curs_variables 3x

curs_variables(3x)                                   curs_variables(3x)




名前

       COLORS, COLOR_PAIRS, COLS, ESCDELAY, LINES, TABSIZE,
       curscr, newscr, stdscr - curses 広域変数

書式

       #include <curses.h>

       int COLOR_PAIRS;
       int COLORS;
       int COLS;
       int ESCDELAY;
       int LINES;
       int TABSIZE;
       WINDOW * curscr;
       WINDOW * newscr;
       WINDOW * stdscr;


説明

        このページは curses ライブラリの広域変数をまとめたものです。
       より完全な説明は curses(3x) マニュアル・ページにあります。

        ライブラリの構成により、これらは実際に変数である場合と、
       curses の状態を読み出すのみのマクロである場合とがあります。
        ( curs_threads(3x), curs_opaque(3x) を参照してください。)
        どちらの場合でも、アプリケーションはライブラリの動作を
       混乱させないように読み出し専用として扱うべきです。

COLOR_PAIRS

        curses の初期化後、この変数は端末がサポートする色のペアの
       数を持ちます。
        通常、色のペアの数は COLORS * COLORS の積なのですが、
       常にそうとは限りません。

       o    HLS 色を使用する少数の端末は、この規則に従いません。

       o    多数の色をサポートする端末は、 signed short 値で表現
           できる色のペアの数で制限されます。

COLORS

        curses の初期化後、この変数は端末がサポートする色の数を
       持ちます。


COLS

        curses の初期化後、この変数は画面の幅、つまり桁数を持ちます。


ESCDELAY

        この変数は、キーボードから入力された単独のエスケープ文字を
       カーソルキーとファンクションキーから送られるエスケープ・
       シーケンスから識別するために、エスケープ文字を読んでから待つ
       時間のミリ秒数を持ちます。
        curses(3x) を参照してください。


LINES

        curses の初期化後、この変数は画面の高さ、つまり行数を
       持ちます。

TABSIZE

        この変数は、 curses ライブラリがウインドウにタブを書き出す際、
       タブ文字を空白に変換するときに使う桁数を持ちます。
        curs_addch(3x) を参照してください。


現在画面

        curses のこの実装は、端末画面の更新を記録するために 
       curscr という特別なウインドウを使います。

新画面

        curses のこの実装は、 curscr に適用する前の端末画面の更新を
       記録するために newscr という特別なウインドウを使います。


標準画面

        curses を初期化すると、端末画面の大きさを持つ 
       stdscr というデフォルトのウインドウが作られます。
        curses の多くの関数は、このウインドウを使用します。


注意

        curses ライブラリは、curs_initscr(3x) または curs_initscr(3x) 
       を使って初期化します。
       (訳注: initscr() または newterm() で変数の値がセットされます)

        curses が curses ライブラリと terminfo ライブラリを分けて
       使うように構成されている場合、これらの変数の大多数は 
       curses ライブラリに属します。


移植性

        ESCDELAY と TABSIZE の拡張機能は、他の curses の大半の実装
       では提供されていません。

        ESCDELAY は AIX curses の拡張機能です。

       o    AIX では、 ESCDELAY の単位は 1/5 ミリ秒です。

       o    AIX では、 ESCDELAY のデフォルト値は 0.1 秒です。

       o    AIX では、 ESCDELAY の上限値を 10,000 秒に制限して
           いますが、現在のこの実装では上限はありません。

        この実装は長い間 ESCDELAY をミリ秒単位で使っており、完全に 
       AIX と互換を保つことはできません。
        同様に、多くのユーザーは値を書き換えるか、デフォルト値に
       頼るかを決めているでしょう。


関連項目

       curses(3x),       curs_opaque(3x),      curs_terminfo(3x),
       curs_threads(3x), term_variables(3x), terminfo(5).



                                                     curs_variables(3x)