HOME
FN−目次

CHUSAN の FIELD NOTE
平成21年4月29日

日 時 H21/4/29  7時30分〜16時30分
場 所 印旛沼北部〜浮島〜香取市〜銚子漁港〜神栖市
天 候 晴れ
確認者 CHUSAN
カワウ 13 メダイチドリ 25 ハイイロヒレアシシギ 37 オオヨシキリ
ダイサギ 14 ムナグロ 26 キジバト 38 セッカ
チュウサギ 15 キョウジョシギ 27 ヒバリ 39 ホオジロ
コサギ 16 トウネン 28 ツバメ 40 カワラヒワ
アオサギ 17 ツルシギ 29 (マミジロ)ツメナガセキレイ 41 シメ
カルガモ 18 アカアシシギ 30 ハクセキレイ 42 スズメ
スズガモ 19 アオアシシギ 31 セグロセキレイ 43 ムクドリ
トビ 20 キアシシギ 32 タヒバリ 44 ハシボソカラス
チョウゲンボウ 21 オグロシギ 33 ヒヨドリ 45 ハシブトカラス
10 キジ 22 オオソリハシシギ 34 モズ
11 バン 23 チュウシャクシギ 35 ツグミ
12 コチドリ 24 タシギ 36 ウグイス
干潟のシギチが賑わい始めたが、今日は敢えて鳥が少ない田圃に出かけた。このところの情報を参考にして印旛沼北部〜銚子間のシギチポイントを一通り回ることにする。先ず印旛沼。先週はコシャクシギで話題になったが今日は最初に出合ったムナグロの群れの中に夏羽のアカアシシギを見つけた。そこにアオアシシギが飛来する。群れは落ち着かずなかなか近寄っての写真を撮らせてもらえない。取り敢えずはデジスコでの証拠写真だ。それでもシャープな写真は無理。 印旛沼のムナグロの群れは主に沼の南部周辺の田圃に多く観察できた。次いで浮島経由与田浦方面をパトロールしたが全く成果がないまま、さらに下流へ移動、チュウシャクシギの大小の群れが所々に下りている。その中で一際大きい群れを発見、中に見事な夏羽のオグロシギがしかも7羽確認できた。他にオオソリなども10羽以上入っている。その後先週末の銚子で見られたその名残であろうか綺麗な夏羽のハイイロヒレアシが見られるとのことで銚子に移動。珍しく地面を歩くハイイロヒレアシを間近で確認することが出来た。昼食後再度田圃をチェックのために今来た道を引き返す形で帰路につく。その途中神栖市矢田部の田圃で再びハイイロヒレアシシギをケットした。しかしここでの思いがけない収穫は水の入った休耕田でツメナガセキレイを確認出来たことだろう。亜種マミジロツメナガセキレイのようだ。これも近寄れずデジスコでの証拠写真程度である。さらに浮島周辺で再度シギチ検索。午前中確認できなかったツルシギを確認する事ができた。換羽はさらに進んで殆ど真っ黒な個体が多い。さらに帰宅途中の印旛沼。再度アカアシ含みのムナグロの群れを探したが発見できないまま今日の鳥見を終えることにした。
ハイイロヒレアシシギ
ツルシギ マミジロツメナガセキレイ
アカアシシギ キアシシギ オグロシギ