HOME
FN−目次

CHUSAN の FIELD NOTE
平成23年8月4日

日 時 H23/11/21 8時 〜 14時
場 所 印旛沼北部(千葉県)
天 候
確認者 CHUSAN
カイツブリ 10 カルガモ 19 ノスリ 28 セグロセキレイ
カンムリカイツブリ 11 コガモ 20 チュウヒ 29 タヒバリ
カワウ 12 ヨシガモ 21 ハヤブサ 30 ヒヨドリ
ダイサギ 13 ヒドリガモ 22 チョウゲンボウ 31 モズ
コサギ 14 オナガガモ 23 オオバン 32 ホオジロ
アオサギ 15 ハシビロガモ 24 セグロカモメ 33 カワラヒワ
オオハクチョウ 16 ミサゴ 25 キジバト 34 スズメ
コハクチョウ 17 トビ 26 カワセミ 35 ムクドリ
マガモ 18 ハイタカ 27 ハクセキレイ 36 ハシボソカラス
前回8日に続いて印旛沼北部調整池に出かけて見た。主に今年の猛禽類の観察ポイントを見つけることが目的である。その猛禽ではハヤブサ、ノスリなどが前回とほぼ同じ場所で見られ、テリトリーが確定、定着しているようだ。今日もっとも観察個体数が多かったのはチョウゲンボウで5個体。逆に見られなかったのはコチョウゲンボウとハイイロチュウヒであった。今日フィールドでお会いした方々によればコチョウゲンの個体数は例年並みかやや多い感じがするとのことで今日はたまたま巡り合せが良くなかったのかもしれない。ハイチュウも前回は♀タイプを見ているのでこれもまた定着しているのだと思う。前回と同様タゲリの姿は非常に少なく、今日は見ることが出来なかった。
ついうわけで今日は挿絵になるような写真も少なかったので愛想よく付き合ってくれたチョウゲンボウの顔写真を載せることにする。