着,です。タラップを降りる頃そんな冷たいJALの対応などは忘れてましたが。


 ハワイ島の移動に欠かせないもの,レンタカーを早速ゲット。今回も前回と同じダラーレンタカー,グレードも同じだったはずなんですが,前回よりも明らかにデカくでハイグレードな車でした。クライスラー・300です。日本ではあまり見ませんが,アメリカではベストセラーのようです。

 エンジンはV6-3500ccです。前回のダッジ・マグナム(V6-2700cc)と比べるとハイパワーで広大なハワイ島のドライブでは随分助けられました。これからハワイ島でレンタカーを検討されている方,車はデカいのがおすすめです。駐車場も道も広いですし。

 レンタカーをゲットして早速向かったのはここ,Farmer's marketです。コナの街中で水金土日の15時くらいまでやってるみたいですが,よく解りません。ここでマンゴーゲット。旨し。

 パームツリーの向こうに抜けるような青空です。最高にピースフル。

 ハワイ島に来たらやっぱりマウナケアに来なくちゃですね。
 今回は真夏って事もあって,前回(5月)と比べて随分暖かかったですよ。そうは言っても4000mを超える高山ですから,普通に真冬の寒さです。ハワイで真冬の寒さ?でもホントに寒いので,今回もお世話になった「マサシのネイチャーツアー」を含め,現地ツアーでは,コートを貸してくれますが,充分に着込んで行きましょう。


一番左が日本のすばる天文台です。他の天文台が球状なのに対してスコシ変わった形です。雲海に太陽が沈んで行きます。

太陽は雲の下に隠れてしまいました。完璧なサンセット。オレンジ色と青の間にグリーンフラッシュ,見えますか?

 ハワイ島の道はず〜っとこんな感じです。いや,だいたいドコで撮ってもこんな感じです(笑)。

 時にはこんなオフロードも…うそです。ちょっと脇道にそれてみました。

 ボルケーノ国立公園までやってきました。ここVOLCANO HOUSEは国立公園内にあるホテルですが,夏でも夜は寒いので,暖炉があります。

 ハレマウマウ火口。ここには火山の神ペレが住んでいると言われています。

 何キロも続く大地の割れ目。なんとか下まで降りてみました。
 石にはガラス成分を大量に含んでいますので,コケると大変です。

 コナのスーパー「KTA」で見つけた松竹梅。宝酒造製ですが,仕込みはカリフォルニア米です。


 同じコナのスーパーで見つけた「ヒトメボレ」。しかも「研米加工済」…ってこれ,無洗米ってこと?

 オアフ島に移動しました。一路ノースへ。パイナップル畑の間を抜けると…見えてきました。ノースショアです。

 ハレイワビーチパークです。海キレイだなぁ。やっぱり海に入る支度してくればヨカッタかなぁ…。

 リポビタンD!?いや,本物です。ラベルデザインは日本と違いますが,味は全く同じ,リポDでした!

 ワードセンターの本屋「BORDERS」にありました。「少年ジャンプ」これ一冊読んだら英語の勉強になるかなぁ?(ならんっ!)

 今回の旅行で一番寂しい日がやって来てしまいました。「帰国」です。あれ…この写真,ホノルル空港じゃない,と気づいたあなたはハワイ通。ここはハワイ島,コナ空港です。いや,実際はホノルルから関空へ帰国だったんですが,写真が見当たらなくて…。(-"-;)
 
 関空特急「はるか」です。これから新大阪→広島と帰ります。時差ぼけ,疲れ,いろいろあります。お土産のかばんを「はるか」の荷物棚に置き忘れる事だってあります。_| ̄|○


 とりあえずハワイ島,オアフ島の両方を1ページにまとめてみました。
  次は「コンドミニアム(ホテル) ロイヤルシークリフ」編だっ!

Diving&Travelトップへ戻る
Topページに戻る
 
このページについて このサイトのwebmaster、水戸納豆が、2006年の夏にハワイ島とオアフ島に行って来たときの旅行記です。このページは特にハワイ島について書かれています。