HOME
FN−目次

CHUSAN の FIELD NOTE
平成20年8月2日

日 時 H20/8/2 9時30分 〜 17時
場 所 波崎〜稲敷市〜新利根町(茨城県)
天 候 晴れ
確認者 CHUSAN
オオミズナギドリ 10 スズガモ 19 タカブシギ 28 ヒヨドリ
カワウ 11 トビ 20 キアシシギ 29 セッカ
ゴイサギ 12 タマシギ 21 イソシギ 30 カワラヒワ
アマサギ 13 コチドリ 22 オオセグロカモメ 31 スズメ
ダイサギ 14 シロチドリ 23 ウミネコ 32 ムクドリ゜
チュウサギ 15 ムナグロ 24 キジバト 33 ハシボソカラス
コサギ 16 ケリ 25 ヒバリ 34 ハシブトカラス
アオサギ 17 ウズラシギ 26 ツバメ
カルガモ 18 クサシギ 27 ハクセキレイ
今シーズン初めてのタンボ廻りである。といっても前夜の夜更かしがたたって目が覚めたときには既に日は高く、どうせならというわけで思いっきり遅出とした。それに輪をかけて道路の渋滞が重なり波崎到着は9時をとっくに回っていた。しかし波崎で見られたのは少数のイソシギとコチドリのみであった。予定通り浮島方面に向かう。途中寝不足を解消するための休憩を挟んで浮島方面の休耕田を丹念に探しはじめた。間もなく1羽のケリを発見、人を恐れたり警戒したりするでもなく色々なポーズを決めてくれた。その後幾つかのタンボを探すもキアシ、ムナグロなどを確認出来たに過ぎない。ツバメチドリやヒバリシギのポイントにもお目当ては見られず、帰宅途中河内町に立ち寄った。 ここでは多数のタカブシギやコチドリの他ウズラシギ2、タマシギのカップルなどが見られた。タマシギは完全な逆光で証拠写真程度となってしまった。さらにひとしきりツバメチドリを捜索したが徒労に終わる。午後5時頃、日が傾いたタンボを後に家路についた。