HOME
FN−目次

CHUSAN の FIELD NOTE
平成20年5月24日

日 時 H20/5/24  16時〜17時30分
場 所 香取市(千葉県)
天 候 曇り
確認者 CHUSAN
ウズラシギ
所用をを終えた午後4時頃からの鳥見。あちこち探索する時間はないので、このところこだわって観察していた香取市の田圃の様子を見にいってみた。先週、先々週と同様のコースで広い田圃をパトロール。しかし先週まで見られた幾つかの群れは全く見られず、しかも稲の背丈も伸びて遠くから鳥の姿を視認することは難しい。もうこのエリアには群れはいないのかと諦めかけた時、約40羽の群れが飛来し近くの田圃に降りた。キアシシギを核とした混群。先週までの主役であったキョウジョシギ、ムナグロ、トウネンは見られず、ウズラシギが11羽、ハマシギ1羽、キアシシギ32羽の群れであった。ウズラシギの大きな群れを見た記憶はないので11羽を一度に見たのは初めてかもしれない。成鳥夏羽からまだ若い黄色味が強い個体、サイズの大小もあり、11羽も居るといろいろなバリエーションが見られて面白い。
今日は出合ったシギはこの一群のみ。知り合いからの情報では印旛沼周辺もシギチの姿はないとのこと。春の田圃の渡りは終焉を迎えたのだろうか。