HOME
FN−目次

CHUSAN の FIELD NOTE
平成22年11月23日

日 時 H22/11/23 11時 〜 15時
場 所 稲敷市(茨城県)
天 候 曇り、雨
確認者 CHUSAN
カワウ ヨーロッパトウネン 17 キジバト 25 スズメ
ダイサギ 10 ハマシギ 18 ヒバリ 26 ホシムクドリ
コサギ 11 エリマキシギ 19 ハクセキレイ 27 ムクドリ
アオサギ 12 オオハシシギ 20 タヒバリ 28 ハシボソカラス
トビ 13 クサシギ 21 ヒヨドリ 29 ハシブトカラス
ノスリ 14 タカブシギ 22 モズ
チュウヒ 15 イソシギ 23 ツグミ
タゲリ 16 タシギ 24 カワラヒワ
遅ればせながらシギチ他が色々見られている稲敷の蓮田地帯に向かった。約1カ月振りである。朝方は雨模様だったので雨上がりを予想しての遅い出動である。シギが集まっているポイントではオオハシシギがなんと29羽を数え、それにエリマキシギ5羽、ハマシギ3羽、ヨーロッパトウネン2羽などが加わり大賑わいになっていた。タカブシギ、タシギ、イソシギなども見られる。これらが皆ここで越冬してくれるといいのだが・・・一方このところ見られているホシムクドリは今日も時折道路際の電線に来るらしいがどうもタイミングがあわず、私は奥の牛舎前の草地に降りている1羽を確認したのみ。またツメナガセキレイは見ることができなかった。妙技の鼻でのチユウヒの塒入りを待つことなく15時30分には稲敷を後にした。ホシムクドリの画像を撮れなかったので、丁度1週間前、晴れの日の早朝に撮影した画像を挿絵として載せることにします。