HOME
FN−目次

CHUSAN の FIELD NOTE
平成21年12月31日

日 時 H21/12/31 7時30分 〜 16時
場 所 印旛沼北部〜房総風土記の丘(千葉県)
天 候 晴れ、曇り
確認者 CHUSAN
カイツブリ 15 ヒドリガモ 30 オオバン 45 ツグミ
ハジロカイツブリ 16 オナガガモ 31 タシギ 46 ウグイス
カンムリカイツブリ 17 ハシビロガモ 32 セグロカモメ 47 エナガ
カワウ 18 ホシハジロ 33 キジバト 48 シジュウカラ
ダイサギ 19 キンクロハジロ 34 カワセミ 49 メジロ
コサギ 20 スズガモ 35 コゲラ 50 ホオジロ
アオサギ 21 ミコアイサ 36 ヒバリ 51 カシラダカ
ヒシクイ 22 ミサゴ 37 ハクセキレイ 52 アオジ
オオハクチョウ 23 トビ 38 セグロセキレイ 53 オオジュリン
10 コハクチョウ 24 ノスリ 39 ビンズイ 54 カワラヒワ
(アメリカコハクチョウ) 25 チュウヒ 40 タヒバリ 55 シメ
11 マガモ 26 コチヨウゲナボウ 41 ヒヨドリ 56 スズメ
12 カルガモ 27 チヨウゲンボウ 42 モズ 57 ムクドリ
13 コガモ 28 クイナ 43 ジョウビタキ 58 ハシボソカラス
14 ヨシガモ 29 バン 44 シロハラ
年末の習慣で印旛沼北部調整池を一周してみることになっている。今回は成田高速鉄道の高架線が完成に近く、時折試験車も走るという甚兵衛大橋周辺の景観が一変したなかでの徒歩一周で、一部歩きにくかったりするため、スタート地点を甚兵衛公園から甚兵衛機場として時間も例年より1時間早く、7時半に歩き始めた。オオジュリンやホオジロなどが歩き始めの葦原に姿を見せていたが、その後はツグミを除いては鳥の姿は少ない。湖面の方は特に変ったものは見られず、例年の顔ぶれであったが、ミコアイサ30羽程が群れで行動しているのを見ることが出来た。また、ヨシガモの数は以前より増えているのではないかと思う。気温も情報では寒いとのことであったが霜も殆ど見られず暖かい。そのせいかどうか、猛禽類は比較的良く飛んでくれた。全般的には鳥は少なく・・・というより10年以上続けている印旛沼一周だが見られる鳥の種類も数も減っているというのが実感である。スタートから5時間後の12時半、スタート地点に戻ることができた。昼食後房総風土記の丘に向かう。風土記の丘は休日で各施設や駐車場はすべて入れず、従って人も非常に少なかった。ここではカラ類、ビンズイ、ジョウビタキなどの小鳥達を主に観察した。最後に本埜のハクチョウを見に行くことにする。昨年頃から田に水を張った餌付け場所ではなく周辺のタンボに餌取に出かけることが多くなっており、今日も少し離れたタンボに200羽以上が出張していた。ホオアカ、ベニマシコ、ホオジロガモ、ハイイロチュウヒなどいずれも以前は普通に見られた種類であるが今では運がよくないと見られないし、ハイイロチュウヒやホオジロガモは渡来していないのかもしれない。印旛沼一周+風土記の丘の鳥見で58種類というのは過去の最小記録かもしれない。