HOME
FN−目次

CHUSAN の FIELD NOTE
平成23年1月20日

日 時 H23/1/20 9時 〜 15時
場 所 三番瀬、大町自然公園(千葉県)
天 候
確認者 CHUSAN
三番瀬で見られた主な鳥
ハジロカイツブリ ホオジロガモ 11 ダイゼン 16 セグロカモメ
ヒドリガモ オオバン 12 ハマシギ 17 カモメ
オナガガモ ミヤコドリ 13 ミユビシギ 18 ウミネコ
ハシビロガモ ハジロコチドリ 14 ダイシャクシギ 19 ズグロカモメ
スズガモ 10 シロチドリ 15 ユリカモメ
平日の三番瀬、折りしも寒気が居座って寒い日が続いており浜辺に人影はまばらだった。このところビロードキンクロ、コクガン、アメリカヒドリなどは見られておらずシギチもいつもながらのメンバー。数も一時よりも少な目かなと感じる。2時間余り、一通り干潟を歩いてみたが三番瀬で冬にウミネコを見るのは少ないかもしれない。またダイシャクシギ、私は久しぶりに見ることができた。
大町自然公園で見られた主な鳥
ヨシガモ ルリビタキ ヤマガラ 10 アオジ
カワセミ ジヨウビタキ シジュウカラ 11 マヒワ
コゲラ シロハラ メジロ 12 シメ
三番瀬からそれほど遠くない自然公園を訪ねた。思い立ってこの公園内の動物園で飼育されているシロフクロウを見たくなったのだ。シロフクロウの実物を見たのは初めて。眼に特徴があり、独特のユーモラスな表情を楽しむことができた。多分獲物を前にすると細い眼が一転野生の眼に変わるのだろう。その後公園内を一通り歩いて色々な冬鳥を楽しむことができた。 ところで公園で出合ったシロハラ、今まで見た個体の中で眉班が最もハッキリしている個体であった。尾羽の白斑も確認しておりやはりシロハラには違いない。 たまたまマヒワを撮影することも出来てラッキーであった。