HOME
FN−目次

CHUSAN の FIELD NOTE
平成20年12月28日

日 時 H20/12/28  9時〜12時30分
場 所 三番瀬〜谷津干潟
天 候 晴れ
確認者 CHUSAN
ハジロカイツブリ スズガモ 17 イソシギ 25 タヒバリ
カンムリカイツブリ 10 オオバン 18 ダイシャクシギ 26 ヒヨドリ
カワウ 11 ミヤコドリ 19 ユリカモメ 27 ウグイス
コサギ 12 ハジロコチドリ 20 セグロカモメ 28 メジロ
ヨシガモ 13 シロチドリ 21 ホイグリン系カモメ 29 カワラヒワ
ヒドリガモ 14 ダイゼン 22 ズグロカモメ 30 スズメ
オナガガモ 15 ハマシギ 23 キジバト 31 ムクドリ
ホシハジロ 16 ミユビシギ 24 ハクセキレイ 32 ハシボソカラス
午前中短時間、久しぶりに三番瀬を訪れた。あまり潮が引かず沢山の鳥達が岸辺近くに集まっている。ミヤコドリもざっと数えて130羽以上。これだけの数を間近に見るとさすがに圧巻。その他ハマシギ、ミユビシギ、ダイゼンが主体の大きな群れである。順光側に回るために船橋港側に移動する。船橋港側の防波堤内は相変わらずスズガモの群れが浮いているが、今日はオナガガモやヒドリガモも多く混じっている。ビロキンをざっと探したがしたが確認は出来なかった。干潟に戻りすぐにハジロコチドリを確認、ついでダイシャクシギ。最初2羽と思ったがもう一羽、計3羽が干潟に飛来していた。一通り干潟を観察した後谷津干潟に移動した。ここでは三番瀬で見られなかったズグロカモメをじっくりと観察。他にヒドリガモの中にヨシガモ♂1羽を確認することができた。特にメズラシ目を見ることはなかったが久しぶりの干潟での鳥見を楽しむことができた。昼過ぎ谷津干潟での観察を切り上げることにした。。
ヒラリ ズグロカモメ(谷津干潟にて)