HOME
FN−目次

CHUSAN の FIELD NOTE
平成22年8月28日

日 時 H22/8/28 7時30分 〜 15時30分
場 所 三番瀬〜稲敷市(茨城県)
天 候 晴れ(続く酷暑)
確認者 CHUSAN
ミヤコドリ キョウジョシギ ミユビシギ 13 チユウシャクシギ
シロチドリ トウネン 10 キアシシギ
メダイチドリ ハマシギ 11 ソリハシシギ
ダイゼン オバシギ 12 オオソリハシシギ
三番瀬で見られた鳥たち
コチドリ オジロトウネン コアオアシシギ 13 キアシシギ
ムナグロ ウズラシギ 10 アオアシシギ 14 ソリハシシギ
トウネン エリマキシギ 11 クサシギ 15 チュウジシギ
ヒバリシギ オオハシシギ 12 タカブシギ 16 ツバメチドリ
稲敷市のタンボで見られた鳥たち
三番瀬で
稲敷市のタンボで
毎年8月最終の休日には干潟、タンボを一日で廻り、シギチを何種類見られるかに挑戦することになっている。今日は三番瀬の潮回りが時間的にベストとは言えずスタート時間がやや遅くなってしまうが7時半三番瀬からスタートした。ちなみに一昨年は28種、去年は32種をゲットしている。従って目標は30種。三番瀬では最近まで見られていたハジロコチドリ、オオメダイチドリ、アカアシシギなどに期待したのだが空振り。13種を確認したものの厳しいスタートだった。10時過ぎ、特にメズラシ目も見られないまま稲敷市のタンボに向かう。タンボでは4箇所のポイントを見て回ったがここでも最近見られているキリアイには会えず仕舞い。今年はヒバリシギを纏めて見る事があったが今日も恐らく7羽以上、そのうちの1羽は冬羽であった。 またツバメチドリはまだ健在。今日は5羽を確認出来た。結果は干潟、タンボ合わせて27種やや不満が残る結果に終わってしまって残念。シギチ以外では三番瀬では2000羽を超えるコアジサシにアジサシが混じりなかなか見事な眺めであった。3時半、暑さの中にも稲刈りが進んで秋の気配が濃厚となったたんぼを後にした。