HOME
FN−目次

CHUSAN の FIELD NOTE
平成23年2月12日

日 時 H23/2/12 9時 〜 14時
場 所 葛西臨海公園他(千葉県)
天 候 曇り、雨
確認者 CHUSAN
ハジロカイツブリ 11 トビ 21 タヒバリ 31 メジロ
カンムリカイツブリ 12 ノスリ 22 ヒヨドリ 32 アオジ
カワウ 13 オオバン 23 ルリビタキ 33 カワラヒワ
コサギ 14 イソシギ 24 ジョウビタキ 34 スズメ
カルガモ 15 セグロカモメ 25 アカハラ 35 ギンムクドリ
コガモ 16 ユリカモメ 26 シロハラ 36 ムクドリ
オナガガモ 17 キジバト 27 ツグミ 37 ハシブトカラス
ホシハジロ 18 カワセミ 28 ウグイス
キンクロハジロ 19 コゲラ 29 ヤマガラ
10 スズガモ 20 ハクセキレイ 30 シジュウカラ
ギンムクドリが見られている葛西臨海公園に向かった。寒いし、天気も悪い。なんとなくぐずぐずとしながら家を出た。到着してみれば大勢の人が芝生を取り囲んでいる。餌付けされているので観察と証拠撮影に時間は掛からなかった。もう何年も前に石垣島でギンムクの群れを見て以来だが、かなり綺麗な個体に感じる。時々ムクドリとバトルを見せるが気が強そうで数が多いムクドリを追い散らすような剣幕を見せる。飛んだときの翼の白斑が非常に印象に残る。その後鳥類園を早足で一周、トラツグミが見られるとのことだったが取りあえずはパス。帰りに市川市の自然公園に寄って見た。いつもの休日だと散歩やウォーキングの人が多いのだがさすがに今日は人の姿は少なく、鳥や植物などを撮影、観察する人が少数、ゆっくりと歩いているのみ。空は厚い雲に覆われあたりはかなり暗い。そのせいか普段は日陰を好むツグミやブッシュの中を潜行するアオジ、ウグイスなどが活発に姿を見せている。カワセミもダイビング大サービス。アカハラが一心に餌を啄ばんでいたが頭部がかなり黒っぽいし嘴も太めに見える。オオアカハラかもしれない。雨が降り出し遊歩道半周で撤収することにした。