HOME
FN−目次

CHUSAN の FIELD NOTE
平成20年4月27日

日 時 H20/4/27  7時30分 〜 17時
場 所 三番瀬〜稲敷市浮島,西の洲干拓(千葉県、茨城県)
天 候 雨、晴れ 曇り
確認者 CHUSAN
カイツブリ 17 ミヤコドリ 33 オオソリハシシギ 49 モズ
カワウ 18 コチドリ 34 ダイシャクシギ 50 ツグミ
ダイサギ 19 シロチドリ 35 チュウシャクシギ 51 ウク゜イス
コサギ 20 メダイチドノ 36 タシギ 52 オオセッカ
アオサギ 21 ムナグロ 37 セイタカハギ 53 オオヨシキリ
カルガモ 22 ダイゼン 38 ツバメチドリ 54 セッカ
コガモ 23 キョウジョシギ 39 ユリカモメ 55 ホオジロ
ヒドリガモ 24 トウネン 40 セグロカモメ 56 コジュリン
キンクロハジロ 25 ハマシギ 41 アジサシ 57 カワラヒワ
10 スズガモ 26 オバシギ 42 コアジサシ 58 スズメ
11 トビ 27 エリマキシギ 43 キジバト 59 ムクドリ
12 ノスリ 28 オオハシシギ 44 ヒバリ 60 ハシボソカラス
13 チュウヒ 29 アオアシシギ 45 ツバメ 61 ハシブトカラス
14 チョウゲンボウ 30 タカブシギ 46 ハクセキレイ
15 バン 31 キアシシギ 47 セグロセキレイ
16 オオバン 32 イソシギ 48 ヒヨドリ
先シギチの渡りも佳境に入ったようで先週来色々な情報が聞こえていたが今日は欲張って干潟と田圃の両方を回る事にした。潮時を考えて先ず三番瀬を目指す。だが出発直後からポツポツと降り出した雨は目的地に付く頃には小雨とは言えないくらいにしっかりと降り出してしまった。暫く待つうちに小降りになったので海岸に出てみる。小潮の満潮から少し下げに転じて間もない時で、波打ち際に僅かな干潟が出始めるタイミングであった。特に珍しい種は見当たらなかったがメダイチドリ、オオソリなど赤い夏羽を存分に楽しむことが出来た。他にオバシギ、キアシシギなど今シーズン初認。ミヤコドリはカウントの結果最低85羽を数えた。実際にはもっと多いはず。他に干潟ではあまり見ることがないムナグロが複数、さらにチュウシャクシギの小群などが見られた。コアジサシとまだ少数だがアジサシが干潟に降りていた。10時過ぎ、予定通り稲敷市周辺に移動する。 だが浮島周辺では期待したポイントに鳥の姿が見えない。先ずツルシギに振られた。朝方は見られたとのことであったが仕方がない、 越冬シギチのポイントでもオオハシその他の常連の姿が見えず。それでもムナグロ、キヨウジョシギ、チユウシャクシギなどが所々に見られた。 現地で頂いた情報によりツパメチドリをゲット。成鳥の夏羽だったが証拠写真の準備中に飛んでしまった。一旦所用のため戦線を離脱したが夕方戻ってきて再度ポイントを廻る。 いたいた、オオハシシギが12羽、すっかり夏羽になっていた。そうこうするうちにオオハシの群れのなかに夏♂羽に換羽中のエリマキシギが飛来。先々週以来ずっと滞在している個体に間違いはなさそう。しかし最後までツルシギの行方はわからなかった。