HOME
FN−目次

CHUSAN の FIELD NOTE
平成21年11月8日

日 時 H21/11/8日  7時30分〜15時
場 所 東庄町〜神栖市〜稲敷市〜印旛沼北部(千葉県、茨城県)
天 候 晴れ
確認者 CHUSAN
カイツブリ 15 ホシハジロ 29 エリマキシギ 43 モズ
ハジロカイツブリ 16 キンクロハジロ 30 オオハシシギ 44 ジョウビタキ
カンムリカイツブリ 17 ミサゴ 31 コアオアシシギ 45 ツグミ
カワウ 18 トビ 32 タカブシギ 46 ウグイス
ダイサギ 19 オオタカ 33 イソシギ 47 ホオジロ
コサギ 20 ノスリ 34 タシギ 48 カシラダカ
アオサギ 21 チュウヒ 35 オオセグロカモメ 49 オオジュリン
コブハクチョウ 22 ハヤブサ 36 ユリカモメ 50 カワラヒワ
マガモ 23 コチヨウゲンボウ 37 キジバト 51 スズメ
10 カルガモ 24 チョウゲンボウ 38 ヒバリ 52 ムクドリ
11 コガモ 25 バン 39 ハクセキレイ 53 ハシボソカラス
12 ヨシガモ 26 オオバン 40 セグロセキレイ 54 ハシブトカラス
13 オナガガモ 27 タゲリ 41 タヒバリ
14 ハシビロガモ 28 ハマシギ 42 ヒヨドリ
ノスリ
エリマキシギ ハヤブサ
タヒバリ タゲリ チョウゲンボウ
昨日に続いてタンボや草原の猛禽を見ようと早めに出動した。目指すは利根川下流域の両側に広がる水田や葦原。広々としたタンボをくまなく探すことはなかなか大変だがそれでも所々でチョウゲンボウ、ノスリ、チュウヒを遠くに、近くに見ることが出来た。さらに東庄町ではコチョウゲンボウ、ハヤブサも見ることが出来た。稲敷では久しぶりに冬羽のエリマキシギ♂が見られ、オオハシシギが5羽になっていた。 同じ場所に100羽以上のハマシギも見られる 帰途印旛沼を覗いてみた。珍しくカンムリカイツブリが間近に姿を見せている。吉高機場のモモイロペリカン、先日は漁の小船に乗り込んで沖合いから帰ってくるところを見たが、今日は自分で水面を移動している姿を見ることができた。湖面は午後の低い日を受けて実に静かである。タゲリは今日のルートのそこここで見ることができたし、タヒバリは行く先々の農道で道案内をする。そんな一羽を撮影した。