HOME
FN−目次

CHUSAN の FIELD NOTE
平成20年9月13日

日 時 H20/9/13 7時30分 〜 11時
場 所 三番瀬(千葉県)
天 候 晴れ
確認者 CHUSAN
ハジロカイツブリ アオサギ  9 シロチドリ 13 トウネン
カワウ カルガモ 10 メダイチドリ 14 チュウシャクシギ
ダイサギ スズガモ 11 ダイゼン 15 ウミネコ
コサギ ハジロコチドリ 12 キョウジョシギ
午前中のみ三番瀬で。到着時すでに広々とした干潟が広がっていたがその干潟に鳥の姿が全く見られない。はるか市川側にバーダーの姿を見付けたのでそこまで行ってみることにした。しかしすこし前にミヤコドリが飛び去った後は鳥の姿はないとのこと。この時期でこれほど鳥影の薄い三番瀬は記憶にない。なにしろこの時点までに見られた鳥はトウネン3羽のみ。居合わせたバーダーやカメラマンも次々と引き上げる。まだ午前8時である。一応全体を観察するために一旦船橋側まで移動し、再度干潟を鳥影を求めて歩く。再度市川側まで歩く間に新たに飛来した鳥はチュウシャクシギ1、キョウジョシギ1、数羽のトウネンくらいなもので、その数羽のトウネンをバーダーのレンズが取り囲むといった風景が展開された。その後もメダイチドリ、ダイゼンなどの小群が飛来したものの目立った変化がなく、諦めて引き上げようとした時にやっとハジロコチドリを見付けることが出来た。あっという間に居合わせたバーダーの輪が出来た。鳥は暫く警戒してじっとしていたがやがてまた餌を採り始めた。午前11時、そろそろ上げ潮に転じた閑散とした干潟をあとにした。