HOME
FN−目次

CHUSAN の FIELD NOTE
平成21年1月2日

日 時 H21/1/2 8時30分 〜 16時
場 所 印旛沼北部、房総風土記の丘
天 候 晴れ
確認者 CHUSAN
カイツブリ 14 ハシビロガモ  27 カワセミ 40 メジロ
ハジロカイツブリ 15 ホシハジロ 28 ハクセキレイ 41 ホオジロ
カンムリカイツブリ 16 キンクロハジロ 29 セグロセキレイ 42 カシラダカ
カワウ 17 ミコアイサ 30 ビンズイ 43 ミヤマホオジロ
タ゜イサギ 18 ミサゴ 31 タヒバリ 44 アオジ
コサギ 19 トビ  32 ヒヨドリ 45 オオジュリン
アオサギ 20 ノスリ 33 モズ 46 アトリ
マガモ 21 チュウヒ 34 ルリビタキ 47 カワラヒワ
カルガモ 22 バン 35 アカハラ 48 スズメ
10 コガモ 23 オオバン 36 シロハラ 49 ムクドリ
11 ヨシガモ 24 ユリカモメ 37 ツグミ 50 ハシボソカラス
12 ヒドリガモ 25 セグロカモメ 38 ウグイス 51 ハシブトカラス
13 オナガガモ 26 キジバト 39 シジュウカラ
印旛沼で見られた鳥  左から ヨシガモ,チュウヒ,オオジュリン
風土記の丘で見られた鳥  左から  ルリビタキ,シロハラ,ミヤマホオジロ
印旛沼北部調整池の徒歩一周鳥見である。例によって8時30分に甚兵エ公園の駐車場を出発。風は殆どなく、快晴。水面も穏やかこの上ない。しかし鳥の出はよくない。 土手を歩き、時折湖面をスコープで観察する。土手下の葦原ではホオジロが多いがオオジュリンは今までよりもかなり少なく感じる。 また猛禽も少ない。沼の東側の土手では特に鳥の少なさを感じる。成田高速鉄道と土手下の導水路の拡幅工事により環境が変わりつつあるが、関係があるのだろうか? 沼を4分の3周したところで余りにも鳥が少ないのと、昼前頃から北西風が強くなってきたこともあり、いつもなら風を避けて腰を下ろしてゆっくり昼食をとるのだが、今日は歩きながらおにぎりをほおばって歩を進めることにした。結果としてベニマシコ、ホオアカ、ハイイロチュウヒ、ホオジロガモ等は今回は見ることが出来なかった。駐車場に戻ったのは14時丁度でいつもより1時間早いゴールとなった。その後房総風土記の丘に向かい林の周辺を観察。ミヤマホオジロ、ルリビタキ、シロハラなどを今シーズン初ゲット。 午後4時過ぎ、赤い夕日が低く差し込む丘の林を後にした。  今日の印旛沼からは西に富士山、北東に筑波山がクッキリと見られ、天下の名峰を眺めながらの鳥見でもあった。