街のCD屋さんMightyのコラム 合言葉は”音楽が好きだから…”
TOP BACKNUMBER
VOL.73 5/22/2008
新しい音楽ビジネスモデルの構築
〜街のCDショップとA&R〜
※A&R=アーティストの発掘・契約・育成・楽曲制作・宣伝までを一貫して行う音楽業界職務

…このままでは、音楽が薄っぺらで底の浅い娯楽になってしまう…
今こそ、新しいビジネスモデルを作ってお客様とともに我々業界も目覚める時がきたんじゃないでしょうか?

昨今の音楽不況・・・でも街に音楽は溢れ音楽離れが起きているわけではない・・・しかしCDの売り上げは下がっている。つまり¥3000を出してまで買う値打ちのある音楽(CD)が少ない=ダウンロードによる使い捨てでよい

結局、ショップを含め業界が魅力的な音楽という”娯楽”を提供できていないのが原因だと思います。ビジュアルメインやPVでごまかしてしまう安易な製作、タイアップありきの製作など・・・その結果、携帯電話やゲームに音楽ファンのお金と時間を奪われてしまった。

しかしアーティストが弾き歌う現場には、必ずや携帯電話やゲームに負けない”音楽”の感動があると私は信じます。そのためには、企業やメディアを通さず、まずはアーティストがダイレクトにお客様にアピールする場が必要です。

《無料インストアイベント》
そこには、ライブハウスの熱狂的なファンではなく、初めてそのアーティストを見たり聴いたりされるであろう”大衆”が居られます。アーティストは、その方々を全員ファンにすべく必死になるし、お客は良くなければ途中で席を立って出て行かれます・・・ライブはごまかせない。つまり、アーティストとお客様の真剣勝負!だからこそ、そこには感動があるのです。※大衆の反応も視覚的に確認できます

《音楽復権のキー》
少々時間はかかるかもしれないがそのやりかたの方が音楽の根幹の素晴らしさを知らしめる事ができ、アーティストのCDを大切にし5年後も10年後も繰り返して聴いていただけるようなファンを獲得できると思います。それが携帯電話やゲームに負けない【新規の音楽のファン】を作ることにもなると思います。それを、全国各地で色んなアーティストがで草の根で実施することが音楽復権のキーだと思います

机上からではなく街のCDショップの
現場からA&Rとともに発信する・・・

これが私の考える新しいビジネスモデルです

A&R有志の方、いっしょに音楽業界を根底からひっくり返して見ませんか?
お連絡待ってます

”音楽は、ファッションじゃない、生きがいだ!”
ディスクハウス・マイティ

TOP BACKNUMBER
1階44坪ワンフロアー、正面ガラス張り 内部:キャパ60名(椅子40、スタンディング20)、オールスタンディングなら80名収容
ステージ、照明、PA、アーティスト控え室、スタッフルーム完備、スピーカー:定格250W対応JBL ステージの広さは、最大コンパネ7枚まで拡張可能:フルドラムもOK
即売会設備完備、決済はCDショップ”ディスクハウス・マイティ”が責任をもっていたします。 会場運営(司会進行、PAオペ)も当方スタッフで用意できます
新大阪からは、40分、梅田からは30分、心斎橋からは20分で来れます
住所:538-0053 大阪市鶴見区鶴見2丁目2-23
交通:大阪市営地下鉄:長堀鶴見緑地線”今福鶴見”駅下車徒歩4分
TOPへ戻る