HOME
FN−目次

CHUSAN の FIELD NOTE
平成22年6月6日

日 時 H22/6/6 5時30分 〜 13時30分
場 所 外房海岸(千葉県)
天 候 晴れ
確認者 CHUSAN
カワウ シロチドリ 15 アジサシ 22 コシアカツバメ
ダイサギ キョウジョシギ 16 コアジサシ 23 ハクセキレイ
チュウサギ 10 コオバシギ 17 キジパト 24 ヒヨドリ
コサギ 11 オバシギ 18 ホトトギス 25 スズメ
アオサギ 12 ミユビシギ 19 ヒメアマツバメ 26 ムクトリ
カルガモ 13 オオソリハシシギ 20 ヒバリ 27 ハシブトカラス
トビ 14 ウミネコ 21 ツバメ
今日も外房海岸方面のアジサシ類を狙って九十九里浜の海岸に向かった。早朝から投げ釣り、犬の散歩など海岸に出ている人の数は多い。その間隙を縫うように少数のアジサシが波打ち際に下りていた。アジサシは少ないが今日はコオバシギ1、オバシギ13、オオソリハシシギ6など約20羽程のシギの群れが降りている。コオバは綺麗な夏羽。だが肝心のアジサシは多くても30羽程度の群れで、アカアシっぽいのが1,2羽混じる程度。暫く様子を見ていたが状況は変わらず、九十九里浜を南下してみる。結果は同じでアジサシの群れは見られなかった。外房の漁港では昨年同様コシアカツバメ、ヒメアマツバメを見ることが出来た。徳利を横に倒したような形の巣に出入りするヒメアマツバメやコシアカツバメの飛翔写真の撮影に挑戦し、四苦八苦したもののなんとか撮影することは出来た。13時半頃帰りの渋滞も気になり、鳥見を切り上げた。