HOME
FN−目次

CHUSAN の FIELD NOTE
平成22年12月8日

日 時 H22/12/8 9時30分 〜 12時30分
場 所 三番瀬(千葉県)
天 候 晴れ
確認者 CHUSAN
カワウ キンクロハジロ 17 シロチドリ 25 ズグロカモメ
ダイサギ 10 スズガモ 18 ダイゼン 26 ハクセキレイ
コサギ 11 ビロードキンクロ 19 ハマシギ 27 タヒバリ
アオサギ 12 ウミアイサ 20 ミユビシギ 28 ヒヨドリ
コクガン 13 ハヤブサ 21 ダイシャクシギ 29 ツグミ
ヨシガモ 14 オオバン 22 ユリカモメ 30 スズメ
ヒドリガモ 15 ミヤコドリ 23 タイミルセグロカモメ
31 ムクドリ
アメリカヒドリ 16 ハジロコチドリ 24 セグロカモメ 32 ハシブトカラス
このところご無沙汰していた三番瀬に行ってみた。天候が好転してからの遅い出動だったので到着時にはすでに少しの干潟が現れており、場所によってはまだ水深もある程度あるという状態で沢山のハマシギ、ミユビシギ、ミヤコドリなどとカモ類がほぼ同じところに群がっていてなかなか壮観であった。このところ見られているコクガン、アメリカヒドリそして今年もやってきたビロードキンクロやズグロカモメ等々、三番瀬は本格的な冬の姿になり、水の色も一段と透明度を増している。 ちょっと驚いたことに波打ち際に大量のアオサが打ち上げられていた。まだ青々としていて新鮮に見えるのでつい最近打ち上げられたに相違ない。渡りの最盛期の秋口であれば沢山のシギチが波打ち際に集まってきて楽しみも倍増だったのにとおもってしまった。ヨシガモ♂が一羽みられたが普通の個体とは羽衣が異なる部分がある。 何だろう?