街のCD屋さんMightyのコラム 合言葉は”音楽が好きだから…”
TOP BACKNUMBER
VOL.29 01/04/2002
吉例:新春[音]見世興行
〜2002年音楽界大胆予想〜

CDチェーン店経営難表面化
大手全国チェーン○○堂が資金難のため規模縮小化。中堅チェーン店・京都地盤の○○屋・大阪地盤の○○○堂が経営危機表面化!
レコード会社の再編・淘汰進む
昨年のコロンビア・徳間音工の身売りに続き今年はキ社とク社が統合、テ社がユ社に吸収。ワ社とト社合併するかも…最終的に大手5社による寡占になる
マイティ2号店は、ロンドンに
CDショップマイティを展開するカワニシ・エンタープライズ社は、ユニクロに対抗して英国での店舗展開を決定!時代に逆行する”しゃべり売り”での世界進出を狙う。大阪鶴見店店長がロンドン行きを固辞したため、”しゃべれる外国人”を募集中
春に浜崎あゆみを脅かす女性新人現る(てほしい)
浜崎あゆみがこのままの仕事量を続けて過労のため倒れでもすれば(又は結婚引退)この業界は終わる。一刻も早く浜崎の後釜を作ることがこの業界の急務だ
マイティのファンサイト現る
某所(ファミレスらしい)にて集会を開いているらしい。全国のMightyMANIAを動員して聖地マイティへの巡礼を計画中との情報あり
日本レコード大賞存亡の危機
2002年大晦日、日本レコード大賞の裏番組”ハロプロ”vs”ジャニーズ”の特番(NTV)がレコ大の視聴率を超える。NHK紅白歌合戦も2003年度からは視聴率確保のため”赤組vs赤組”への変更を検討
イベント系アーティスト躍進
アーティスト系でもなくタレント系でもない、TV番組企画出身の期間限定のイベント系アーティストしかミリオンセラーを出せない状況になる
マイティ”探偵ナイトスクープ”で取り上げられる
顧客様の投書で北野誠が取材に来る。お題は”語るレコード店
インターネット商法の崩壊
巨額なインフラ投資に見合う利益確保が見込めず撤退始まる。反面、商売の基本は”対面”だ!と言う江戸時代的商法が見直される
10 マイティ店長デビューする
納得できる音楽が見つけられず、とうとう自ら作る事を決心する。押入れから古いギターを持ち出し作曲始める。作品第1弾は、尊敬する田端義夫氏に楽曲提供するつもり
当たったか?外れたか?は、来年年始に検証させていただきます。
今年も宜しくお願い致します
TOP BACKNUMBER
年間最終週から
2週間にわたって
オリコン年間チャート
店内に張り出される。
※アルバム・チャート
 シングル・チャート
 新人アルバム・チャート
 新人シングル・チャート
 アーティスト・セールス
 インディーズ・チャート

これを見ると昨年の
ミリオンセラーは4つ。
今年は、2つぐらいに
減るのでは・・・
TOPへ戻る