HOME
FN−目次

CHUSAN の FIELD NOTE
平成22年4月30日

日 時 H22/4/30  7時〜13時
場 所 三番瀬、谷津干潟
天 候 晴れ
確認者 CHUSAN
カイツブリ 11 バン 21 ミユビシギ 31 アジサシ
カワウ 12 ミヤコドリ 22 アオアシシギ 32 コアジサシ
ダイサギ 13 シロチドリ 23 キアシシギ 33 キジバト
コサギ 14 メダイチドリ 24 オオソリハシシギ 34 ツバメ
アオサギ 15 ダイゼン 25 チュウシャクシギ 35 ハクセキレイ
コガモ 16 キョウジョシギ 26 セイタカシギ 36 ヒヨドリ
スズガモ 17 トウネン 27 ソリハシセイタカシギ 37 スズメ
ヒドリガモ 18 ハマシギ 28 クロトウゾクカモメ 38 ムクドリ
オナガガモ 19 コオバシギ 29 ユリカモメ 39 ハシブトカラス
10 オオバン 20 オバシギ 30 セグロカモメ
オバシギ、コオバシギの群れ(コオバシギは4羽)
昨日は三番瀬の混雑におそれをなして早々に退散したのだが今日は平日でありそれほどでもないだろうと予想して再度三番瀬に出向いた。狙いはこのところ遠めに見られているソリハシセイタカシギを観察すること。今日の干潮時の潮位は−8Cm、大きく広がった干潟を丹念に探すことにしていた。干潟がまだ十分に広がらない10時過ぎ、谷津干潟にトウゾクカモメが現れたとの知らせを頂き、少し迷ったものの谷津に移動することにした。観察センター前の干潟にクロトウゾクカモメがうずくまっていた。時々立ち上がったり、羽ばたいたりはするものの飛ぶことはしない。翼か足に怪我をしているようだ。正午前、再度三番瀬に戻る。今日の船橋港の干潮は11時45分、さすがに目の前に広がった干潟の広さにはめまいがする。しかしそのめまいをものともせずひたすら探し続ける。その甲斐があって正午過ぎに2羽のアヴォセットが飛来した。距離約50m。 これ以上近づけなかったが久しぶりの姿を楽しむことができた。
その場所から程近い干潟の一角にひとかたまりのシギの群れを見つける。 オバシギ、コオバシギ併せて二十数羽の群れであった。 こういう群れも多分見たのは初めてで非常に印象深かった。 13時過ぎ上げてくる潮に追われるように鳥も飛び去り、潮干狩り客も引き上げ始める。 これに合わせる様に今日の鳥見も終了とすることにした。