HOME
FN−目次

CHUSAN の FIELD NOTE
平成22年3月21日

日 時 H22/3/21 8時30分 〜 15時
場 所 稲敷市〜波崎、銚子雌雄辺(茨城県、千葉県)
天 候 曇り〜晴れ
確認者 CHUSAN
アビ 15 オカヨシガモ 29 ハマシギ 43 ミツユビカモメ
オオハム 16 ハシビロガモ 30 エリマキシギ 44 キジバト
ハジロカイツブリ 17 ホシハジロ 31 オオハシシギ 45 ヒバリ
アカエリカイツブリ 18 キンクロハジロ 32 ツルシギ 46 ハクセキレイ
カンムリカイツブリ 19 スズガモ 33 タシギ 47 タヒバリ
カワウ 20 クロガモ 34 ユリカモメ 48 ヒヨドリ
ウミウ 21 ウミアイサ 35 セグロカモメ 49 モズ
ヒメウ 22 トビ 36 カナダカモメ 50 ツグミ
ダイサギ 23 ノスリ 37 ホイグリン系カモメ 51 ウグイス
10 コサギ 24 チュウヒ 38 オオセグロカモメ 52 カワラヒワ
11 クロサギ 25 チョウゲンボウ 39 モンゴルカモメ 53 スズメ
12 アオサギ 26 オオバン 40 シロカモメ 54 ムクドリ
13 カルガモ 27 シロチドリ 41 カモメ 55 ハシブトカラス
14 コガモ 28 ヨーロッパトウネン 42 ウミネコ
ヨーロッパトウネン エリマキシギ ツルシギ
アビ ウミアイサ モンゴルカモメ
春の嵐が吹き荒れた早朝。やはり銚子方面に足を向けることにした。その前に先日来春のシギチの渡りの先駆として見られているツルシギを見たくて稲敷方面に立ち寄った。久しぶりに見るツルシギ2羽。ここに滞在する1ケ月半余りの間に大きく姿を変えてゆくのを見る楽しみがスタートする。その後この地域で越冬したと思われるエリマキシギ、ヨーロッパトウネン他を再確認して、波崎方面に向かった。コスズは確認出来ず、その他も目立った成果はない。期待した?荒天とは裏腹に風も弱く日差しもある。沖合いの波もそれほど高くはないように見える。銚子に移動し、クロワカモメを探すがこれも空振り、スミスやハイイロヒレアシシギの情報を頂いて確認に向かったがこれも見られず。しかしモンゴルカモメの1stW、カナダカモメの1stWを見ることができた。他にはアビ2羽、オオハム1などを確認、銚子港内のあちこちに夏羽に衣替えしてカンムリカイツブリを数多く見ることができた。久方ぶりの銚子だったが期待した海鳥は見られずカモメも成果少なくというわけでなんとなく消化不良の感じが残る鳥見であった。