HOME
FN−目次

CHUSAN の FIELD NOTE
平成23年12月31日

日 時 H23/12/31 9時 〜 15時30分
場 所 印旛沼北部(千葉県)
天 候 快晴
確認者 CHUSAN
カイツブリ 13 カルガモ 25 チュウヒ 37 ヒヨドリ
ハジロカイツブリ 14 コガモ 26 コチョウゲンボウ 38 モズ
カンムリカイツブリ 15 ヨシガモ 27 チョウゲンボウ 39 ウグイス(C)
カワウ 16 ヒドリガモ 28 オオバン 40 ホオジロ
ダイサギ 17 オナガガモ 29 タゲリ 41 カシラダカ
コサギ 18 ハシビロガモ 30 タシギ 42 アオジ
アオサギ 19 キンクロハジロ 31 セグロカモメ 43 オオジュリン
コブハクチョウ 20 スズガモ 32 キジバト 44 カワラヒワ
オオハクチョウ 21 ミコアイサ 33 カワセミ 45 スズメ
10 コハクチョウ 22 ミサゴ 34 ハクセキレイ 46 ムクドリ
11 アメリカコハクチョウ 23 トビ 35 セグロセキレイ 47 ハシボソカラス
12 マガモ 24 ノスリ 36 タヒバリ 48 ハシブトカラス
大晦日のワタクシ的恒例の印旛沼北部調整池徒歩一周鳥見散歩である。快晴の空の下、朝方は寒かったが日が高くなるとともに暖かくなる。風も殆どない。今年は都合で例年より1時間程遅く、9時丁度に甚兵衛公園をスタートする。戻り時間は14時30分から15時の予定である。スタート直後はチュウヒ2個体、ノスリ2個体など猛禽が頻繁に登場してくれた。しかしその後はそれこそ啼かず飛ばずが続いてしまう。水面では沼の東側でミコアイサが比較的近い。しかしカモの姿は少なくまばらである。鳥の観察に時間を費やすことのない分散歩のペースは上がってしまう。以前は必ず見られたベニマシコやホオアカはこのところ見られなくなってしまった。どこかにはいるのだろうがコース上からは声さえ聴くことはなかった。途中で弁当をつかい、遅いスタートを取り返すべく休憩時間を短縮して歩く。印旛沼周辺は水路の改修工事に加え震災で損壊した土手の復旧工事などが重なりあちこちでコースの変更を余儀なくされる。異変はまだある。沼の西側にある小さな船溜まり。例年ここは夥しい数のコガモとオオバンで埋め尽くされるほどなのだが今日は鳥の姿は殆どない。船溜まりの入口に僅かの数のカルガモを視認したのみであった。吉高機場周辺のヨシガモは健在のようだがやはり数が少なく感じる。アオジ、オオジュリン、カシラダカなども見るには見たが数は非常に少ない。さらに印旛沼だけではないが、ツグミは珍鳥か? と思うほどこの冬は少ない。信じ難いことだが今日はツグミの姿を見ることができなかった。というわけで一周して戻ってきたのは予定より30分早い14時丁度。今回は携帯電話の歩数計機能でカウントしてみた。 22400歩、15.8Kmとのことであった。そのあと本来なら房総風土記の丘に行くのだが今日は本埜のハクチョウを見にいった。シジュウカラガンやヒシクイ、トモエガモが入ったとの情報があったからなのだが結局は見ることかなわず。気が付けば今日のFNは嘆き節になってしまったなぁ。今年は総じて厳しいことがありすぎた。鳥見の世界も世の中も来年は少しはマシな年にと願わずにはいられない。 もうすぐ年が明けます。今年もご愛読有難うございました。よいお年を。  
2011・12・31 22時30分  Chusan