HOME
FN−目次

CHUSAN の FIELD NOTE
平成20年12月30、31日

日 時 H20/12/30、31日 
場 所 軽井沢、佐久、野辺山(長野県、山梨県)
天 候 晴れ
確認者 CHUSAN
カイツブリ 15 ホシハジロ 29 ハクセキレイ 43 ホオジロ
カンムリカイツブリ 16 キンクロハジロ 30 セグロセキレイ 44 カシラダカ
カワウ 17 スズガモ 31 タヒバリ 45 アトリ
ダイサギ 18 ミコアイサ 32 ヒヨドリ 46 カワラヒワ
コサギ 19 カワアイサ 33 モズ 47 ハギマシコ
アオサギ 20 トビ 34 カワガラス 48 ベニマシコ
オシドリ 21 ノスリ 35 ミソサザイ 49 シメ
マガモ 22 チョウゲンボウ 
36 ジョウビタキ 50 スズメ
カルガモ 23 オオバン 37 ツグミ 51 ムクドリ
10 コガモ 24 キジバト 38 エナガ 52 カケス
11 ヨシガモ 25 アオゲラ 39 コガラ 53 ハシボソカラス
12 オカヨシガモ 26 アカゲラ 40 ヤマガラ 54 ハシブトカラス
13 ヒドリガモ 27 コゲラ 41 シジュウカラ
14 オナガガモ 28 キセキレイ 42 ゴジュウカラ
久方振りに年末に軽井沢、八ヶ岳方面を訪れることにした。特段の情報があるわけでもなかったが、山の冬鳥に会えればとの想いから重い腰を上げることにした。軽井沢は野鳥の森のみの観察で、普通種のみ。静まり返った冬の森の空気を微かに振るわせる鳥の声に耳を澄ましながらひとしきり歩いた。アトリ、ベニマシコ、カシラダカ、キツツキ類を観察した。少し時間があったので佐久の千曲川沿いの調整池に寄って見た。カワアイサ約50羽をはじめ池の規模の割には多くの種類のカモ達が集まっている。浅間山の裾野の御代田の知り合いのペンションに一泊後31日朝、八ヶ岳方面を目指す。野辺山高原には全くといっていいほど積雪がない。いつものポイントを一通りパトロールしてみたが手がかりがつかめない。 それでもホオジロやベニマシコは時折姿を見せてくれた。やがて雪の無い荒地上空を舞うハギマシコの大きな群れを見つけることができた。200羽位はいるだろう。時折飛び上がって白い八ヶ岳と青空をバックに群飛を見せてくれる。しかし雪の無い畑や荒地に降りると全く目立たない。シラガホオジロを期待したが残念ながら見ることはできなかった。 フクロウも探せば数個体は見つけることができるとのことであったがこちらも執念不足で退散。午後2時頃には帰途に就いた。