HOME
FN−目次

CHUSAN の FIELD NOTE
平成21年10月25日

日 時 H21/10/25日  8時〜12時
場 所 稲敷市(千葉県)
天 候 曇り
確認者 CHUSAN
コチドリ ハマシギ コアオアシシギ 10 イソシギ
ヨーロッパトウネン オオハシシギ アオアシシギ 11 タシギ
オジロトウネン ツルシギ タカブシギ
ヨーロッパトウネン
オオハシシギ(幼羽) オジロトウネンリ
午前中のみの鳥見。昨日の様子ではまだ色々なシギ類が滞在中のようなので出かけてみた。まず、行きつけの場所でオオハシシギ冬羽をゲット。次いでヨーロッパトウネン2羽。1羽はほぼ完全な冬羽、もう1羽はこのところ見られていた幼鳥とは別の換羽途中の成鳥のようだ。同じ場所でオジロトウネンもケット。しかし成鳥1羽幼鳥2羽の3羽のみ。最初にオオハシシギを見た場所に戻ると約30羽のハマシギが入っている。さらにオオハシシギの幼鳥が2羽、コアオアシシギ1羽が加わっている。さらに浮島の蓮田ではアオアシシギ数羽とともにツルシギ1羽を観察した。2週間程前に見られた個体の一部がまだ残っているのかも知れないがそろそろ越冬個体群が気になってくるところ。以前ツルシギ、ヨーロッパトウネン、オオハシシギ等が越冬したが、今年も多くの鳥達がここで越冬してくれると期待している。