HOME
FN−目次

CHUSAN の FIELD NOTE
平成20年7月5日

日 時 H20/7/5 7時 〜 10時30分
場 所 船橋三番瀬海浜公園(千葉県)
天 候 晴れ
確認者 CHUSAN
ハジロカイツブリ スズガモ 13 オオセグロカモメ 19 ハクセキレイ
カワウ シロチドリ 14 ウミネコ 20 ヒヨドリ
ダイサギ メダイチドリ 15 アジサシ 21 スズメ
コサギ 10 オオメダイチドリ 16 コアジサシ 22 ムクドリ
カラシラサギ 11 ダイゼン 17 キジバト 23 ハシボソカラス
アオサギ 12 キアシシギ 18 ツバメ 24 ハシブトカラス♂
午前中のみの短時間、近場の船橋三番瀬海浜公園にでかけた。中潮とのことだが干満の潮位の差は大潮並み、つまり潮干狩り客で大賑わいになるに違いない。ということで早めに出かけた。到着した時はまだ満潮に近く干潟は全く出ていない状態。暫く船橋側の防波堤から周囲を観察する。カラシラサギがはるかの防波堤上でさかんに餌を採っている。どうやらフナムシを食しているようだ。先日茜浜でメリケンキアシシギが盛んにフナムシを食べているのを見たが、どうみてもうまそうには見えない。やがて干潟が少しづつ現れるとメダイチドリの群れがやってきた。中にオオメダイチドリの成鳥と幼鳥が混じっていた。さらに遠くに居たカラシラサギも干潟に降りてきて採餌をはじめる。餌を追う時の独特の姿勢を久しぶりに見ることができた。コアジサシが降りてきたがアジサシは殆ど見られず、遠くの防波堤上にわずかに2羽を認めるのみ。時間と共に潮干狩りの人が増えてきて鳥の姿は遠くなり、鳥見を終了することにした。