HOME
FN−目次

CHUSAN の FIELD NOTE
平成21年9月26日

日 時 H21/9/26 7時30分 〜 13時
場 所 稲敷市周辺(茨城県)
天 候 曇り、晴れ
確認者 CHUSAN
カワウ 11 ミサゴ 21 コアオアシシギ 31 セグロセキレイ
アマサギ 12 トビ
22 アオアシシギ 32 ヒヨドリ
タ゜イサギ 13 チョウゲンボウ 23 タカブシギ 33 モズ
チュウサギ 14 クイナ 24 オグロシギ 34 セッカ
コサギ 15 バン 25 タシギ 35 カワラヒワ
アオサギ 16 コチドリ 26 キジバト 36 スズメ
コブハクチョウ 17 ムナグロ 27 カワセミ 37 ムクドリ
カルガモ 18 トウネン 28 ショウドウツバメ 38 ハシボソカラス
コガモ 19 オジロトウネン 29 ツバメ 39 ハシブトカラス
10 シマアジ 20 オオハシシギ 30 ハクセキレイ
このところ三番瀬通いが続いたので、今日はタンボを回る事にする。といってもポイントは稲敷市周辺に限られるのでさほど変った種が見られるわけではないと思う。今日はシギチの他にシマアジを見ることが出来た。コガモの群れとつかず離れずで行動している。先日のシマアジは♂て゜あったが今日のはどうやら♀のようだ。その近くの蓮田でクイナ3羽を見た。形態や3羽一緒に行動しているところから見て幼鳥兄弟か? とすると越夏繁殖したのだろうか? やはりその近くの稲刈りの終わった水田にムナグロの群れを見つけた。10羽程の小さな群れだがすべて幼鳥である。今年はムナグロの群れを見ることが少ないように思える。シギチではこのところ見ていなかったオオハシシギとオジロトウネンを見ることができた。 アメリカウズラシギ、ツルシギ、エリマキシギなどはタイミングが合わず見ることは出来なかった。