report13titl.jpg

13.ねこたま・空(から)たまを愛でる・猫めで会 / Loving Cats Club

anisipo.gif

この会にようこそ。
ここは、ねこたま・空たまを愛でる会です。
猫のタマタマをめでるのが好きという女性が表れいで、
また、それに賛同する方もいらっしゃいました。
そして、「空たま」を愛でるのもなかなかなものという、
ご指摘も受けました。
よって、ここに急遽この会を発足させることに致しました。
この会を大いに盛り上げましょう。
「ねこたま・空たま」を愛でる真髄、あるいは奥義を
極めるというほどの美学に高めたいものです。

乱舌日記より抜粋いたしました。

10月20日(金)
5000回目アクセス記念品をゲットしました、ねこmamaさんからです。
*
<< おいしい梅をありがとうございました。
テレビでしか見たことのない<ふわふわ&むにゅ!>の食感でした。
こんなの初めて!の感激でした。
大切にちびちびと頂きます。

ねこたまの会 いいですね、期待してます。
私もその美人のおねえさんと同じ事してま〜す。
これって年齢制限ないですよね?
でも、入会はダメのようですね、さみしい!

<空たまの会>も作って欲しいな。
だってうちのお坊ちゃま猫(正確には元ですね)袋だけで中身がないんです。
かわいいですよ、それなりに・・・・・。
>>
*
作ります。「ねこたま・空たまをめでる会」でどうでしょうか。
前いたトラジローも空たまでした。そこをなでなですると、
犬のように「うおおーーん」と鳴くのです。この声は、このときだけの、
他では決して聞くことの出来ない特別な声でした。
去勢されたおのれの存在を悲しむのか、はたまた快感に酔いしれているのか、
複雑な思いで時々めでていました。決して逃げないところを見ると
いやではなかったようです。
実は私も、私だけではなかったと、安心しているのです。


10月19日(木)
kuri-chanからのメールです。ご紹介します。
*
<< お久し振りです。ブッチャーのkuri−chanです。
たまたまを触わるのが好きな方がいるとか。
私だけじゃなかったと安心しました。
ブッチャーも去勢前は立派なたまたまが・・・
それが1つしかなかったんです。あれっとは思ったのですが
こういうネコなんだと気にはしませんでした。
ところが預けた病院から電話があって
多分お腹の中にあるから手術しますかと。
たまにあることらしいのですが、びっくりしました。
取り出した「たまたま」は大きさが違いました。
もらってきて、たばこの箱と並べて写真を撮り処分しました。
今でも小さくなった「そこ」を時々なでてあげます。
>>
*
タバコの箱と並べて写真を撮り処分するなんて、さすがです。
私はもらってくるという考えが浮かびませんでした。
この会、何か盛り上がりそうですね。


10月18日(水)
*
昨日、私が所属している「日本児童出版美術家連盟」のテニス大会がありました。
恒例のアフターテニスの飲み会があり、そこで猫好きな女性と
お話をする機会を得、猫の話で盛り上がりました。
その猫好き・27歳・独身の美人女性が、何と、猫のたまたまを触るのが
大好きであると告白しました。
今日私のホームページを見て、「ねこたまの会を作れ」とのご託宣をいただきました。
ニャーミングも素敵ですし、こだわりを第一とする小生としては、
断るわけにもいかず、近日中にこの会を発足させたいと思っています。
しかし、去勢をしている猫はこの会には入れない弱点があります。
でも、世の中は広い。彼女と同じ思いをしている方もいらっしゃると思います。
乞うご期待。

トップページ

catpost.GIF メイルは、メイルキャットにお渡しください。